ニートの就職体験談

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

投稿日:

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。

私は就職してから約4年、26歳で退職しました。

そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。その事を経緯を追ってお話ししたいと思います。

私は22歳で大学を卒業した後、某大学病院の総合事務職に就きました。事務といえど相当な量の仕事があり、毎日残業の日々でした。そんな日々が続くと心身共に疲れ果て、ついに仕事が出来なくなってしまう程追い込まれてしまいました。

そして退職願を提出し、26歳で無職になってしまいました。無職になってからは日々の時間も長く感じ、思い悩んでばかりいました。

2冊のノートが行動を変えた!「自分と向かい合う」ことの大切さ

あの時、時間があって悩み、勉強し、調べたりしたから今の自分がある。今ではそう思います。時間が出来てからまず行なった事は「自分と向かい合う」事でした。

まず私は2冊ノートを購入し、「悩みノート」を書くノート、「将来像、欲しい物等を書くノート」を用意しました。思っている事を視覚として捉える事によってより鮮明に自分と向き合う事が出来たと思います。

そうする事によって徐々に「嫌な自分、なりたい自分像」明確にでき、そして行動を起こすに至りました。

アルバイト生活から国家資格を得て、定職への決断

無職になってからは貯金を切り崩しながら生活していたのでそろそろ貯金も尽き、生活費を稼ぐ為にまずはアルバイトを始めました。それは中古買取専門の某本屋です。

このアルバイトを選んだのには理由があります。それは「本から知識を得よう」と考えており、いち早くどんな本があるか働きながら知るという目的がありました。

特に注意しながら本の並び替え等を行なっていたジャンルの本は「自己啓発」「資格関連の本」を注意深く気にしながら題名等を見ていました。業務が終わると気になった本を買って帰る。そういう生活を半年続けていました。

そこで一番役に立った、今の自分になる本が「全資格が記載されている本」でした。民間資格から国家資格まで網羅しており、隅々まで見ました。

私は病院に就職していたので、特に医療関連の資格には興味を持っていました。病院は有資格者のるつぼだったからです。

それからアルバイトを辞め、ある2つの資格に興味を持ちましたが、それは専門学校に3年間通わないと受験資格を得ることが出来ない資格でありました。

しかし、どうしても「この仕事をやりたい、なりない」と強い意志が芽生えアルバイトを辞めて専門学校を受験する為の勉強時間に充てる事にしました。

それから無事に専門学校へ合格し、国家資格も得て31歳になって再度また病院に就職する事になったのです。

3年病院勤めをして、知識と技術を磨き、今ではより多くの収入を得る為に独立開業し、独立してから5年経過しています。

無職になって逆に良かったと思えた

今現在では無職になって逆に良かったと思っていますし、今でもたまにあの時の事を思い出します。思い出すという事は辛い反面、これからの自分を見直すいい機会だったと思えています。

無職になり悩みぬき、考え、様々な人に相談し、そして行動する。自分と向き合う事で自分を丸裸にしてから将来像を描く。

その為には何段階も乗り越えないといけませんが、乗り越えたからこそ今の自分は誇らしいと胸を張って言う事が出来ます。もちろん仕事内容もそうです。

無職の方に私が最も言いたい事は「とことん自分と向き合う事」です。それは年齢は関係ないと思いますし、仕事をしている今現在も私は前述したノート、「これからやりたい事」と「今でもダメな自分」とタイトルをつけて書いたりはしています。箇条書きですが。

それを行わない事には成長は止まってしまい、当然「ただ単に仕事をする」だけになると思います。まずは己を知る事から始めたら道は開けると思います。

「職に就きたい」とただ思うだけではまた辞める、そしてまた就職する、辞めるの繰り返しだと思います。ノートはそうならない為の手段です。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

私は27歳男性、以前は無職でしたが晴れてデバッグサービスの仕事に就くことができました。 私は高校卒業後、専門学校へと進学しました。しかし、特に何をしたいということもなく、気が向くままに生活していたせい …

25歳職歴無しの引きこもり女が工場のパートとして就職するまで

私は、25歳の女です。 この度、工場でのパートとして社会復帰する事ができました。 私は昔から引きこもりで、社会経験も根性もなく、おまけに人間関係にすぐ疲れてしまうという、成人としては酷すぎるタイプの人 …

タイミングはきっとくる!24歳で新卒で入った銀行を退職して団体職員に再就職できた話

現在無職の37歳女性です。 新卒で入った銀行をわずか1年で辞め、翌月には団体職員として再就職。 勤続7年で寿退社し、現在は子育てに専念しています。 苦労して入った銀行を辞めた経緯と、次の就職先を見つけ …

超ブラック消費者金融の外交員を27歳で退職し、運送系営業の管理職に再就職するまで

私は現在39歳男性で運送業の営業職(管理職)として仕事についております。 私が現在の職につくまでの間に一度転職を経験しております。 目次超ブラックだった消費者金融の取り立て係実家に戻りだらけつつ、トラ …

虚しかった28歳無職から大手中古車販売会社に就職し、営業成績トップ3まで上り詰めるまでの道のり

私は現在、海外を拠点にしてIT関連の個人事業主をしていますが、28歳の時、会社からリストラされ無職になりました。 その後、失意の中で就職活動をし、そこそこ大きな中古車販売会社の販売営業職に正社員として …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

高校中退して入った会社を廃業退職後、42歳でベンチャー企業の営業職に再就職できた話

16歳で高校中退した私に、たまたま応募した会社の社長が教えてくれた社会人のルール。 それだけが武器でした。 学歴なしで資格は普通免許だけ。 そんな私が42歳で再就職できました。 目次高校中退後自分の居 …

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。 しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業 …