ニートの就職体験談

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

投稿日:2017年5月19日 更新日:

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。

しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。

就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての採用でした。

しかし、私の中では大学を卒業したにもかかわらず、飲食業で社会に一歩踏み出すというのは気持ちが整理できず、結局辞退をすることにしました。

その後、アルバイトをすることもなく家の手伝いをしているうちに、大学卒業から4年の歳月が過ぎてしまいました。

そんな自分のやりたい仕事が見つけられらなかった私が、どのようにして26歳無職職歴なし状態から住宅販売業の正社員になったのかをご紹介したいと思います。

22歳で大学卒業後、職歴なしニートへ突入

大学に進学したのは、なんとなく友人や周りの大人たちに背中を押されるような形でした。

そのため、学部も特に興味があったところを受験したということではなく、なんとなく自分が違うなと思ったところを省いていき、いわゆる消去法で決めたようなものでした。

ある程度大学ライフは満喫しました。

アルバイトとしてプールの監視員をしたり、リゾートバイトを経験するなど、体を動かすことが好きだったので、おのずと運動に関わる仕事についていました。

そんな私も大学4年には就職活動の岐路に立つこととなります。

周りがリクルートスーツに着替えて真剣な面持ちで面接会場に向かう傍ら、応募する企業さえ的が絞れずカレンダーはどんどんと進んでいきました。

気が付けば9月、大手企業はほとんど採用活動を終えており、残っているのは中小企業が目立つ状況。

聞き覚えのない企業にやむなく面接を受けるも気持ちが乗らずに、そのまま面接落ちを繰り返す日々でした。

そして、進路が決まらないまま留年するお金もなく卒業をすることとなりました。

4年間の無職生活の後、就職サイトである求人を見つける

大学を卒業した後はとりあえず実家のある田舎に帰省することに。

大学時代は一人暮らしのお金で精いっぱいでろくに帰省をしていなかったので、両親は温かく迎えてくれました。

居心地の良い実家に居座ることで、より一層この生活に安定を感じ、仕事をすることにも意欲がなくなり4年という歳月が過ぎていきました。

さすがに、両親からも「何か仕事を見つけたらどうだ?」と声をかけられる始末。

それもそうだと思い、とりあえず就職サイトを閲覧することにしました。

26歳職歴なしニートがついに住宅販売の正社員として就職!

久しぶりに就活らしいことが始まった26歳。

なんとなく学生時代のような「時期が来たから就活をする」のではなく、マイペースで行える就活に以前とは違う高揚感を感じていました。

そして、1件の住宅展示場での常勤販売員の仕事を発見しました。

その頃の私は実家にずっといたことで、おのずと家の大切さや快適さにこだわりを持つようになり、住宅に興味が湧くようになっていました。

とにかく初めて興味がわいた仕事で、これまで思い浮かばなかった志望動機が自然と出てきて、無事に住宅販売の正社員として内定を獲得することができました。

まとめ

職歴がないことは仕事を選ぶ上では確かにハンデかもしれません。

しかし、人生で仕事は1つしかできません。

だからこそ貴重な仕事場は時間をかけてでも、丁寧に納得いくまで探すことが大切だとおもいます。

世間は関係ありません。

自分の人生は自分で彩っていくほうが楽しく、生きがいも湧いてくることでしょう。

ぜひ、職歴がないことに後ろめたさを感じることなく、目標をもって就職活動をしてみてください。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

協調性と真面目さが大事!25歳無職からIT企業の正社員に就職することができるまで

私は現在30代前半の男性です。 ここでは、25歳当時無職だった私がIT技術者として就職できた経緯をお話ししたいと思います。 過去私がなぜ無職になってしまったのか、そして私がどのようにして正社員として就 …

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。 目次危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職ノープラン、されど、やりたいことはあるぼちぼち就職活動…諦めかけたその時、ハローワークで1件の …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

21歳で退職し2年のブランクを経て23歳で大手企業、営業事務の正社員として再就職した話

私は49歳の女性で、現在の仕事はフリーライターです。 私が無職から正社員になったのはかなり前のことです。 私が通っていた高校は進学校でしたが、経済的理由などから進学を諦め、地元の企業に就職しました。 …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …