ニートの就職体験談

一度は心が折れた私が、27歳で無職からソフトウェア制作会社に再就職できるまで

投稿日:2019年1月10日 更新日:

私は現在35歳の男性です。

現在の仕事はソフトウェアの制作業で、職種はエンジニアとして働いています。

私は24歳から26歳までの空白の期間、つまり無職の状態から

その後27歳で再就職することになった、いきさつと経緯を参考に私の経験をお話しさせて頂きます。

新卒で入社したシステム開発会社で精神を壊し、24歳で退職

私は大学卒業後、新卒でとある中小企業に就職しました。

元々システムエンジニアを目指していた私は、希望通りにシステム開発会社に就職することができました。

入社早々、多忙なプロジェクトの開発要員として配属された私は、社会人一年目、そしてエンジニア一年目として

右も左もわからない状態すら毎日、戸惑いつつも仕事をしていました。

最初に関わった開発案件はかなり、忙しいプロジェクトでした。

私のような新人が役にたつのかと思いつつも自分なりには、必死についていきました。

勤務時間も毎日12時間を超えてあり、家には寝に帰るだけでした。

時には会社に泊まり込むこともありました。

そんな忙しい日々の中、私にとってよくなかったことがありました。

それは私のことを直接指導する先輩上司の方でした。

最初から、かなり厳しい言葉や駄目だしをされたことと、多忙な業務と長時間労働によって体力的にも精神的にも私は追いやられていったのです。

そのうち、会社に行くのも足がすくむようになり、通えなくなったのです。

自分でも信じられないのですが、脚が震え、吐き気や頭痛などの症状が出るようになったのです。

先輩からの言葉の暴力により、私の心は壊れてしまったのです。

そのせいで、入社から一年たたずして退職せざるをえない状況となったのです。

私の意識が低かったのか入った会社がたまたま悪かったのかはわかりませんが、仕事をする気もなくなってしまいました。

その後、私は無気力になってしまい、実家に帰ることになりました。

この時24歳でした。

実家に帰っても私の精神面は一向によくなることもなく、それから二年の月日が過ぎました。

就活を始めたきっかけは教習所の指導員からの質問

24~26歳という、人生で最も良い時期を精神的事情により棒に振ってしまった私にとって

この空白の約二年半というのは、何もない時期であり苦痛の時期でもありました。

時には生きていることさえも嫌になりました。

引きこもり状態で親には、迷惑をかけていると実感していました。

なんとかしなければならないという、プレッシャーだけがありました。

そんな時に親が、せっかく時間があるのだから車の免許でも取得したらどうかと提案してきました。

とりあえず、何でもいいからチャレンジしてみるかと思った私は自動車の教習所に通うことになりました。

その時、教習中に指導員との会話の中で、「何やってるの?」と身の上話になったのですが

「その時に引きこもりで無職です。」と答える恥ずかしさとむなしさを感じた私は、これではいけないと

ついに立ち上がる決心をしたのです。

大学時代の先輩に誘われ、ソフトウェア制作会社を手伝うことに

そんなタイミングで、大学時代の三つ年上の先輩から久々に連絡があり、今の状況を話しました。

すると先輩は、「だったら仕事を手伝ってほしい」ということでした。

その先輩は、独立してソフトウェア制作会社を立ち上げたのです。

立ち上げたばかりの会社で人手が足りないということでした。

先輩は有無を言わさず、私を半ば強引に会社にいれました。

とりあえず、仕事をはじめた私ですが、先輩が私を作業に専念させるだけの仕事をしばらくさせたのです。

黙々と作業を続ける私が精神的に落ち着いたのは、それから三年後、30歳になった時でした。

まとめ

私は失われた時間を、30歳にしてやっと取り戻すことができました。

私を助けてくれたのは、「人」です。人との出会いが私を救ってくれました。

しかし、私を壊したのも「人」です。

結局、人間関係というものが良いにしろ、悪いにしろ人生には関係するんだと思いしりました。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

母が倒れて止むを得ず退職。そして26歳でニートから販売・接客業(アルバイト)に就職した話

私は現在、29歳で、去年可愛い我が子を出産した一児の母です。 現在は子育てに奮闘し、主婦をしていますが、再就職先で出逢った彼と結婚して今の幸せを手に入れました。 目次就職1年目で母が倒れ、退職死にたい …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。 仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日 …

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …