ニートの就職体験談

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

投稿日:2019年10月28日 更新日:

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。

大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ

私は地方出身の女性ですが、22歳で東京の大学を卒業後、日本橋の中小企業に就職しました。2011年当時はリーマンショックの数年後ということもあり、就職活動がとにかく厳しかったのを覚えています。

50社以上に書類選考で落とされ、世間一般でない定式を行う10月のぎりぎり手前、9月中旬にようやく内定がもらえました。

正直、最初の数年で会社とのミスマッチは感じていたのですが、あの就職活動を経て得た仕事なのだから、頑張らなくてはと無理をしていました。

また、会社を辞めて次の仕事が見つかるかどうかの自信もありませんでした。当時勤めていた会社は外資系の社風で実力主義なところがあり、成果を出さないと職場にいづらくなる雰囲気がありました。

会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ

職を失う恐怖感からなんとか仕事を続けていたのですが、入社から2年後にうつ病を発症しました。それでも、安定剤を処方してもらいながら勤務していたのですが、ある日会議中に息苦しさを感じてトイレに行ったあと、パニック障害で倒れてしまいました。

社員が全員集まる会議の日に倒れてしまったことで、流石にもう職場に持病を隠し続けることが不可能になりました。うつ病だと報告したら、もうこの職場にはいられなくなるとわかっていたのですが、これ以上は身体が持たないと思い、翌日に退職しました。

退職後は地方の実家に戻り、一年ほど療養していました。退職直後は、一時的に職場のストレスから解放されたこと、もう後ろめたい気持ちで出勤しなくてもいいことに安堵していました。

しかし、自分が無職になったという現状から徐々に気持ちが冷めていき、将来に対する不安が押し寄せる日々が始まりました。メンタルクリニックの先生からは、無理をしないように言われていましたし、実際すぐに働ける状態ではなかったので、家でゆっくり家族と話したり、テレビを見たりして過ごしていました。

ですが、夜寝る前に独りになると、「この無職の状態は、いつまで続くのだろう」「この先の人生こんなことでやっていけるのだろうか」という不安がむくむくと心の中を占領し、怖くて泣いたり、いっそのこと死んでしまおうかと思ったこともありました。

そんなときは家族に不安な気持ちを話したり、メンタルクリニックのカウンセリングを利用したりして、ネガティブな気持ちが自分の中にずっととどまらないようにしていました。

一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート

療養から一年ほどたつと、わたしの状態は大分回復して来ました。社会復帰の第一歩として、まずはアルバイトから初めてみたら?という担当医のアドバイスもあり、インターネットで仕事探しを始めました。

サイトはリクナビNEXTマイナビでした。選ぶポイントとして、パートから正社員になる可能性があるところ、家から職場が近いことを基準に会社を選びました。

一年ぶりの社会復帰に怖い気持ちもありましたが、ここで一歩を踏み出さなければもっと遅れてしまう、きっとわたしにあった会社がある、と信じて、就職活動を再開しました。

10社ほど面接を受け、海外から雑貨を輸入している会社の事務として採用してもらえることとなり、週3日から勤務をスタートしました。

仕事を始めると、以前の職場のストレスがフラッシュバックしたり、また仕事が出来なくなったらどうしようという気持ちもありましたが、それよりも仕事をしてお給与をいただく、ということへの達成感が強かったです。

素の自分を受け入れてくれる職場で、26歳で正社員になりました!

こちらの会社にはとても気に入って頂き、また職場の人間関係もよく、持病についてもすんなりと自然に打ち明けることが出来ました。

勤務も週3日から週5日になり、ついには26歳のときに正社員として雇用していただけることとなりました。

無職の時間は孤独でつらかったですが、自分の性質を見つめ直す上で必要な時間だったのだと思います。

まとめ

無職で仕事がない、という時間は孤独でつらいものです。自分が社会から取り残されているような感覚になります。ですが、そんな自分にもきっとできる仕事がある、受け入れてくれる会社があると信じることが大切だと思います。

何事もやってみなければわからないように、意外とやってみたら、簡単に出来たということもあると思います。

不安で動けないでいるよりも、とりあえず行動してくことで解消される不安もあります。あの時、あきらめずに行動して本当によかったと思っています。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

20歳職歴なし対人恐怖症だった私が初めてコンビニ店員に就職した話

私は現在33歳の主婦です。 今回は、私が高校卒業してから2年間ニート生活を経験した後、コンビニ店員として働くようになった体験談をお話したいと思います。 目次不登校、イジメがキッカケで対人恐怖症に対人恐 …

高校中退から27歳でニートを脱出。職歴なしから就職をして統括マネージャーになるまで

私は40歳の男性です。 私は、高校を中退してからニート生活を続けていました。 ニートと言っても一口では語ることはできません。 一人一人にそれぞれの事情があるはずです。 私の場合は「うつ病」でした。 目 …

親友の結婚式にニートじゃ恥ずかしい。26歳無職だった私が経理職の正社員に就職した話

私は現在30代既婚の主婦です。 26歳の時にニートから経理職の正社員として就職したお話をしようと思います。 当時はまさか自分が無職ニートになるなんて考えてもいませんでした。 また無職というと楽をしてい …

なんとなく入った会社はブラック。3年間の引きこもりと簿記取得を経て26歳でIT会社の経理として再就職!

私は現在40代の男性です。 高校大学と音楽活動にすべてを捧げて、勉強をほとんどしてこなかったので、大学卒業が近くなり、周りの友達が就職活動を始めていた時期でさえも毎日、一人で酒を飲む日々を過ごしていま …

ハローワークのプログラミング職業訓練に通い、28歳無職からプログラマーとして正社員就職できるまでの軌跡

新卒就職に失敗した私は大学卒業後、フリーターとしてアルバイトをはじめた。 それは夜勤の棚卸し作業や商品陳列です。 作業内容は単純で簡単なものだが、夜勤に慣れることができず体調不良がつづく。その後2年半 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。 その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思いま …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次バンドマンから無職になるまで既卒向け就職支援サ …