ニートの就職体験談

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

投稿日:2017年5月25日 更新日:

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。

ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。

私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。

溶接とは、部品と部品を特殊な器具を使って溶かしくっつける作業のことです。

ここでは、私が大学を卒業してから約一年間の間ニート生活をして、そこから工場の社員に就職できた体験談をお話ししていきたいと思います。

友達と一緒に公務員試験を受けるも自分だけ落ち、大学卒業後ニートへ

私は高校からなんとなく大学に進学しました。

というのも私の仲の良い友達が大学へ行くからという理由だったからです。

大学といっても、私立の大学で受ければ誰でも受かるような大学でした。

私はそこで言語学科の分野に入りました。

最初の1、2年生の時はとても充実した大学生活でした。

特に悩みもなく決められた単位を取って、遊ぶの繰り返しでした。

しかし3年生ぐらいの後半になると、みんな就活をする時期に入ってくるので少しピリピリした雰囲気になって来ます。

私はというと、その時はまだもう1年あるからいいやという軽い気持ちで、そこまで危機感はありませんでした。

そして4年生になり就活をしていくのですが、特にやりたい仕事などない私は友達の誘いを受け公務員の仕事に応募することにしました。

その公務員の面接で「大学生活であなたが一番頑張ったことはなんですか?」という質問が飛んで来たのです。

私は大学生になってから特に頑張って何かに取り組んだわけでもないので、その質問にうまく返すことができませんでした。

結局、私はこの公務員の面接に落ち、一緒に応募した友達は受かりました。

そこから色々な企業の就活を試みましたが、結局全て落ちてしまいました。

こうして私は大学卒業をしているにも関わらず、ニートになってしまったのです。

危機感もない実家暮らしでニート生活

大学の時は実家から大学まで距離があったため一人暮らしをしていました。

しかし、ニートになった私が生活費をやりくりできるわけもなく、とりあえず実家に戻って就職活動を続けることに。

その時の私には正直言って、そこまでの危機感はありませんでした。

なぜかというと、朝就活のために外へ出て、夜家へ帰ると温かいご飯が自動的に用意されて、さらには掃除、洗濯まで家の家事は何もやらなくてよいという状況だったからです。

一人暮らしの時にはないこの楽さが私にスキを与えてきました。

就活再開のきっかけとなった大学時代の友達との再開

実家の楽な生活を続けて約1年が経とうとしてました。

もはや私は就活をしておらず、なんならこのまま一生ニートでもいいかと思っていました。

そんな時に私がなんとなく一人で街をぶらぶら歩いていると大学時代の友達にばったり会ってしまいました。

しかもその友達は一緒に公務員の面接を受けて合格したあの友達でした。

久しぶり、元気?今仕事何してるの?」と友達が聞いて来ました。

私は「うん、実はあの後必死に就活して普通の中小企業に受かったんだよ」と嘘をついてしまいました。

その後、友達とは別れて私は家へ帰りました。

帰宅後、急に変な罪悪感に襲われて、胸が苦しくなりました。

どうして変な嘘をついてしまったんだろうという気持ちと、自分は何をやっているんだという気持ちが一気にこみ上げて来ました。

そこから一度中断していた就活を再開することにしました。

就活に役に立ったサイトはタウンワーク

就活を再開し、私が使っていた求人サイトはタウンワークでした。

そこから派遣社員の応募ページを見つけて、今の企業に応募しました。

面接を兼ねた工場見学が最初にあり、そこから派遣社員としてその企業で働くことに決まったのです。

まとめ

私がその企業に就職してから半年ぐらい経った時、企業の方から正社員になってみないかというお誘いをもらいました。

とても嬉しかったことを覚えています。

すぐに、「よろしくお願いします」と返事をしました。

なぜ私が正社員になれたかはわかりません。

ですが、心当たりがあるとすれば、それは仕事を丁寧にしていたからではないかと思います。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、仕事を丁寧にするというのは大事なことだと最近になって気づきました。

なんでも丁寧にすること、そして計画を持ってやることが大事なことなのです。

最初からそれができていれば、私はきっとニートになることもなかったでしょう。

しかし、今ニートから脱出しようとしている人も遅くはありません。

何に関しても丁寧に取り組んでいれば、見てくれている人はいるものです。

この記事を読んでくださっている人に、少しでも励みになればうれしいです。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。 しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業 …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

現在、42歳男性。 あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。 目次飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう大した資格もなく就職が決 …

自衛隊を辞め、公務員試験に挫折。28歳無職から奇跡の公務員合格まで

はじめまして、私は地元で公務員をしている男です。 これから私の人生を少し話させていただきます。 目次高卒から就職、23歳で学生へ9名中8人が合格。自分だけ落ちた公務員試験で感じた挫折地元に戻って就職す …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …