ニートの就職体験談

うつ病で退職後、26歳無職から眼鏡屋さんの正社員に再就職できるまで

投稿日:2019年1月10日 更新日:

私は現在20代の主婦で、眼鏡屋さんで販売員として働いています。

新卒でシステムエンジニアとして派遣会社に入社しました。

派遣先は、深夜でも仕事の電話がかかってきて、時間を気にせず、家でも仕事をする毎日。

通勤時間は1時間以上もかかり、毎朝満員電車に揺られて通勤していました。

睡眠時間もしっかりと確保できず、休日でも電話がくれば対応しなくてはなりませんでした。

そのため、就職して2年、24歳の頃にうつ病と診断され、退職しました。

退職してから家に引きこもる毎日

退職し、実家のある東北へ帰りました。

田舎である実家では、あの家の娘が帰ってきた、とすぐに噂になります。

言葉では優しくしてくれる家族も、自分たちの育て方が悪かったのではないかと気にしていましたし、親戚に伝えるかどうかを迷っていたりと、周囲の視線が気になるようでした。

自宅で療養するために帰ってきたのに、精神的には休まらない日々でした。

睡眠時間もしっかりとれますし、食事も規則正しい時間に食べることができましたが、それ以上に家にいる日中がとても辛いものでした。

これまで仕事に追われてきた毎日だったので、急に何もすることがなくなると、何をしていいのかまったく分からなくなります。

趣味だった楽器も手につかず、友人もみな仕事をしているので予定も合わず、家に一人で引きこもっていました。

再就職を決めたきっかけは、かわいい妹のため

妹が大学に進学することになり、一人暮らしをはじめました。

大学生活は、彼女にとってとても楽しかったようで、今日あった出来事などを嬉しそうに話してくれました。

一人暮らしをはじめると、困ることもたくさんあります。

そんな時に私を頼ってくれる妹の存在がとてもありがたかったです。

妹も私に気をつかってくれていたのでしょうが、それでも嬉しそうになんでも話してくれるのが本当に嬉しかったのです。

仕事をしているときも、誰かの役に立つならと、仕事を断らず、なんでもしていました。

そのせいでこうなってしまったのですが、それとは違う、「人の役に立つ」ことの嬉しさがありました。

このかわいい妹のために、たまにはお小遣いをあげたり、お洋服を買ってあげたりしたいですし、いつまでも両親のお世話になっているわけにもいきません。

このとき、退職し家に引きこもって2年が経とうとしていました。

その頃に再就職を決めました。

引きこもりから約3年目、眼鏡屋さんへの就職が決まる

ハローワークに通い、職を探しましたが、探した次の日は体調を崩す毎日が続きました。

ハローワークの職員さんとも相談し、なんとか面接を受けるところまでは進むことができました。

病気があっても、職員の方々は理解してくれましたし、励ましてくれました。

しかし、やっと面接までこぎつけても、前の仕事をやめた理由を深く聞かれ、正直に答えると苦い顔をされました。

この病気であることの理解は、まだまだ進んでいないことを感じました。

いくつか面接を受け、今の就職先、眼鏡屋さんへの就職が決まりました。

引きこもってから2年が経ち、3年目へうつろうとしているときでした。

その就職先では、前の仕事をやめた理由を話しても、無理をしないで働いてね、と優しく声をかけてもらえました。

無職の時に大事なことは、少しでも外に慣れること

無職であることで、自分の自信というものは無くなってくるものです。

周囲の視線も気になりますし、何かをしようとしても体が思うように動きません。

しかし、そんな自分に自信をなくさないでほしいと思います。

家族であったり、友人であったり、自分のちょっとした自慢できることであったり、それを大切にしてほしいと思います。

また、ほんの少しでも外に出てみること。

洗濯を干すのでもいいですし、窓を開けて外を眺めるだけでもいいんです。

家にいることに慣れてしまうと、外に出て少し動くだけで体も疲れてしまいます。

少しでも外に慣れてみてください。

まとめ

無職でいることは、辛いこともたくさんあります。

しかし、少しでも、ゆっくりでも、自分のペースで、自分の望む人生をかなえるために、前に進んでいってくださいね。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

ブラック塾講師バイトを辞めて無職に…それでも27歳でホワイト企業に正社員として就職できました!

私は27歳でホワイト企業の一般事務として正社員採用されました。ですが前職はブラックバイトで塾講師をしていました…。 今回はそんな私が無職になるきっかけ、無職の間の暗い生活、そんな中で活路を見出した求職 …

大病を患い大学中退後、26歳職歴なし無資格の私が介護職員として就職できるまで

私は大学生活6年目で大病を患ってしまい、そこから退学という選択をしました。 当時26歳の男性です。 最終的には介護施設に入社することが出来ました。 ここでは、入社が決まるまでに何度も面接を落とされてし …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

23歳でパニック障害を発症し退職。25歳無職だった私が友達の結婚式をきっかけに就職できた奇跡!

私は高校を卒業してすぐ、地方から上京し大手の食品工場に就職しました。 23歳まで製造の仕事に携わり、ライン作業や包装業務など、あまり得意な仕事分野ではない職場に就職した事を疑問に思いながらも頑張って勤 …

24歳で東京の大学を中退、東北に職場を絞って28歳無職から製造業に就職成功しました!

私は29歳の男性で今は製造業の正社員です。そんな私も28歳までは無職でした。 私は東京都内にある有名大学に現役で合格し、華々しい大学生活を送るはずでした。 しかし、燃え尽き症候群のような症状に陥り、大 …

美容商品営業を退職し30歳無職からシステムエンジニアとして就職できました

わたしは37歳、関西在住の男性です。 現在はシステムエンジニアとして働いています。 30歳で正社員となれましたが、それまでの経緯を記載させて頂きます。 目次大学を卒業後、美容商品を扱う営業に就職体調を …

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …