ニートの保険

簡単に解説!転職活動中の無職期間の健康保険はどうなるのか?

投稿日:2017年4月28日 更新日:

転職活動のしている時、在職中であるならば、その会社での健康保険に入っているので特に問題ありません。

しかし、仕事を辞めた後に就職活動をする場合は、健康保険の扱いはどうなるのかご存知ですか?

知らなくても何とかなるとお思いの方もいらっしゃると思いますが、いつどこで事故に遭ったり、病気になったりするのかわかりません。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ご自分だけならまだしも、配偶者や子供がいるならば、なおさらです。

本記事では、転職活動中の無職の期間、保険はどうなるのか、どうすればよいのかをご紹介したいと思います。

退職後の健康保険料は自分で払わなければならない

会社員をしている時にはあまり意識をしないかもしれませんが、会社員は誰もが健康保険料を払っています。

給与明細を見れば、健康保険料が給与から天引きされています。

では、保険料はどこに払っているのか、というと、会社員は会社を通して健康保険組合に加入しており、その組合に会社と折半でお金が払われています。

会社を辞めると、健康保険組合からも脱退することになりますので、どの保険にも入っていない状態になります。

しかし、そうした状態を国は許しません。

日本では、国民皆保険制度というものがあり、赤子から老人まで国民全員が何らかの保険に入っていなければなりません。

ですので、会社を辞めて、求職活動を行うのであれば、何らかの保険に入る手続きを行わなくてはいけません。

会社を辞めた後の健康保険は3通り

退職後、無職の期間に入れる健康保険は3通りあります。

それぞれ特徴があり、どれが良いかはケースバイケースです。

下記で紹介する特徴を掴んで、どれが自分に適しているかを選択しましょう。

1 任意継続被保険者

まず1つ目ですが、任意継続被保険者となるです。

任意継続被保険者とは、退職後も同じ健康保険組合に加入できるという制度です。

加入条件は、退職までに継続して2か月以上の被保険者期間があること(要は2か月以上、その会社で働いたか)、被保険者でなくなった日(退職日)から20日以内に書類を健康保険組合に提出すること、以上の2点です。

簡単な手続きで、今までと同じ健康保険を使えるのですが、保険料は変わります。

在職中は、健康保険料は会社と個人の折半ですが、任意継続被保険者では個人で全て払います。

要は在職中の2倍の保険料を払うということです。

また、任意継続被保険者になれる期間は2年間です。

2 国民健康保険

次に紹介するのは、国民健康保険です。

国民健康保険は自治体が運営している健康保険で、加入条件は無く、誰でも入ることができます。

国民健康保険は、前年の収入や資産状況、扶養家族の人数によって保険料が変わってきますし、自治体によって保険料の算出方法が違います。

なので、保険料が高い自治体もあれば、割安な自治体もあります。

手続きは、退職後14日以内に自治体の窓口でする必要があります。

3 被扶養者

最後に紹介するのは、家族の被扶養者に入ることです。

両親や兄弟、配偶者が健康保険組合に加入している場合、その被扶養者になるというパターンです。

この場合、被扶養者の認定基準は細かいもので、同居しているか、収入はどうなっているのかといったことを示す書類等の提出も必要になってきます。

各健康保険組合によって条件が微妙に違うのでホームページ等で確認した方がよいでしょう。

もし、家族の被扶養者になれれば、健康保険料はかかりません。

家族の被扶養者になれるのがベスト

退職後の健康保険について3つご紹介しましたが、まず最初に検討すべきは、家族の被扶養者になれるかどうかです。

無職の期間中は出費をできるだけ抑えたいので、健康保険料を払わなくて済めばだいぶ楽になります。

次に検討すべきは、任意継続被保険者と国民健康保険です。

どちらがより安い健康保険料となるのかを検討したうえで、安い方を選びましょう。

まとめ

以上、転職活動中の無職の期間の保険についてご紹介しました。

退職前後は公私に忙しく、3つの選択肢からどれにするか検討する時間がないかもしれませんので、事前に検討を進めておきましょう。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの保険

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートは生活保護を受けられる?受給条件と手続き

生活困窮者に対して、健康で文化的な最低限度の生活を保障するセーフティーネットである生活保護。 近年は、生活保護の不正受給が度々ニュースになり、風当たりが非常に強くなっていますが、本来は困っている人を社 …

生活保護はあてにならない!怠惰なニートを待つ3つの悲惨な末路

ニートを続けていてはいけないと思いつつも、ずるずるとニートを続けている人がほとんどではないでしょうか。 しかし、ニート生活は刺激が少ないもので、なかなかきっかけを掴むことができません。 本記事では、ニ …

ニートに社会保険は適用される?アルバイトを始めた場合の保険の扱い

社会保険は、生活で起こる様々なトラブルを保障する公的保険制度です。 身近なものを挙げると、病院受診に必要な健康保険証もその1つです。 さて、会社を辞めてニートになると、社会保険はどのような扱いになるの …