ニートの就職体験談

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

投稿日:

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。

仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日と祝日でとても充実した休みは得られていました。

でも、介護の施設はほぼ女性ばかりの会社で尚且つ、施設で働いていた人の半分が施設に通っていた利用者さんの家族でした。

そのために働きにくさを感じつつも、私自身介護の仕事は大好きだったので続けていました。でも、小さい会社ならではの欠点につまずくことになりました。

プライベートに口を出される介護の仕事に嫌気がさし、退職を決意

それは、プライベートまで口を入れられることがありました。仕事終わってからの行動に注意を受けたりして、仕事終わってから外を出歩くことすらやりにくい職場でした。

なぜプライベートまで口を出させるのかというと、町に利用者さんの家族の人がいてその人たちにどう思われるのかなどを気にするような会社でした。

でも、私自身、外に出てやってはいけないことや会社に迷惑かけるようなことはしていませんでした。なのにこういう人とは付き合ってはいけないとか、仕事終わってから遊びに出てはいけないとか言われていました。

仕事のことで注意を受けたりするのは受け入れますが、プライベートのことまで言われることに関してはどうしても納得いかないなと思うようになりました。

その事がずっと続いて、生活するのがしにくくなってきたことや施設に家族の人が働いているというやりにくさから仕事をやめる決意をしました。

無職になり毎日ダラダラ生活

実際に仕事をやめてしまってからはようやくプライベートを干渉させることから解放された喜びと、仕事に疲れてしまっていたのでゆっくり休める嬉しさがありました。

仕事をやめてからというもの、毎日だらだらとした生活を送っていました。でも、そんな生活を続けていると楽しい反面とにかく貯金はなくなるし、贅沢もしていられなくなりました。

普通の生活すら出来なくなりそうだなと思ったため、早く仕事を探さないといけないなと思い就職活動をしようと思ったのが26歳になった時でした。その時始めに仕事探しとして活用したのがハローワークでした。

ハローワークで見つけた不動産の営業事務に採用される

私は出来るだけ家から近いところで転勤のない会社が良かったので、地元就職に強いハローワークを選びました。ハローワークでは、まだ20代半ばなので間働いてない期間があっても再就職出来ると言われて早く仕事が決まるように一生懸命探しました。

そこで選んだのが介護の仕事からは離れて不動産の営業事務の仕事でした。

何も知識のないところに入り込もうと思ったのは、かつてアパートで暮らしたときに不動産屋さんの対応が良かったことや、自分自身親切にしてもらえたことがとても心に残っていたので私もお客さんのためにお手伝い出来たらいいなと思っていたこともあって不動産の営業事務の会社を受けることにしました。

そうするとすぐに内定をいただいて仕事をすることが出来ました。

仕事に対する熱意を面接でぶつけて再就職できた

無職から就活をするにあたり、仕事をしてない間のことを聞かれたりすることもあります。でも、しっかりとした理由を話せたり、仕事に対する熱意を伝えれば相手に伝わって再就職をすることが出来るのかなと思いました。

そして、アルバイトでも前職の経験を生かしてどのような会社でどんなことがしたいという気持ちがあると、よりいっそう面接で強い気持ちをぶつけることが出来るのかなと思いました。

無職だったからなかなか採用されないのではないのかなと心配になってしまうこともあるかもしれません。

でも、そのマイナスな気持ちは相手の会社に伝わってしまうので出来るだけ前向きな姿勢で就活に励むことが大切です。

仕事をしていく上でやる気がない人よりある人の方がどんどん伸びていくし、会社の人もそういうところは見分けることが出来ます。なので、マイナスな考え方を捨て去ってから面接などに挑戦することが大切なのかなと思いました。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にするハローワ …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

タイミングはきっとくる!24歳で新卒で入った銀行を退職して団体職員に再就職できた話

現在無職の37歳女性です。 新卒で入った銀行をわずか1年で辞め、翌月には団体職員として再就職。 勤続7年で寿退社し、現在は子育てに専念しています。 苦労して入った銀行を辞めた経緯と、次の就職先を見つけ …

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

人間関係が原因で退職後、33歳のニートが就職して介護職員になるまで

ニートから脱出して就職したいと考えている方は多いかもしれません。 私は人間関係が原因で退職後ニートを経て、33歳で介護職員として再就職しました。 私はニート脱出後、今ではバリバリ働いて人生を楽しく送っ …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …