ニートの就活のやり方

ニートがバイトに受からない4つの原因と対処方法

投稿日:2017年5月31日 更新日:

アルバイトを始めて社会復帰しようと考えているニートは数多くいると思います。

その中には、実際にアルバイトへ何度か応募したものの全て落ちてしまい、落ち込んでしまっている人もいることでしょう。

本記事では、アルバイトが受からない原因を探し出し、どうすれば受かるようになるのかを考えていきたいと思います。

1. 年齢が高すぎる

アルバイトの求人情報では、年齢制限が書いていません。

雇用対策法で年齢制限を設けることは禁止されているからです。

しかし、それは建前で、多くのアルバイト先では年齢制限はありますし、性別でも制限しています。

こうした制限が多いのは、飲食店などの接客業です。

この原因に対しては、応募しないというのが一番の解決法です。

バイトに応募する前に、一度お店の中を覗いてみると良いでしょう。

どういう人が働いているのかを見れば、自分がアルバイトとして入っても問題無さそうかはわかるものです。

自分と同じ年代の人が全く見当たらないのであれば、避けた方がよいでしょう。

2. ニート期間が長い

あまりにニート期間が長いと、本当にちゃんと働けるのだろうかと不安に思われてしまうことがあります。

面接で上手く受け答えをしても、ニートは働けないという固定観念にとらわれている人であれば、迷わずニートを落としてしまうでしょう。

この原因に対しては、ニートであることを隠してしまうのも一つの手です。

資格試験や公務員の勉強をしていたなど、あまりに大げさな嘘でなければ、面接官もそこまで突っ込んでくることはないでしょう。

ただ、ある程度自分が本当に経験したことをもとに話すことをおすすめします。

3. 面接での受け答えがはっきりしない

ニートには、コミュニケーションを苦手としている人が多いです。

そのため、面接でまともな受け答えをすることができず、アルバイトに落ちてしまうことが多くなっています。

この原因に対しては、想定される質問への返答をあらかじめ考えておく必要があります。

そこで、アルバイトでよくされる質問3つご紹介します。

志望動機

1つ目は、志望動機についてです。

履歴書にも志望動機を書いていると思いますので、その通り答えれば問題ありません。

アルバイトなので、それほどかっちりとした志望動機である必要はありません。

「金銭的に厳しい状況なので」といった志望動機でも大丈夫です。

ニートをしていた理由

2つ目は、ニートをしていた理由です。

ニートをしていれば、どこへ行っても聞かれる質問です。

「ニート期間が長い」でも書きましたが、「何となく」と答えるよりは、「資格試験や公務員試験の勉強をしていた」といった答えの方が良いでしょう。

「自分に合う仕事を探していた」というのも良い答えです。

勤務時間、シフト

3つ目は、勤務時間やシフトについてです。

採用の合否に最も関わる質問と言って良いでしょう。

勤務時間にしても、シフトにしても、できる限り柔軟に対応できる人が、合格しやすいです。

ニートは空白期間があり他の応募者に比べて評価が低くなりがちですので、できるだけ相手の都合に合わせることで評価を上げるようにしましょう。

もちろん、都合が悪い曜日などがあればしっかりと伝えましょう。

4. 見た目がだらしない

長い間ニートをしていると、人目に触れることが少なくなるため、身だしなみがおろそかになりがちです。

自分の身だしなみをしっかりとできてない人は、きっちりとした仕事をできないと見なされてしまいます。

この原因に対しては、面接に行く前に身だしなみをしっかりチェックしましょう。

・髪がボサボサになっていないか

・爪が伸びっぱなしになっていないか

・シャツがヨレヨレになっていないか

・靴は汚れていないか

など一つ一つチェックしていきましょう。

それだけで解決できる問題ですので、忘れずにチェックしましょう。

まとめ

アルバイトを不合格になることは誰でもあります。

東大生だってアルバイトに落ちることはざらです。

上記で紹介した、最低限こっちでできる準備をしっかりしておくことが大切です。

準備ができたあとは、不合格になることはあまり気にせずにどんどん応募していきましょう。

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートの復帰は無理?バイトと正社員はどっちからがいい?おすすめの仕事

ニート生活を経てからの社会復帰、となると「まずはアルバイトから肩慣らししたほうが良いのかな」など、様々な不安や疑問が頭をよぎると思います。 ニート生活で趣味として武道や格闘技をやっていたなど、何か力の …

会社を退職してニート生活へ…転職はいつ始めればいい?求人サイトを使った転職活動

体調不良や人間関係で会社を退職して、しばらくゆっくりしようとニートになった人は数多くいるでしょう。 最初こそ開放感に浸って精神的に安定するのですが、だんだんとニートであることに不安を感じてきて、再就職 …

30代後半から就職活動を考えている人へのアドバイス5つ

歳を重ねれば重ねるほど「就職活動は難しくなっていく」と、聞き飽きるほど聞いてきたと思います。 しかし、実際に自分自身が聞きたいことって、「就職したいから具体的にどうしたら良いのかな」ということですよね …

30代から楽な仕事に転職するためには?具体的な方法やコツを紹介

20代の頃はがむしゃらに働いて、30歳を過ぎた中堅になれば、どんどん給料も地位も上がっていって余裕も出てくる。 だから辛いこともあるけど頑張って働いていたのに、いざ30歳になってみると、給料は全然上が …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

留学後の就職活動はどうする?おすすめの仕事、便利な資格は?その他アドバイス

学生時代などに留学をしたけれど、帰国後に自国での温度差に悩んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。 もちろん、留学経験者ならあるあるですが、留学したことのない人の数と比較すると、あるある率 …

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。 しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就 …

ニートにできる仕事はない?自信を持つための方法とおすすめの仕事

社会復帰を目指すニートでも、いざ仕事を探すとなると、自分にできる仕事がないと不安になって、結局ニートのまま過ごしている人が数多くいると思います。 しかし、本当にできる仕事がないのでしょうか。 世の中に …

無駄な時間をなくす!カラ求人の見分け方。

せっかく就職する気になったのに、カラ求人に騙されて出鼻をくじかれたニートの方も多いと思います。 履歴書作成などにはかなりの時間がかかりますし、やる気も削がれてしまいます。 そうならないためにも、カラ求 …

【成功事例あり】ハローワークで転職はできる?転職サイト・エージェントと比較!

ハローワークとは正式名称で公共職業安定所になります。 ハローワークを利用した事がない人も多くいると思います。 しかし、ハローワーク経由で転職をする場合にもたくさんのメリットはあります。 ただデメリット …