ニートの就職体験談

27歳でうつ病退職し1年後、職業指導員として再就職できた話

投稿日:2017年10月3日 更新日:

新卒で入社した会社で3年目のときにパワハラでうつ病になりました。

うつ病で1年半休職し、退職して1年後に正社員で大手企業の子会社に就職することができました。

今も通院中ですが、うつ真っ只中のときは働く自分を想像できなかったので、自分の体験談が同じような方への光になればと思います。

上司が変わってからの憂鬱な毎日

3年目に上司が変わり、叩かれたり罵られたりする日々が始まりました。

営業職でストレスを感じる生活が続いていた中で、パワハラがうつ病の引き金になりました。

元から残業が多く、休みも返上で働いていたのですが、それでも上司に「なんのために来てるんだ」などを1日に何度も言われ、心が折れてしまいました。

ノルマを達成していてもきつい言葉が多く「あんたは休みないから」と言われ、友人の結婚式にも出られず…

半年ほどで常に憂鬱さや、意欲のなさと闘う日々を送るようになりました。

朝も起きられないようになり、そのまま会社に行けない状態になり、うつ病と診断されて休職しました。

働かなくても傷病手当金などを受け取っている自分が許せない。

でも医者から「今は休んでください」と言われる。

自分が寝て休んでいる間も働いている人がいる。

そんな現実が辛くて、現状を受け入れられないまま、期間満了で退社することになりました。

社会福祉の夜間専門学校へ入学する

生産性のない日々が続いて、このままではいけない、でも仕事はできない…そんな日々の中で夜間の専門学校に行こうと思いつきました。

医者に聞いたら「無理しない範囲なら良い」ということだったので、社会福祉士のための専門学校に行こうと考えました。

たまたま定員割れということで、ぎりぎり入学できました。

夜間の専門学校は想像通り、お昼に仕事をしながら通う方が多く、20代でしかも無職の私は1人異色でした。

それでも、福祉職ということもあってか、暖かく迎えてもらえました。

学校があるので少しずつ生活リズムも整い、人と接することで少しずつ社会復帰できているなと感じました。

国家試験に向けての勉強はもちろん、社会福祉士には1か月の実習がありましたが、入学するまで知らなかったので困りました。

1年半休職して、無職で福祉の仕事経験もない私が実習?と不安になりました。

実際は専門学校の先生と施設の方の配慮があり、1か月の実習を乗り越えられました。

そして、自分にとっての自信になりました。

実習なのでもちろん報酬が0円ということもあり、自分のペースで取り組めました。

また、実務を経験することで社会復帰への良い足がかりになりました。

学校は3分の1ほど休みましたが、単位は無事にとれたので国家試験も受験できました。

うつ病の私でも就職できました

実習中に転職サイトに登録しましたが、もちろん「無職」なので本当に仕事が見つかるか不安でした。

しかし、実際は職業指導員として大手企業のグループ会社の正社員として就職できました。

1社受けて1社目で決まりました。(資格とは無関係での採用でした。)

実習先からもオファーが来ましたが、遠かったのでお断りしました。

採用された際も実習の際も、自分がうつ病であることや現在も治療中であることを伝えていました。

色々あり今はまた無職からの転職活動をしていますが、うつを通して自分の考え方が柔軟になったと実感しています。

これからも付き合っていかないといけないですが、うつ病になることで出会った人もたくさんいます。

何より、周りに優しく接することができるようになったと思います。

今度ももちろん正社員で仕事を探していて、できたらオープンで就職しようと思います。

真面目で几帳面すぎる私とうつ病の私は表裏一体だと考えているからです。

まずは転職サイトに登録するだけでもいいので、少しずつステップアップすることが大切です。無職からでも正社員になれます。

うつ病の人でも大丈夫だと、私は身をもってお伝えできます。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

26歳無職がイラレとフォトショに出会い、27歳で広告会社のデザイナー(正社員)に就職できました

私は26歳で広告会社に正社員として入社することが出来ました。主な仕事は広告やポスターのデザインをする事です。 この仕事に就くことによって毎日を楽しく有意義に過ごしております。 どうやって正社員に就くこ …

24歳で東京の大学を中退、東北に職場を絞って28歳無職から製造業に就職成功しました!

私は29歳の男性で今は製造業の正社員です。そんな私も28歳までは無職でした。 私は東京都内にある有名大学に現役で合格し、華々しい大学生活を送るはずでした。 しかし、燃え尽き症候群のような症状に陥り、大 …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

2年留年&内定取消し危機!25歳職歴なしで工場総務課に就職できた話

私は現在40歳の男性で、事務職に勤務している者です。 ここでは、私が25歳職歴なしで乳酸菌飲料子会社の工場総務課へ就職できた体験談を話したいと思います。 目次2年留年し24歳で大学を卒業後、無職にな …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

病気で退職後、32歳ニートだった私が運送ドライバーとして就職するまでの道のり

私は30代から数年間に渡ってニート生活を送っていました。 元々人生に対して前向きでなく、学生時代も学校をサボってばかりいた私がニートから脱出するのはとても苦労をしました。 今回はそんな私がニート生活か …

一度は心が折れた私が、27歳で無職からソフトウェア制作会社に再就職できるまで

私は現在35歳の男性です。 現在の仕事はソフトウェアの制作業で、職種はエンジニアとして働いています。 私は24歳から26歳までの空白の期間、つまり無職の状態から その後27歳で再就職することになった、 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …