ニートの就職体験談

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

投稿日:2017年10月3日 更新日:

僕は23歳の男です。

23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。

もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えてもらえないまま、入社しました。

まさか、テレビ関係の営業の仕事をするとは、夢にも思っていませんでした。

ウソばかりのテレビ関係の営業

この仕事をしている時は朝の7時から出勤して夜の10時まで、契約が取れるまでお客さんの自宅に訪問して歩き回りながら働いていていました。

そして、営業に行く時は自分でお金を払って現地に行かないといけないので出費がひどく多いのです。

実際にはそのお金もしっかり給料日には返却されると聞かされていました。

ですが、実際には一円も払ってもらえず、交通費ももらえず基本給も求人とは違いすべてがウソで塗り固められた会社でした。

さらに、ボーナスもどんなに契約が取れてなくても最低3万円は約束します!と面接時に話していたんですが、それもウソで契約が目標に達した人しかもらうことができませんでした。

一人暮らしをしていて最初教えてもらった会社の給料や昇給プラン等を聞いて入社したので、一人暮らしをしていても何も問題なく過ごせていけると思ってました。

ですが基本給がウソで10万ちょっとしかもらうことができず、交通費も半額しかもらえず、営業の時にさんざん使った交通費も返ってこなかったので、生活もどんどん圧迫されてきました。

精神的にまいり退職することに

そんな状態と契約が一人だけ取れない状態が続いたため、各方面からは怒られ続けて会社の同僚だけじゃなく、仕事中もお客さんから怒られる日々が続き、ついに精神的にまいってしまい辞める事になりました。

最後の給料も正社員なのに10万ちょっとしかもらえなかったので、本当にアルバイトしているみたいでした。

無職になってから最初は辞めた解放感で前向きに仕事を探すことができて、気持ち的にはいつか決まるだろうという気持ちで仕事を探していました。

ですが、次第に仕事が決まらなくなりどんどん焦ってきてしまい、生活も荒れ果て何も食べないで過ごす事もよくありました。

このまま実家に帰って、外に出ずに働かないで過ごしたいと思うようになりました。

そしてお金が底をつきそうになり、仕事自体しなくてもいいと思うようになりました。

実家に戻り、工場専門求人サイトで仕事を見つける

そして実家に戻り生活を続け、最初のうちは本当になにもせずどうでもいい何もしなくていいと言いながら、自分が壊れていくのが手に取るようにわかるようになりました。

ですが実家で暮らして生活していくうちに食べさせてもっているのに、何もしないのはまずいのではないかと思うようになり再度就職活動をすることに決めました。

色々な就活サイトをみたり、ハローワークに行きながら仕事を探しましたが、なかなか見つからなかったのです。

ですが、継続的に仕事を探し続けた結果、工場ワークスという工場を専門に扱うサイトから正社員として契約してもらえる求人をみつけてもらい、応募して見事合格することができました。

ハローワークで一緒に探してくれた方に、「よかった、本当に良かったね」と言ってもらえたのがすごくうれしかったです。

まとめ

無職から就活する上で大切なことは、信じてくれる親や恋人だったり、ハローワークの担当者みたいに自分の仕事探しに真剣になってくれる人が自分に対してどう思っているのか、またどれだけ考えてくれているかを考えることだと思います。

自分だけが苦しいと自分だけが悪い等、ネガティブなことばかりを考えてしまします。

ですが親や恋人だったり自分のことを真剣に考えてくれている人がそばにいてくれる以上は、その人たちの期待を裏切ってはいけないと思います。

-ニートの就職体験談
-, , , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

母が倒れて止むを得ず退職。そして26歳でニートから販売・接客業(アルバイト)に就職した話

私は現在、29歳で、去年可愛い我が子を出産した一児の母です。 現在は子育てに奮闘し、主婦をしていますが、再就職先で出逢った彼と結婚して今の幸せを手に入れました。 目次就職1年目で母が倒れ、退職死にたい …

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

私は4年制の大学に通っていたのですが、親元を離れアパートで1人暮らしをしていた影響で、悪友などの誘いに乗るようになり、徐々に自堕落な生活に落ちぶれてしまいました。 その結果、大学を中退し、アルバイトで …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

20代の引きこもりから就職できた成功体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代で引きこもりから脱出して就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 いま現在引きこもりで悩んでいる方に少しでも役に立てば嬉しいです。   …

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたき …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …