ニートの就職体験談

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

投稿日:2017年10月16日 更新日:

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。

私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。

大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することができたのかご紹介したいと思います。

順風満帆な大学生活

私は某有名国立大学の工学部に在籍していました。

授業のレベルも高く、研究内容もおもしろく、毎日が新しい発見で楽しい大学生活を送っておりました。

大学卒業後は大学院へ進学することを選び、毎日朝から晩まで研究に取り組んでいました。

精神が壊れた大学院研究室での生活

私の研究室では毎週火曜日の午後に、研究の成果を報告するきまりがあり全員が発表していました。

その発表は午後1時から遅い時では夜7時までかかるときもあります。

教授がとても厳しい方で怒声は昼夜響いております。

その空間に6時間ずっといるのはとても耐えがたい物でした。

もちろん私の発表でも容赦なく怒声は響きます。

「バカヤロー」「お前は幼稚園児以下」「みんなこいつを反面教師にしろよ」

この言葉は今でも鮮明に覚えています。

次第に研究室へは行かなくなり、バイトも休みました。

そして医者にいったところ、うつ病と診断され私は学校へ行かなくなりました。

親からの仕送りのみで生活した2年の無職期間

大学院を中退した後は、親からの仕送りのみで生活をしていました。

うつ病になってからは外へでることも出来ず、毎日死にたい死にたいと思っておりましたが、死にきれず泣いてしまうといった日々の繰り返しでした。

教授のことは恨み、なんで自分がこんな惨めな生活を送らなければならないんだと嘆き、同級生は大手企業に就職しており、ますますうつ病は悪化していきました。

親とキャリアセンターの人からの助け

大学と実家はかなりの距離があるので、親とは離れて暮らしておりました。

大学院を中退する前はちゃんと卒業しなさいと言われ続けてたため、連絡はずっと返しておりませんでした。

中退をした後もしばらくは連絡を取っていなかったのですが、親から自分のペースでいいよといってもらえたときに少しだけ気持ちが楽になりました。

周りと壁を作るのに意地を張っていたのかもしれません。

それからは大学のキャリアセンターに行き、自分の状況を話した上で就職のアドバイスをもらいました。

久しぶりに人と会話するのもあって何をしゃべったのかは全然覚えておりませんが、自分が何をしたいのかをその時考えなさいと言われたと思います。

大学の就職率は100%近かったのが幸いで、企業からの募集はありました。

昔描いていた高収入で大企業ではないですが、その当時は社会復帰したい思いが強かったと思います。

そしていろんな企業の説明会に参加してみました。

私は好奇心は旺盛なほうなので、説明会で話を聞くたびにどれも面白いなと思いましたが、どれをしたいかは分かりませんでした。

目先のことを決めかねたので、ずっと先を見て老後はどうありたいかを考えてみました。

答えは割と早くにでて、子供たちに勉強を教えたいなと思いました。

学校や塾では教えてくれない社会のこと、自分の経験の事、先頭を引っ張るだけでなく私みたいな途中で離脱してしまったり立ち止まった人たちを支援したいと思いました。

そのためには社会人になることが一番だと思い、何でもやらせてくれる企業を探しました。

とある説明会でこういう仕事がいま空いているということで、今の職に就いています。

この企業は営業やものづくりといった幅広いことを手掛けているので絶対将来に役に立つと思い仕事に励んでいます。

まとめ

生きていて何かに絶望し、途中で投げ出したり立ちとまったりして周りとは違う道に入るひとは少なからずいます。

それが中学生だったり、高校生だったり、大学生だったり、社会人だったりと、人にはいつ壁が立ちはだかるか分かりません。

でも私は絶望を経験したからこそ、いま強くいられるのではと最近思います。

あの時、毎日死にたいと思う日に比べ今はなんて幸せなんだろうと思います。

いま絶望にかられている日々を送っている人、光は必ずあります。まずは小さな一歩が大事です。

 

こちらの記事もおすすめ

>> 24歳で東京の大学を中退、東北に職場を絞って28歳無職から製造業に就職成功しました!

>> ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

>> パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

きっかけは好きな人のため!37歳職歴なしが葬祭業の正社員として就職するまで

私は、37歳職歴なしから葬祭業へと就職することができました。 ここでは、一度社会からドロップアウトした方が、社会復帰する一助になればと思い、私の体験談を書いてみたいと思います。 職歴なしの期間が長けれ …

一度は心が折れた私が、27歳で無職からソフトウェア制作会社に再就職できるまで

私は現在35歳の男性です。 現在の仕事はソフトウェアの制作業で、職種はエンジニアとして働いています。 私は24歳から26歳までの空白の期間、つまり無職の状態から その後27歳で再就職することになった、 …

医療系大学を中退後ニートになり、介護資格を取って正社員になった話

初めまして。 今回は、女性の私が医療系大学を退学し、怠惰なニート生活を経て、最終的に特別養護老人ホームで正社員として働けるようになるまでの話をしたいと思います。 今、かつての私のようにニート生活で苦し …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …