ニートの就職体験談

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

投稿日:2019年10月16日 更新日:

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。

3年前までは無職のひきこもりニートでした。

そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。

会社のストレスから薬をオーバードーズ。突然の退職

私は無職になる前は、実家を出て県外で看護助手として精神科に勤めていました。

低い給料、人間関係患者さんからの暴言などのストレスで私の心はプツッと切れてしまい、頭痛薬を40錠ほどオーバードーズし、入院することになりました。

心が折れてしまった私は、自分自身で会社に連絡することもできなくなり、家族を通して退職の意を伝え、実家へ帰ることとなりました。

なにも出来ない日々

実家へ戻ってからは、なにも出来ない日々が続きました。

元々、被害妄想気味だった私はとても他人が怖くなり、外へ出ることも出来なくなりました。ひきこもり状態です。

働くことなどもちろん出来ません。

失業保険の手続きなどすれば良かったのですが、外に出ることもそんな気力もありませんでした。

家から出ることもなく、することといえばスマホでゲームをするくらいです。自分でも情けなく思いながら、そんな日々は続いていきました。

若者サポートステーションとの出会い

こんな日々がいつまで続くのだろう…私の将来はどうなってしまうのだろう…いつまで親に迷惑をかけ続けるのだろう…死んだ方がマシなのでは?なんてことを、毎日毎日考えていました。

死んでしまいたい、だけどそんな勇気もない、けれど社会復帰も出来ない。絶望感でいっぱいになりながらも、人生を諦めきれなかった私はひきこもり状態の人のための施設などがないか調べ始めます。

そこで出会ったのが「若者サポートステーション」です。

勇気の一歩。実際に若者サポートステーションを利用してみる

若者サポートステーションは15歳から39歳までを対象に無料で就職支援を行なっているところです。

「このままひきこもりで一生いるわけにはいかない!」

そう思った私は家族に相談し、若者サポートステーションの利用を開始しました。

まずは切手ボランティアから始めてみる

利用登録をすると、担当の方がつき面談をしてくださったり、ボランティアなどの体験活動をすることが出来ます。

私はまず、切手ボランティアに参加してみることにしました。

使用済み切手を綺麗にカットし選別するだけの、簡単なものです。

作業そのものは簡単ですが、ひきこもり状態の私にとっては、他人と一緒に過ごす時間が訓練になっていました。

自分でバス通学をしてみて自信を持ち始める

若者サポートステーションへ最初は家族に車で送迎してもらっていたのですが、通っているうちに、自分でバスで通学したいと思うようになりました。

最初はとても勇気がいりましたが、バス通学を続けていくうちにだんだんと人がいる環境にも慣れてきました。

自分一人で外に出ることが出来ている、ということが少し自信にもなりました。

介護の会社で5日間、実際に就職体験をしてみる

若者サポートステーションへ一人で通えるようになり、ある程度一人で行動出来るようになってきた私は、本格的に社会復帰を目指し始めます。

就職体験をしたのちに、会社と利用者とお互いの合意があれば、そのまま就職することが出来ることを知り、就職体験をしてみることにしました。

まずはどの会社で就職体験をするのか選びます。

悩みましたが、前職に近い介護の会社を選びました。

ジョブカフェやハローワークに登録をし、手続きを済ませて、5日間ほど実際に仕事を体験しました。

初日はかなり緊張しましたが、体験先の方々は優しく接してくださり、だんだん安心して過ごせるようになりました。

このままここで働いてみたいと思っていました。

就職体験後の面接!ついに社会復帰へ

就職体験の後に面接があります。そこで、そのまま就職となるか不採用となるか決まります。

面接の結果、会社側からはこのまま働いて欲しいと言っていただき、就職が決まりました。

実際に社会復帰し継続して働いていけるのだろうかと不安も感じつつ、とても嬉しかったことを覚えています。

担当者との定期的な面談が心の支えに

就職して社会復帰してから、そのまま再就職先で働くことができています。

他人が怖く、外に出ることも出来ない状態だった私ですが、今は他人を気にすることなく外出し、趣味などを楽しむことが出来ています。

働いていると、やはり楽しいだけではなくいろいろなことがあります。ストレスも溜まります。

しかし、以前と違うのは若者サポートステーションの担当の方が定期的に面談をし話を聞いたり相談に乗ってくださることです。

相談出来る人がいることは安心感もあり支えにもなっています。

最後に、悩んでいるあなたへ

外へ出られない、働けない、そんな毎日って不安ですよね。

将来を考えると、とても怖いですよね。

まず病院へ行きましょう。

若者サポートステーションメインで書きましたが、私は同時に精神科への通院も開始しました。

お薬やカウンセリングで、心の状態は改善されます。

一歩行動することが出来れば、休憩しつつ、あなたのペースでもう一歩進んでみましょう。

簡単に絶対になんとかなるよ、大丈夫なんて言いませんが、あなたのその勇気の一歩は必ずあなたを変えてくれます。

あなたがあなたを許して、認めてあげてください。

あなたに素敵な未来が待っていますように。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

20代無職から介護職正社員への就職体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職から介護職正社員につくことができた方の体験談をまとめてご紹介します。 これから介護職の正社員を目指す方の参考になれば嬉しいです。   >> …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

人間関係が原因で退職後、33歳のニートが就職して介護職員になるまで

ニートから脱出して就職したいと考えている方は多いかもしれません。 私は人間関係が原因で退職後ニートを経て、33歳で介護職員として再就職しました。 私はニート脱出後、今ではバリバリ働いて人生を楽しく送っ …

結婚で退職するも離婚。32歳無職の私がエージェントで正社員採用されるまで

35歳の女性です。 現在は電機メーカーにて営業事務をしておりますが、32歳の時に無職から正社員になるために就職活動をしたのでその体験談を紹介します。 目次結婚を機に主婦となるも価値観のすれ違いから離婚 …

親友の結婚式にニートじゃ恥ずかしい。26歳無職だった私が経理職の正社員に就職した話

私は現在30代既婚の主婦です。 26歳の時にニートから経理職の正社員として就職したお話をしようと思います。 当時はまさか自分が無職ニートになるなんて考えてもいませんでした。 また無職というと楽をしてい …