ニートの就職体験談

ブラックSEを何度も経験するも、34歳で大手SIer企業に正社員として再就職できた話

投稿日:2017年10月5日 更新日:

私は文系の大学を卒業した34歳の男性です。

現在の仕事はIT企業のSIerとして、ネットワークエンジニアとして、仕事をしています。

文系の学校を卒業したのにネットワークエンジニアとして就職できた理由は、25歳の時にネットワークエンジニアにとって有力な資格を取得したからです。

具体的にはLPICやCCNAといった海外の資格になります。

25歳でデータセンターでの運用保守を経験

25歳の時に資格を取得し、最初はデータセンターでシステムの運用・保守を行っておりました。

データセンターでの運用保守は、下流工程の仕事なので、当然夜間対応があります。

なので三交代で夜勤シフトなどで仕事を実施しておりました。

しかしそのような生活が長く続くはずもなく、3年余りで転職しました。

2社目はネットワークエンジニアで1ヶ月100時間を超える残業

次についたのもネットワークエンジニアとしての仕事でした。

作業内容は大手キャリアのネットワーク機器の検証業務でした。

ネットワークエンジニアの検証業務とは、そのソフトウェアが正しく動作するかどうかを確認するために、様々な設定を機器に投入して、正しく動作するかどうかを調べる必要があります。

正しく動作するかどうかを調べるためには、いろいろなパターンがあるので、当然、人数や作業時間が必要です。

またその時間は膨大なもので、一ヶ月の残業時間は100時間を超えました。

非常に長い時間作業をすることが求められた為、勤務時間が膨大なものになりました。

非常につらかったです。

3社目は社内SEとして転職するもキャパシティを超える仕事量

その後様々な案件をしたくて派遣社員などになったりして、ネットワーク関係の検証業務や構築業務などをこなしてきました。

派遣社員として、いろいろな業務を実施して来ましたが、派遣社員は3ヶ月更新の契約期間が定まっているため、安定がなく、正社員の社内SEとして転職しました。

しかし、実は社内SEでも情報システム部門として、会社内の地位が確立できていない社内SE(例えば、総務の一部としての社内SEなど)は、会社全体のヘルプデスク担当として、いろいろな依頼を対応せねばならず、とても忙しい毎日でした。

実際、そこの社内SEは3人いましたが、一人が鬱になって休職してしまいました。

結果として、3人いた社内SEは2人になってしまい、本来5人分くらいでまかなう仕事を2人で対応せねばならなくなり、とても忙しい毎日でした。

結果として、月の残業時間も100時間を超え、以前と同じような状況になってしまいました。

社内SEにも限界を感じ退職を決意

月の残業時間も100時間を超えて肉体的につらいのと、社内SEは社内の立場が非常に低いため、様々な雑用を押し付けられることも多く非常にストレスでした。

また、そのような雑用などをしていてもSEとしての技術力が伸びるわけでもなく、日々の成長が感じられない状態で過ごすことも非常に苦痛でした。

社長の評価もあまりよくなく、もし情報システム自体が解散させられた場合は、仕事自体がなくなってしまいます。

このような不安定な状況で仕事をしていくことはつらかったです。

そして退職を決意しました。

もうSEは辞めたいと思いつつも、この業界で生きていく決意

結局社内SEとして仕事をしていても、自分の技術スキルが伸びるわけではなく、将来が不安でした。

どの仕事も3年以上続いたこともなく、SIerのSEとして勤務することが苦痛でした。

正直、これ以上システムエンジニアとしての仕事をしていきたくないと思いました。

しかし、やりたくない仕事とはいえ、9年間もしてきた仕事です。

システムエンジニアとして仕事をしていくことが自身の強みを生かせて給与的にも大きくなるので、この業界で生きていこうと決意しました。

34歳にて大手SIer企業に再就職成功!

リクナビNEXTに登録し、さらに経歴書をより詳細に書き、自分の技術が面接官によりよく伝わるように工夫し、面談をしてもらえる確率が高くなるための工夫をしました。

そうすると面談は次々決まりました。

やはり、社内SEの時のヘルプデスクをした際のブランクなどがあり、面談も技術力の面で少し足りないのではないか?というような指摘をいくつか受け、就職活動は難航しました。

面接官にも失礼なことをずいぶん言われました。

しかし、諦めずに面接活動を続け、自分の志望するSIerに合格することができました。

面接官にひどい悪い評価を受けようとも、メンタルでくじけずに挑戦し続けることが必要だと本当に思いました。

みなさんもきっと理不尽なことや悔しい思いをすることもあると思います。

しかし、メンタルで負けてはいけません。

挑戦し続ければきっと道は開けます。

みなさんの就職活動を心より応援しています。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

熱意で「未経験不可」も突破!27歳無職が部品工場の正社員に就職できた体験談

新卒で働いていた会社を26歳の時にやめてしまいました。 やめた時は「すぐに就職できる」と思っていましたが、ずるずると無職期間、派遣期間が長引いてしまいました。 働いていない期間が増えれば増えるほど、就 …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

初めまして、私は30代男性です。 これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。 目次26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉 …

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。 きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。 目次8年勤めた会社が倒産し …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

私は27歳男性、以前は無職でしたが晴れてデバッグサービスの仕事に就くことができました。 私は高校卒業後、専門学校へと進学しました。しかし、特に何をしたいということもなく、気が向くままに生活していたせい …