ニートの就職体験談

一度は心が折れた私が、27歳で無職からソフトウェア制作会社に再就職できるまで

投稿日:2019年1月10日 更新日:

私は現在35歳の男性です。

現在の仕事はソフトウェアの制作業で、職種はエンジニアとして働いています。

私は24歳から26歳までの空白の期間、つまり無職の状態から

その後27歳で再就職することになった、いきさつと経緯を参考に私の経験をお話しさせて頂きます。

新卒で入社したシステム開発会社で精神を壊し、24歳で退職

私は大学卒業後、新卒でとある中小企業に就職しました。

元々システムエンジニアを目指していた私は、希望通りにシステム開発会社に就職することができました。

入社早々、多忙なプロジェクトの開発要員として配属された私は、社会人一年目、そしてエンジニア一年目として

右も左もわからない状態すら毎日、戸惑いつつも仕事をしていました。

最初に関わった開発案件はかなり、忙しいプロジェクトでした。

私のような新人が役にたつのかと思いつつも自分なりには、必死についていきました。

勤務時間も毎日12時間を超えてあり、家には寝に帰るだけでした。

時には会社に泊まり込むこともありました。

そんな忙しい日々の中、私にとってよくなかったことがありました。

それは私のことを直接指導する先輩上司の方でした。

最初から、かなり厳しい言葉や駄目だしをされたことと、多忙な業務と長時間労働によって体力的にも精神的にも私は追いやられていったのです。

そのうち、会社に行くのも足がすくむようになり、通えなくなったのです。

自分でも信じられないのですが、脚が震え、吐き気や頭痛などの症状が出るようになったのです。

先輩からの言葉の暴力により、私の心は壊れてしまったのです。

そのせいで、入社から一年たたずして退職せざるをえない状況となったのです。

私の意識が低かったのか入った会社がたまたま悪かったのかはわかりませんが、仕事をする気もなくなってしまいました。

その後、私は無気力になってしまい、実家に帰ることになりました。

この時24歳でした。

実家に帰っても私の精神面は一向によくなることもなく、それから二年の月日が過ぎました。

就活を始めたきっかけは教習所の指導員からの質問

24~26歳という、人生で最も良い時期を精神的事情により棒に振ってしまった私にとって

この空白の約二年半というのは、何もない時期であり苦痛の時期でもありました。

時には生きていることさえも嫌になりました。

引きこもり状態で親には、迷惑をかけていると実感していました。

なんとかしなければならないという、プレッシャーだけがありました。

そんな時に親が、せっかく時間があるのだから車の免許でも取得したらどうかと提案してきました。

とりあえず、何でもいいからチャレンジしてみるかと思った私は自動車の教習所に通うことになりました。

その時、教習中に指導員との会話の中で、「何やってるの?」と身の上話になったのですが

「その時に引きこもりで無職です。」と答える恥ずかしさとむなしさを感じた私は、これではいけないと

ついに立ち上がる決心をしたのです。

大学時代の先輩に誘われ、ソフトウェア制作会社を手伝うことに

そんなタイミングで、大学時代の三つ年上の先輩から久々に連絡があり、今の状況を話しました。

すると先輩は、「だったら仕事を手伝ってほしい」ということでした。

その先輩は、独立してソフトウェア制作会社を立ち上げたのです。

立ち上げたばかりの会社で人手が足りないということでした。

先輩は有無を言わさず、私を半ば強引に会社にいれました。

とりあえず、仕事をはじめた私ですが、先輩が私を作業に専念させるだけの仕事をしばらくさせたのです。

黙々と作業を続ける私が精神的に落ち着いたのは、それから三年後、30歳になった時でした。

まとめ

私は失われた時間を、30歳にしてやっと取り戻すことができました。

私を助けてくれたのは、「人」です。人との出会いが私を救ってくれました。

しかし、私を壊したのも「人」です。

結局、人間関係というものが良いにしろ、悪いにしろ人生には関係するんだと思いしりました。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

母が倒れて止むを得ず退職。そして26歳でニートから販売・接客業(アルバイト)に就職した話

私は現在、29歳で、去年可愛い我が子を出産した一児の母です。 現在は子育てに奮闘し、主婦をしていますが、再就職先で出逢った彼と結婚して今の幸せを手に入れました。 目次就職1年目で母が倒れ、退職死にたい …

人のためになる仕事がしたい!27歳で無職から障害児支援の福祉施設に初めて正社員として就職できるまで

社会学部の4年制大学を卒業した女です。これから大学を卒業してからフリーターとなり、正社員として働くまでの経緯を書きたいと思います。 大学を卒業する際に就職活動はしたものの、正社員として内定をもらうこと …

新卒入社した会社を1年でうつ病で辞めるも、職業訓練校でWEBデザインを学び再就職するまでの話

はじめまして。僕は新卒で就職した会社をうつ病で退職し、それから二年間ほどニートをやってました。 これからどうやってニートから脱出したのかをお話しさせていただければと思います。 目次新卒で入社後、ハラス …

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

24歳で東京の大学を中退、東北に職場を絞って28歳無職から製造業に就職成功しました!

私は29歳の男性で今は製造業の正社員です。そんな私も28歳までは無職でした。 私は東京都内にある有名大学に現役で合格し、華々しい大学生活を送るはずでした。 しかし、燃え尽き症候群のような症状に陥り、大 …

うつ病で退職後、26歳無職から眼鏡屋さんの正社員に再就職できるまで

私は現在20代の主婦で、眼鏡屋さんで販売員として働いています。 新卒でシステムエンジニアとして派遣会社に入社しました。 派遣先は、深夜でも仕事の電話がかかってきて、時間を気にせず、家でも仕事をする毎日 …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

ブラック塾講師バイトを辞めて無職に…それでも27歳でホワイト企業に正社員として就職できました!

私は27歳でホワイト企業の一般事務として正社員採用されました。ですが前職はブラックバイトで塾講師をしていました…。 今回はそんな私が無職になるきっかけ、無職の間の暗い生活、そんな中で活路を見出した求職 …