ニートにおすすめの資格

ニートは宅建を取ろう!宅建士で有利になる就職先とは?

投稿日:2017年8月14日 更新日:

ニートの中には、どうやって社会復帰をすればいいかわからず、困っている人も多いことでしょう。

そういったニートにおすすめなのが、宅建の資格です。

宅建を取得すれば、ニートでも簡単に就職することができますし、普通に就職するよりも待遇が良くなります。

本記事では、宅建を取得すればどんな就職先があるのかを中心にご紹介します。

宅建とは

宅建とは、宅地建物取引士の資格の略です。

宅地建物取引業法で定められている国家資格者で、宅地や建物の売買、交換、賃借の取引を行う際に、購入者や借主の利益の保護を行うために、重要事項の説明などを公正かつ誠実に行う、不動産取引法務の専門家です。

不動産取引は非常に高額ですし、頻繁にある取引ではないので多くの人が知識や経験がないために、宅建士が必要となります。

法律系国家資格では非常に人気が高く、受験申込者は25万人弱もいます。

合格者は3万人前後で、合格率は15ほどです。

受験資格は一切なく、誰でも受験できます。

学歴はもちろんのこと、国籍の制限すらありません。

試験は年1回で、全都道府県に会場が用意されています。

人気が高く、就職にもかなり有利になる資格であるにもかかわらず、合格率が15%もあるのは破格と言えるでしょう。

受験資格が一切ないため、受験者のレベルは様々であることも踏まえれば、ちゃんと勉強すれば、合格する確率は15%よりももっと高くなります。

独学で受験することもできますが、法律系の専門的な分野ですので、専門学校に通ったり、通信講座を利用するのが一般的です。



宅建を活かせる就職先

宅建の資格を活かせる就職先は多数あります。

まず、不動産業界です。

上述したように、不動産契約では宅建士の重要事項説明が必要になりますので、不動産業界では宅建士は必要不可欠です。

法律上、宅地取引業者には事務所の従業員5人に1人以上は宅建の取得者でなければなりません。

また、マンションのモデルルームのような案内所など事務所以外の場所で契約を締結するような場合は、従業員数に関係なく1人以上置かなくてはいけません。

不動産業界は宅建士を確保しなければ経営できないので、宅建士の確保に必死です。

23万円の資格手当を支給することが一般的ですし、ニートであっても積極的に採用する傾向にあります。

銀行や信用金庫などの金融機関でも、宅建士は必要とされています。

金融機関は、融資をする時に不動産を担保にします。

担保する物件の価格を査定したり、抵当権を設定したりと不動産の知識が必要とされています。

それだけでなく、不動産の証券化や不動産投資など、不動産が金融商品として取り扱われることもありますので、不動産取引の専門家である宅建士の重要性はますます高くなっています。

一風変わったところでは、駐車場経営にも宅建の知識が必要になります。

コインパーキング等の駐車場を経営する会社では、宅建士の資格は必須ではありません。

駐車場の賃貸借契約には宅建業法も借地借家法の適用もないからです。

しかし、駐車場経営の顧客には、マンション経営も行うビルのオーナーなどが多く、不動産投資、売買の相談を受けることも多いです。

その際、宅建士としての知識を持っていれば、業務の幅が広がり、利益を生み出すことができます。

そのため、宅建士の資格が重宝されています。

また、不動産を持っている企業であれば、どんな企業でも宅建士は役に立つと言えます。

特に、鉄道会社や商社、百貨店などは多くの土地を持っており、その土地を利用して不動産事業を行っていることも多いです。

それ以外の業種でも、事業用地として様々な用途の不動産を必要としていますので、宅建士としての知識を活かせる場面は数多くあります。

まとめ

宅建は様々な企業で知識を活かせる資格です。

取得しておけば、ニートであっても一目置かれる資格ですので、ぜひ資格取得を目指してください。



-ニートにおすすめの資格

執筆者:

関連記事

ニートはWordの資格を持っていると有利?取得方法や活用できる仕事

会社で使用する書類を作る際、パソコンでの作成が主流となっているように、転職活動をするうえでPCスキルの有無、特にマイクロソフトオフィスに触れた事があるかどうかを面接の際に質問してくる企業は思っている以 …

ニートから中小企業診断士になるためには?業務内容や試験内容を紹介

中小企業診断士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 国家資格ということもあり人気が高いですが、取得の難しい資格でもあります。 本記事では、中小企業診断士の業務内容や試験内容、資格取得後の仕事 …

ニートが運転免許を取得する2つのメリットと就職可能になる業界3つ

ニートの中には、自動車免許を持っていない人も多いのではないでしょうか。 持っていなくても生活できますし、就職活動を行うことも可能です。 しかし、自動車免許を持っていると、就職活動において様々なメリット …

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

ニートにとって、いきなり就職するのは少しハードルが高いかもしれません。 そこで、まずは専門学校に行って資格を取得しようと考える人も多いでしょう。 私もニートを脱出しようと、専門学校への入学を真剣に考え …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 目次簿記の種類に関し …

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 そして社会 …

就職に有利な資格を取得してニートから脱却する方法

ニートの中には、いきなり就職は難しいので、まずは資格を取って就職活動を有利に進めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 しかし、具体的にどんな資格を取ればよいのか、よくわからないと悩んでいる人 …

ニートから公務員試験を受ける方法!合格確率(倍率)、面接の内容は?

  今は無職でニートでも、これから勉強して公務員になりたいと思っている人も多いでしょう。 元ニートの私もその一人でした。 公務員は安定性が何よりの魅力です。 今回は、無職のニートが公務員試験を受けるた …

資格で逆転!30代ニートからの就職に有利な資格5つ

ニートでも20代のうちは若さを武器にして就職活動を乗り切ることができますが、30代ともなると、経験の浅さが目立ってしまい、そのままで就職することは難しくなってしまいます。 そのため、資格取得を目指す人 …

まだこれから!20代ニートからの就職に有利な資格

20代ニートが就職するには、資格を持っていると有利です。 なぜなら、資格は「この分野に対して勉強してきました」と客観的に証明できるものだからです。 特に20代ニートで長期的に働きたいと考えている場合、 …