ニートの就職体験談

大病を患い大学中退後、26歳職歴なし無資格の私が介護職員として就職できるまで

投稿日:2017年5月25日 更新日:

私は大学生活6年目で大病を患ってしまい、そこから退学という選択をしました。

当時26歳の男性です。

最終的には介護施設に入社することが出来ました。

ここでは、入社が決まるまでに何度も面接を落とされてしまった話や、具体的な職歴無しの年月について話したいと思います。

また、介護施設での働き方というのにも触れてみたいと思います。

病気のため6年通った大学を辞めて残ったのは、無職・無資格・大学中退という経歴

私は大学に6年間在籍していました。

しかし実際に通ったのは4年間で、その後はほぼ通院生活でした。

大学在籍の身でそのまま学費を浪費して通院生活…、非常に心苦しい日々が続きましたが、大学へ通えなくなり3年目で退学を決意したのが24歳です。

その後通院やら鬱状態の様な状況が続き…26歳になり、いよいよ働き口を見つけるのも大変な状態になってしまいました。

大学へ通っていたのであればいくつか資格があって然るべき、そう考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私が志していたのは医療系の大学でしたので、卒業しなければ意味が無い大学です。

したがって無職、無資格の身で働ける健康状態になった所でハローワークへ通いました。

担当の方が履歴書を見てくれたり、面接の練習をしてくれたりするのですが、実際大学へ通っていた月日は学歴に残りません。

そもそも大病で退学した等といった事を履歴書に書いたり話したりすれば採用されづらくなるのは当たり前です。

一身上の都合と書くことにはなりますが、身体が弱いと判断されてしまえば就職しづらい。

かといって空白期間を6年間も取るのは問題にしかならない…上手く行かない就職活動に落ち込む日々が続きました。

まずは勤務経歴を持ちたい。中途採用枠での就職活動

とりあえず雇って貰って少しでも勤務期間をつけておきたい、そう考えました。

一度も働いたことがない身で無資格というのは非常に就職には不利です。

大学の新卒扱いにはならず、中途採用枠での働き口探しとなりました。

ハローワークの方にも色々な話や都合をつけて貰ったりと面倒を見てもらいましたが、全然うまくいきませんでした。

当時の私はもう働くことが出来ないんじゃないだろうか、そう考えていたほどで正社員での雇用を諦めようと思っていました。

何も生み出さない日々というのは本当に辛いものです。

誰からも必要とされない苦痛な日々が続きましたが、ある時、転機がありました。

これをきっかけに、自分の考え方次第で、少し事態が良くなる事もあるんじゃないかと考えられるようになったのです。

手塚治虫先生の「ブッダ」を読んで気づいた大事なこと

私が出会った転機は、漫画でした。

手塚治虫先生のブッダという漫画の中で空白期間を後ろめたい過去としないで向き合った方が良いという事に気付きました。

沢山話がある中でどの話だったかは覚えてないのですが、面接において私は空白期間に対しての説明で常に下を向いて話していた気がします。

もしかしたら、この態度が良くなかったのではないかと考えて、少しでも前向きに捉えることが出来る様に、またどこの職場においても自分が入って少しでも役に立ちたいという意思を見せていこうと考えました。

自分は病気をした、その後2年程何もする気が起きなかった、これは今の自分を作る為には必要な期間だった。

それを理解してもらう為に面接でもアピールしてみようと考えました。

そう思った頃に介護施設の面接が丁度重なり、一発で採用を頂くことになりました。

面接では、「自分がベッドの上に寝ている期間が多かったので、その経験を入居者様になるべくさせないように介護していきたい」という点を伝えました。

少し前向きになるだけでも、人手不足な仕事場では雇用が生まれるんだと感じました。

介護職のやりがいは、誰かの役に立ちお金を生むことができているという感覚

私が勤務出来たのは特別養護老人ホームという場所で24時間体制で介護が発生する職場です。

入居されるのは何らかの事情で家での生活が難しい方がほとんどで、ご臨終されるまで介護させて頂くことも多い職場となっています。

排泄幇助やオムツ交換等は慣れるまで大変に感じる方も多いです。

しかし、誰かの役に立ちお金を頂いている感覚が本当に嬉しく、すぐに慣れる事が出来ました。

職についていない空白期間も、要は言いようなのかもしれないと感じています。

現在、ご自身の空白期間に対して後ろ向きな気持ちを持っている方は、視点を変えて前向きに捉えてみてください。

きっと面接官にもあなたの働きたいという意思は伝わるはずです。

-ニートの就職体験談
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

100社応募するも採用されなかった。26歳無職女が紹介予定派遣を使い未経験の事務職に就職できた話

私は26歳の時に、前職を勢いで退職し、無職になりました。女性です。 前職はNPO法人の事務職員で、事務仕事をしていましたが介護の仕事も多く、事務の経験は無いに等しい状態でした。 そんな私が、紹介予定派 …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

病気で退職後、32歳ニートだった私が運送ドライバーとして就職するまでの道のり

私は30代から数年間に渡ってニート生活を送っていました。 元々人生に対して前向きでなく、学生時代も学校をサボってばかりいた私がニートから脱出するのはとても苦労をしました。 今回はそんな私がニート生活か …

結婚が一番の動機だった!37歳無職からサービス業の正社員に就職できた話

オススメの資格であったり履歴書の書き方であったり面接の受け答えの方法であったり、そういったこともちろん大切でした。 しかし、私はもっと気持ち的な部分も大切だったなと、当時の自らの就活経験を振り返って思 …

「就職が決まらない」が一転!34歳女性が転職エージェントで正社員として再就職できた話

女子大学を卒業し新卒でフィットネスクラブに就職をしました。 サービス業なので変則シフトの週休2日制。 営業時間の短い7時~23時位までの店舗は基本的に2交代制。 24時間営業の店舗は3交代制と言う勤務 …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

私は現在32歳の女性です。 今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。 今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。 …