フリーターの就職活動

フリーターから正社員になりたい!生涯賃金や待遇の違い、面接・志望動機・履歴書の書き方

投稿日:2017年7月26日 更新日:

「フリーターでいるより正社員になったほうが良い」と良く耳にしますよね。

良く知らないけれど、そのほうが何か良いのかな、と思っている人もいるのではないでしょうか。

という訳で、フリーターと正社員の具体的な違いなどについて書いていきます。

フリーターと正社員の違い・比較

正社員は健康保険と厚生年金に加入できる

これは会社にもよりますが、正社員になると健康保険と厚生年金に加入することが出来ることが大半です。

その支払いを会社に一部負担してもらえる、ということです。ちなみに、派遣で中長期間働く場合でもこれは義務付けられています。

所得税などの税金に関しては正社員もフリーターと変わりなく支払いがありますが、保険と年金の一部負担の恩恵は大きいです。

国民保険と国民年金を自力で全て払い続けるフリーターと正社員とでは、同じ金額を稼いだとしても、手元に残る金額が変わってきますよね。

正社員とフリーターの生涯賃金の比較&その理由

正社員の生涯賃金は、平均約2~3億円と言われています。

一方、フリーターの生涯賃金は、平均約5~8千万円と言われています。

何故この差が生まれてくるのかについて書いていきます。

会社にもよりますが、正社員のほうが比較的昇給しやすいことと、ボーナスがあることが挙げられます。

ボーナスは月給の1か月分や3か月分が年に2回など会社により様々です。

一方、アルバイトの時給は比較的上がりにくく、長く働いても10%上がるほどだと言われています。

ボーナスがあるところでも、月給の3分の1程度です。

20代の頃には何ら差のない両者の場合でも、徐々に昇給していく30代~40代の頃になってくると、その差は顕著になっていきます。

その結果として、生涯年金にこれだけの差が生まれてくるという訳です。

正社員とフリーターのその他の待遇の違い

その他の待遇の違いは、正社員には雇用期間の定めがなく、アルバイトや派遣社員には雇用の保証は契約期間までの保証であることです。

正社員であれば、正当な理由がない限りは、本人の意向を無視して会社は社員をクビに出来ません。

よって、正社員であるということは生活の保障も得られると同時に、辞める心配がないので教育も熱心にして貰えます。

会社側は正社員に支払う給料や教育費は投資として捉えているからです。

なので、正社員は責任ある仕事も任せてもらうことが出来ます。

そして、フリーターには、上記に掲げた待遇はありません。

また、会社にもよりますが、怪我や病気で休んでも正社員の場合は減給がない場合が多いです。

フリーターの場合は、時給制なので、同じように休んだ場合に自分の給与に響いてしまうことが多いというところも違いますね。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

フリーターから正社員になるための準備

面接編

予定時刻の10分前に訪問する、私服OKの求人でもスーツで訪問するなど、これはフリーターでもそうでなくても気を付ける点です。

そして、フリーターであるからには、質問で必ず「何故フリーターで居たのか」と問われます。

ここでは、今までのアルバイト経験で学んだことや、そしてそれを御社で活かしたい旨を伝えていく必要があります。

一見、ハンデキャップであるフリーター歴という空白期間を、いかにアピールポイントとして昇華出来るかが勝負です。

志望動機編

自分が面接へ行く企業のことをネットや図書館で調べたり、実際サービス業などで店舗がある場合に足を運んでみたり、事前のリサーチが大切です。

また、今までの自分を分析して、これから先、自分の就職したい業種でどう活かしていくことが出来るかも組み込むことも重要になります。

これは、フリーターであってもそうでなくても、同じですね。

フリーターならではの工夫としては、今までのアルバイト体験談を交える方法もあります。

今までのフリーター歴をきちんと振り返りつつ、これから先の意欲もアピールすることが重要です。

面接・履歴書どちらにも整合性のあるものを用意する必要があります。

履歴書の書き方編

「学歴・職歴」の欄は余白部分が少なくなるよう、出来るだけ埋めるようにしましょう。

職歴が少ない人は、自分が担当した業務などを下の行に入れて詳しくなるように書くことをおすすめします。

逆に職歴が多い人は、アピールしたいものをいくつかピックアップして詳しく書き、その他のものに関しては一行にして書きましょう。

自己PR欄、志望動機欄でのアピールも入念に書きいれることをおすすめします。

また、特にアピールしたい職歴がある場合は、職務経歴書を別途作成すると更に良いです。

アルバイト経験での気付き、そして工夫、こんな結果が出たなど、相手に分かりやすく詳しく書くことをおすすめします。

また、見せ方を工夫をし、自分を売り込む気持ちでオリジナリティのある履歴書となるよう心掛けることも大切です。

履歴書に貼る写真の身だしなみにも注意を怠らないようにしましょう。

フリーターから正社員に転職するときのおすすめ職種

フリーターから正社員へ転職する際、おすすめの職種は、営業、事務職、販売業務などです。

理由は、求人数の多さと、スキルを自分で身に付けていきやすい職種であることです。

もちろん、その他の職種でも、自分と社風が合っていたり、自分の今までの経験が活かせそうだと思えば、そちらを検討するのもおすすめします。

フリーターから正社員になるときの求人の探し方

転職サイトやハローワーク、折込チラシや求人誌などで求人を探し、自分に合ったものを見付けていきましょう。

転職サイトも検索すると沢山ありますが、特にリクナビNEXTがおすすめです。

求人数が多く、求人に応募する前に担当者からメールが来るスカウト機能付きで、応募や面接など転職のノウハウも掲載されています。

ぜひ、転職サイトを使う際には、リクナビNEXTを利用してみて下さい。

職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-フリーターの就職活動
-

執筆者:

関連記事

まずは基本!フリーターの就職活動のやり方

フリーターから正社員への就職活動に挑む人も多いでしょう。 学生時代に正社員に就職活動を行った人は進め方がわかるでしょうが、ずっとフリーターを続けてきた人は何から始めればよいか皆目見当もつかないかもしれ …

フリーターから正社員になるための履歴書、面接対策!

フリーターをしている人には様々な理由があるかと思いますが、いつかは正社員にならなくてはと考えている人達も多いでしょう。正社員になるには若い方が有利なのですが、なかなか就職活動に動き出さないで、ずるずる …

フリーター脱出する方法と失敗しがちな理由3つ

フリーターをしている人の中には、そろそろフリーターから脱出したいと考えている人も多いでしょう。 しかし、どうやってフリーターから脱出すればいいのかわからず、結局フリーターのままでいる人も少なくありませ …

高卒フリーターから就職!正社員、公務員になる方法

高卒でフリーターをしていると、将来、正社員や公務員になれるのかわからず不安に思うこともあるでしょう。就職活動をどうやって行えばいいかもわからず、就職に向けて動き出せない人もいるかもしれません。 本記事 …

フリーターから転職!正社員への転職面接のコツ

フリーターから正社員へと転職するのはなかなか大変です。正社員から正社員への転職でも思う通りに行かないことも多いですし、正社員としての経験が少ないフリーターはどうしても良い評価を受けることができません。 …

大卒フリーターの割合、正社員で就職するためには?公務員もあり

大学卒業後に、フリーターで働いているという人はどの位いるのでしょうか。また、フリーターから転職するにはどうすればよいのかという方法を見ていきましょう。 目次大学卒業後フリーターになる割合フリーターから …