ニートの就職体験談

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

投稿日:2017年10月16日 更新日:

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。

大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。

しかし、大学を卒業してすぐに新卒で入社を決めた会社を辞めてしまい、私は22歳で無職になりました。

22歳から4年間の無職期間と就職活動を経て、無事、26歳で事務職に正社員として就職することができました。

26歳で無職という現状に焦りを感じる人は多いと思います。私もそうでした。

でも諦めず就職活動を続ければ、私のようなケースもあるという参考にしていただけると嬉しいです。

22歳、大学卒業とほぼ同時に無職へ

新卒で入社した会社は、勤務地が地元近辺だったことが選んだ決め手でした。

しかし、いざ働くことになると急に地方での長期の研修を命じられ引っ越しに納得がいかず辞めてしまいました。今思えば、若気の至りだったと思います。

新卒の年齢で無職になって最初のうちはそれほど危機感がありませんでした。

大学生の時とそれほど変わらない日常に思え、のんきに過ごしていました。学生気分が抜けなかったのです。

しかし、やっと重い腰を上げアルバイトを探すと気持ちに変化があらわれました。

それまで経験したことのあるアルバイトは接客だけだったので、まず飲食店の接客の求人を探すことにしました。

そこで、店舗の様子を見に行くと急に不安に襲われたのです。なぜなら働いているアルバイトがみんな学生に見えたからです。

実際に学生が多かったと思いますが、もしかしたらフリーターや主婦、社員もいたかもしれません。

ですが当時の私の目にそう見えてしまったのは、無職の自分に対してコンプレックスが芽生えたからだと思います。

自分がもう「学生さん」という身分でないと思い知らされたような気持ちになりました。

派遣で仕事がもらえず、意を決して正社員の就職活動へ

学生が多い職場はやめよう、そう思い事務職の派遣会社に登録に行くことにしました。

何社か登録に行きましたが、結局仕事を紹介されることはありませんでした

社会人経験もなく、事務職も未経験ではきっと厳しかったのでしょう。

接客やコールセンターなど幅広い職種に応募すれば、また違ったかもしれません。

ですが当時の私は、学生時代からもともと希望していた事務職にこだわっていました。

そうしているうちに、あっという間に時間が経って貯金が減り苦しくなっていきました。

派遣で仕事がもらえるほど経験がないのならやはり正社員になりたいそう思い正社員の就職活動を始めることにしました。

新卒から数年経ってしまったけれど、なんとか20代のうちに就職したいと思いました。

「人生で今より若い日はないよ」という友人の言葉が励みになりました。

諦めず面接を受け続け、ついに26歳無職から正社員として就職!

転職活動は主に、リクナビNEXTで仕事を探しました。

何社も受け、面接では厳しいことを言われた日もありました。

「何か勉強でもしたら?」という言葉は印象的でした。

就職活動をしようと思い立ってから、やみくもに受けていたので、そのアドバイスは胸に響くものがありました。

その時の自分は年齢に対する焦りがあり、少しでも若いうちにと思って就職活動を続けていました。

しかし、なかなか採用されず事務職以外にも営業職を受けたり、契約社員の求人に応募したり範囲を広げました。

そんな中、リクナビNEXTでとある正社員の事務職の求人を目にして応募してみました。

給料は周辺の相場よりかなり低く休日も少ないという条件のものでしたが、まずは社会人経験を積みたくて面接を受けました。

結果は、不採用でした。

多少の手応えを感じたのがそこだけだったので、もう諦めてしまおうかと思いました。

しかし1ヶ月後、繰上げで採用の連絡がきたのです。

先に採用になった人が辞めたため、補欠合格という形でした。

仕事は大変でしたが、社会人経験ができたことは自分にとって大きな自信になりました。

まとめ

無職からの就職活動で大切なのは、諦めずにまず行動することだと思います。

もちろん勉強と並行できたらより良いでしょう。

様子を見て、職種や就業形態の幅を広げれば可能性も広がるかもしれません。

一定期間、社会人経験を積むためと割り切って給料や年間休日などの条件を下げるのも一つの手です。

そして色々な面接を受けると、面接官によって好みや相性が違うこともわかります。

一箇所駄目でも、別の場所があるはずです。

また、グループ面接や待ち時間で他の就活生の身だしなみや発言内容などを知ると勉強になることもあります。

女性の場合、新卒でないなら暗めに髪を染めたりスタイリッシュなスーツを着ている方も多いです。

落ちてもくじけず、練習のつもりで受けてみることで未来への道が開けると思います。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30歳でコンビニバイトを辞め無職になった私が製線会社に就職することになるまで

私は現在32歳の男です。 二年前の30歳の時、私は勤めていたコンビニエンスストアの建て替えの影響で無職となりました。 それから無職の期間を経て正社員になったので、その経緯をお話ししたいと思います。 目 …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …