ニートの就職体験談

ある映画がきっかけで一念発起!18~24歳までひきこもりだった私がビルメンテナンスとして就職できた話

投稿日:

私は幼少のころから一人で遊ぶことを好む性格で、大人になってもその性格は変わりませんでした。

そのため人間関係での悩みが多く、ひきこもるようになってしまいました。

そんな私がある映画がきっかけで一念発起し、資格を取得して公立病院のビルメンテナンスに就職できた話をします。

専門学校中退後、人間関係が苦手な性格のためひきこもりに

私は、高校は普通科の進学校に通っていたのですが、高校2年の夏休みに交友関係の乱れから成績が落ちたため、大学受験はせず安易な県外の専門学校に進学しました。

親に高い学費を払ってもらい進学した専門学校でしたが、よく考えもせずに決めた学校だったため、自分のやりたいことと違うことがわかり10ヶ月ほどで中退してしまいました。実家に帰ってきた私を見つめる両親の落胆した目は今でも忘れることができません。

地元に帰ってきて、まず自動車の運転免許を取るために自動車教習所に通いました。18歳の私は、まだ大人になり切れていない部分が多くあり、いわゆる”大人”である指導員とうまくいきませんでした。運転免許は無事取得できたのですが、このころから人間関係の煩わしさを感じるようになります。

ハローワークでも仕事を紹介してくれる担当職員と揉めたりしました。紹介された会社での面接でも、いわゆる”大人”に対する反発があるためうまくいきません。

何度も面接に落ち、そのうち自宅にひきこもるようになってしまいました。

たまたま見た映画「学校Ⅲ」に共感しボイラーマンになることを決意

自宅とハローワークを往復するだけの日々を過ごしていたある日、テレビでたまたま放映されていた山田洋次監督の映画「学校Ⅲ」を見ました。私はその登場人物の生き方に共感し、やっと自分の探していた仕事を見つけることができたと思い、ボイラーマンになることを決意しました。

ボイラーマンになるといっても、当時は今ほどインターネットが発達しておらず、資格取得のための情報収集に苦労しました。そんなある日、これも本当に偶然なのですが、普段はあまり新聞を読まない私が、たまたま見かけた新聞広告にボイラー技士免許取得の教室の広告が載っていたのでした。

私は今までの貯金を崩し、その教室に通い、そこで今まで接することのなかった世界の人たちを接することになりいろいりな情報を得ることになります。

24歳無職がついに就職!

人間やる気になると驚異的な集中力を発揮するものです。私は、本当に朝から晩まで二級ボイラー技士の勉強をしました。無事に二級ボイラー技士の資格を取得することができました。

資格取得後は、ハローワークで仕事を探す日々に戻りますが、今まで住む世界が違ったためか、二級ボイラー技士の資格を取得してからは不思議なほどボイラー技士所持者の求人を見かけるようになりました。

その後、公立病院の求人に無事採用されることができ現在に至ります。

人間関係が苦手な面は以前のままです。ですが、自分で決めた仕事なので少しくらい嫌なことがあっても簡単に諦めたりしないようになりました。

学費も払って、労力も費やして取った資格を無駄にしたくない気持ちが強く働いていると思います。自分で苦労してやっと親の気持ちがわかるようになりました。

まとめ

私は映画「学校Ⅲ」の登場人物の生きかたに共感し、今までその存在を知らなかった仕事を知ることができました。

その映画の中で、私はやっと自分の居場所を見つけたような気がしました。

今ひきこもりやニートの方でも、いつか何かの拍子で動き出せるきっかけになることが起こるかもしれません。ぜひその時まで、焦らずにじっくり自分と向き合う時期もあっていいのではないかと私は思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

34歳介護福祉士がメンタルの病気で退職し精神科にかかるも、再就職できた体験談

私は39歳の男性です。 今の仕事は介護福祉士と介護支援専門員をしています。 ここでは私が介護福祉士をしていてメンタルの病気になり無職になってしまい、それからメンタルが回復して介護の仕事に再就職できた体 …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。 目次危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職ノープラン、されど、やりたいことはあるぼちぼち就職活動…諦めかけたその時、ハローワークで1件の …

パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

私は27歳男性、以前は無職でしたが晴れてデバッグサービスの仕事に就くことができました。 私は高校卒業後、専門学校へと進学しました。しかし、特に何をしたいということもなく、気が向くままに生活していたせい …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …