ニートの就活のやり方

働き方は人それぞれ!ニートを脱出する方法5つ

投稿日:2017年8月10日 更新日:

多くのニートはどうにか社会に復帰しようと考えていると思います。

しかし、長らくニートをやっていると、どうやって社会復帰すればよいかわからなくなっている人も少なくありません。

本記事では、ニートが脱出する方法とそのメリット、デメリットをご紹介します。

1. アルバイト

ニート脱出をするのに最も手軽な手段と言えば、アルバイトでしょう。

飲食店や小売業はもちろんのこと、引っ越し業や工場といった職場もありますし、イベント運営や交通量調査といった短期のアルバイトもあります。

アルバイトのメリットは、働き方を選べることです。

いきなり週5日働くことに不安を覚えている人もいると思いますが、アルバイトなら週1回から始めることができますし、慣れてきたらシフトを多めに入れることもできます。

自分のペースで徐々に社会復帰を果たすことが可能です。

デメリットは職歴にならないことです。

将来的に正社員を目指す場合、アルバイトは職歴になりません。

履歴書に書くことはできますが、会社によっては無視されることもあります。

2. 派遣

派遣社員からニート脱出を図る人も多いです。

派遣社員とは、人材派遣会社と雇用関係を持っていて、派遣先企業で働く人のことです。

多くの企業で派遣社員を活用しており、必要不可欠な存在になっています。

派遣社員のメリットは、気楽に働けることです。

基本的には短期労働者ですので、重要な業務を任されることはほとんどなく、気楽な仕事をすることがほとんどです。

また、派遣先でトラブルになっても、派遣会社が間に入ってくれるので、安心して働けます。

デメリットは、非正規雇用なので人員整理の対象になりやすいことです。

給与面ではそれほど高い給与は望めませんので、安定した生活を営むことができるわけではありません。

3. 正社員

ニートからいきなり正社員を目指す人も数多くいます。

他の方法に比べると、就職活動で苦労することも多いですが、その分、メリットも大きいです。

正社員のメリットは、安定性です。

非正規雇用に比べて、給与が高いです。

人員整理でいきなり解雇されるということもないので、安定的な生活を営むことができます。

デメリットは、責任の重さです。

給与が高い分、責任がのしかかってきます。

しっかり業務を遂行するために残業もしなければなりません。

4. 専門学校

専門学校に通って、手に職を付けるニートも多いです。

柔道整復師や看護師、ネイリスト、IT技術者など様々な分野の専門学校があり、2年か3年通って、しっかりと技術を身に付けます。

専門学校のメリットは、技術を身に付けられることです。

各業界で通じる技術を身に付けることで、ニートの時よりも断然就職しやすくなります。

職業によっては将来独立開業することもできるでしょう。

デメリットは学費です。

分野にもよりますが、一年間の学費が100万円を超えることも珍しくありません。

金銭的な負担が大きいですので、奨学金の利用や親からの借金などで学費を工面しなければなりません。

5. 資格取得

難関資格を取得して、一発逆転を目指すニートもいます。

弁護士や公認会計士、司法書士、社会保険労務士などの資格に対して、予備校で勉強したり、独学で学んだりと頑張っている人たちが多数います。

資格取得のメリットは、就職のしやすさです。

資格を取得できた時点で各分野のスペシャリストレベルの知識があるということです。

しっかりとした知識を持っていることの証明になりますので、就職は非常に有利になります。

デメリットは、時間を浪費する可能性があることです。

難関資格は数%の合格率であることがほとんどで、何年受け続けても箸にも棒にも掛からない人たちも多くいます。

資格取得を諦めた時には、数年間を無駄に過ごしていたということもあり得ます。

まとめ

ニートを脱出する方法を5つご紹介しました。

どれも一長一短ありますので、自分に合った方法を選びましょう。

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

無職ニートからいきなりフルタイムで働く人への注意点とアドバイス3つ

無職、ニートから働きはじめるときは、少ない日数・少ない時間の仕事から始めるのが良いのでは?という意見を耳にした人もいるのではないでしょうか。 しかし、実際フルタイムで働いたほうが稼ぎは良いですし、正社 …

ニートが就活で不採用になりやすい4つのケースと対処方法

 ニートから脱出しようと就職活動を行っても、不採用となるケースが多いですよね。 学生時代は就職をサポートしてくれる先生や相談できる友人がいますが、ニートになると交流も少なくなるので、相談できる人もいな …

30代後半から就職活動を考えている人へのアドバイス5つ

歳を重ねれば重ねるほど「就職活動は難しくなっていく」と、聞き飽きるほど聞いてきたと思います。 しかし、実際に自分自身が聞きたいことって、「就職したいから具体的にどうしたら良いのかな」ということですよね …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

【成功事例あり】ハローワークで転職はできる?転職サイト・エージェントと比較!

ハローワークとは正式名称で公共職業安定所になります。 ハローワークを利用した事がない人も多くいると思います。 しかし、ハローワーク経由で転職をする場合にもたくさんのメリットはあります。 ただデメリット …

大学中退ニートは仕事がない?就職やアルバイトの探し方、女性は専業主婦もあり

大学を中退してニートとして過ごされている方にぜひ読んでいただきたい記事です。 おそらく多くの方々は就職して働きたいと考えていると思います。 しかし、世間はそんな甘いものではないというような風潮があるた …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …

はじめの一歩!ニートの就活のやり方、手順

  ニートの時期を過ごしてきて、いよいよ就職活動をしようという気持ちや体調、状況になったときに大切となる心構えや、おすすめの手順・方法を具体的にみていきます。 目次自分の強みを知ろうあなたの得意なこと …

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。 学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。 とはいっても、転職について語る …