ニートの就活のやり方

焦りは禁物!ニートがなかなか採用されない理由と対処法

投稿日:2017年8月1日 更新日:

ニートの就職活動の多くは長期化します。

なかなか書類選考が通らず面接まで進めず、書類選考に通っても面接で落とされてしまうことがほとんどです。

あまりに落とされてしまうので、精神的に参ってしまい、就職活動を途中でやめてしまうニートも少なくありません。

では、どうしてニートはなかなか採用されないのでしょうか。

その理由がわかれば、対処方法も見えてくるでしょう。

ここでは、ニートが採用されない理由とその対処法についてご紹介します。

応募書類が貧相

ニートの多くがなかなか書類選考を通過することができません。

というのも、他の応募者と比べて、応募書類に書くことが極端に少なく、空白だらけになってしまうからです。

ニートをしている人は、履歴書の経歴欄にはどうしても空白期間ができてしまいます。

その期間が1年程度ならまだしも、2年、3年と伸びれば伸びるほど不利になります。

空白期間が長いと、採用担当者は「ちゃんと長く働いてくれるのだろうか?」と不安になってしまい、採用を見送ってしまいます。

また、ニートの多くが自己PRを不得意としており、自己PR欄を十分に埋めていないことも多いです。

職務経歴書になれば、全く書くことがないニートも多く、作成すらできないことも多いでしょう。

どうしても応募書類に記載することが少なくなってしまうので、内容の薄い応募書類になってしまいます。

これを解決するには、書けることは何でも書くことです。

本来、履歴書にはバイト歴は書けませんが、空白を埋めるためにバイト歴も書きましょう。

ニート期間に介護や病気等の理由があれば、それも記載しておくと良いでしょう。

自己PRは、ネット上にたくさんの例がありますので、それを参考に自分用にカスタマイズして、記載欄を埋め切りましょう。

職務経歴書は、バイト経験があればそれを元に書きましょう。

今まで全く働いたことがなければ、学生時代やボランティアで頑張ったことや、自分の長所短所を書くのが望ましいです。

面接慣れしていない

書類選考を通過しても、面接でアピールしきれずに落ちてしまうこともあります。

面接で落ちる場合、大きく分けて2つのパターンがあります。

1つ目は、上手く受け答えができなかったパターンです。

面接では、様々な質問をされます。

時にはニート期間に関する厳しい質問をされることもあるでしょう。

そうした質問にまともに答えられないと当然落ちてしまいます。

上手く答えるには、事前の準備が大切です。

面接で聞かれる質問の種類はそれほど多くありません。

自己PR、志望動機、ニートの理由などについて聞かれることがほとんどですので、予めその返答を考えておけば、面接本番で慌てることなく答えることができます。

臨機応変な対応力よりも、事前準備をしっかりとできるかが問われています。

2つ目は、態度や外見です。

ニートの多くが暗い性格をしています。

コミュニケーションが苦手ですので、人の目を見て話したり、大きな声で快活に話すことが苦手です。

しかし、面接では明るく元気よく受け答えをすることが求められます。

元気の良いとやる気があるように見えますので、面接官も好ましく感じます。

コツは無駄に自信を持つことです。

ニートはどうしても卑屈になりがちですので、根拠のない自信で面接に臨みましょう。

自然と声は大きくなりますし、笑顔にもなりやすいです。

また、外見にも気を配らなくてはいけません。

どんなに受け答えが上手くできても、髪がボサボサだったり、スーツがよれよれだと印象が悪いです。

細かいところですが、爪が伸びっぱなしだったり、メガネが汚れていたりといった点も面接官はちゃんとチェックしています。

着飾る必要はありませんが、普段から身だしなみに気を付けて生活することが大切です。

まとめ

ニートが採用されない理由と対処法をご紹介しました。

対処法をしっかりと実践すれば、書類や面接の通過率はぐんと上昇します。

しっかりと大書したうえで、就職活動に邁進してください。

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

社会人経験なしで就職する方へのアドバイス

社会人になる時には誰もが不安を感じるものです。 新卒の方はもちろんですが、しばらくニートを続けていて、ようやく就職にたどり着いた方はなおさら不安に思うことでしょう。 そこで本記事では、ニートが初めて就 …

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。 学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。 とはいっても、転職について語る …

「ニートは就職できない」と言われる理由と対処法4つ

「ニートが就職できる訳がない」「ニートは就職しづらい」なんて、周りに言われた経験はないでしょうか。 もしくはそう言っている人を見た、そんな情報をどこかで見たという人もいると思います。 しかし、それは言 …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …

中途採用の就職が決まらない!原因とおすすめの対処法

中途採用の転職活動で就職先がすぐに決まる人と、なかなか決まらない人がいます。なかなか決まらない場合には、その原因を探ってみることが大事です。 焦ってしまう前に、自分にあてはまることがないかチェックして …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。 そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか? 本記事では …

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。 しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就 …

留学後の就職活動はどうする?おすすめの仕事、便利な資格は?その他アドバイス

学生時代などに留学をしたけれど、帰国後に自国での温度差に悩んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。 もちろん、留学経験者ならあるあるですが、留学したことのない人の数と比較すると、あるある率 …