ニートにおすすめの資格

ニートは宅建を取ろう!宅建士で有利になる就職先とは?

投稿日:2017年8月14日 更新日:

ニートの中には、どうやって社会復帰をすればいいかわからず、困っている人も多いことでしょう。

そういったニートにおすすめなのが、宅建の資格です。

宅建を取得すれば、ニートでも簡単に就職することができますし、普通に就職するよりも待遇が良くなります。

本記事では、宅建を取得すればどんな就職先があるのかを中心にご紹介します。

宅建とは

宅建とは、宅地建物取引士の資格の略です。

宅地建物取引業法で定められている国家資格者で、宅地や建物の売買、交換、賃借の取引を行う際に、購入者や借主の利益の保護を行うために、重要事項の説明などを公正かつ誠実に行う、不動産取引法務の専門家です。

不動産取引は非常に高額ですし、頻繁にある取引ではないので多くの人が知識や経験がないために、宅建士が必要となります。

法律系国家資格では非常に人気が高く、受験申込者は25万人弱もいます。

合格者は3万人前後で、合格率は15ほどです。

受験資格は一切なく、誰でも受験できます。

学歴はもちろんのこと、国籍の制限すらありません。

試験は年1回で、全都道府県に会場が用意されています。

人気が高く、就職にもかなり有利になる資格であるにもかかわらず、合格率が15%もあるのは破格と言えるでしょう。

受験資格が一切ないため、受験者のレベルは様々であることも踏まえれば、ちゃんと勉強すれば、合格する確率は15%よりももっと高くなります。

独学で受験することもできますが、法律系の専門的な分野ですので、専門学校に通ったり、通信講座を利用するのが一般的です。



宅建を活かせる就職先

宅建の資格を活かせる就職先は多数あります。

まず、不動産業界です。

上述したように、不動産契約では宅建士の重要事項説明が必要になりますので、不動産業界では宅建士は必要不可欠です。

法律上、宅地取引業者には事務所の従業員5人に1人以上は宅建の取得者でなければなりません。

また、マンションのモデルルームのような案内所など事務所以外の場所で契約を締結するような場合は、従業員数に関係なく1人以上置かなくてはいけません。

不動産業界は宅建士を確保しなければ経営できないので、宅建士の確保に必死です。

23万円の資格手当を支給することが一般的ですし、ニートであっても積極的に採用する傾向にあります。

銀行や信用金庫などの金融機関でも、宅建士は必要とされています。

金融機関は、融資をする時に不動産を担保にします。

担保する物件の価格を査定したり、抵当権を設定したりと不動産の知識が必要とされています。

それだけでなく、不動産の証券化や不動産投資など、不動産が金融商品として取り扱われることもありますので、不動産取引の専門家である宅建士の重要性はますます高くなっています。

一風変わったところでは、駐車場経営にも宅建の知識が必要になります。

コインパーキング等の駐車場を経営する会社では、宅建士の資格は必須ではありません。

駐車場の賃貸借契約には宅建業法も借地借家法の適用もないからです。

しかし、駐車場経営の顧客には、マンション経営も行うビルのオーナーなどが多く、不動産投資、売買の相談を受けることも多いです。

その際、宅建士としての知識を持っていれば、業務の幅が広がり、利益を生み出すことができます。

そのため、宅建士の資格が重宝されています。

また、不動産を持っている企業であれば、どんな企業でも宅建士は役に立つと言えます。

特に、鉄道会社や商社、百貨店などは多くの土地を持っており、その土地を利用して不動産事業を行っていることも多いです。

それ以外の業種でも、事業用地として様々な用途の不動産を必要としていますので、宅建士としての知識を活かせる場面は数多くあります。

まとめ

宅建は様々な企業で知識を活かせる資格です。

取得しておけば、ニートであっても一目置かれる資格ですので、ぜひ資格取得を目指してください。



-ニートにおすすめの資格

執筆者:

関連記事

持っていれば必ず就職できる資格はある?定番の資格5つ

ニートに限らず、資格を持っている人は就職に有利です。 なぜなら、資格は「その分野に関して、知識がある」ということを客観的に証明できるものだからです。 しかし、むやみやたらに資格を取るのはオススメしませ …

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …

TOEIC980点のハイスぺニートが就職できる職種、仕事は?

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、世界共通の検定試験です。 この試験の特徴は合否制ではなく10〜990点の範囲で上下するスコアで評価される点にあります。 点数が高ければ高いほど …

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。 今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。 本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。 …

ニートが社会保険労務士の資格でつける仕事とは?資格の取り方や、気になる待遇を紹介!

社会保険労務士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 実際、私もニート時代に社会保険労務士についてよく調べました。 ここでは社会保険労務士の仕事、資格の取り方、どんな仕事があるのかをご紹介しま …

CCNAを取得したニートはどこに就職できる?業務内容や待遇、年収

ニートの中には資格を取得して、就職活動を有利に進めようと考えている人も多いでしょう。 IT系に進もうと考えている人は、ITパスポートといった資格の取得を目指しているかと思います。 しかし、もっと専門的 …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 目次簿記の種類に関し …

就職に有利な資格を取得してニートから脱却する方法

ニートの中には、いきなり就職は難しいので、まずは資格を取って就職活動を有利に進めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 しかし、具体的にどんな資格を取ればよいのか、よくわからないと悩んでいる人 …

ニートから公務員試験を受ける方法!合格確率(倍率)、面接の内容は?

  今は無職でニートでも、これから勉強して公務員になりたいと思っている人も多いでしょう。 元ニートの私もその一人でした。 公務員は安定性が何よりの魅力です。 今回は、無職のニートが公務員試験を受けるた …

まだこれから!20代ニートからの就職に有利な資格

20代ニートが就職するには、資格を持っていると有利です。 なぜなら、資格は「この分野に対して勉強してきました」と客観的に証明できるものだからです。 特に20代ニートで長期的に働きたいと考えている場合、 …