ニートの就職体験談

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

投稿日:

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。

医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで

以前は新卒から2年ほど医療関係の人材派遣会社に勤めておりました。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

退職理由は評価制度が不明確な点です。

社内では事務と自社サービスのコンテンツ制作を行っていました。

医療系人材の就職繁忙期ということもあり、小さいサービスながらやりがいもあって仕事に没頭していたらあっという間に年末を迎えました。

当時勤務していた会社はボーナスの他、所属していた営業のチームが予算達成率120%を超えると自動的にチーム全員に10万円の達成ボーナスが支給されるという評価システムでした。

普段の月収は手取りで20万円を切っており、一人暮らしをしていたため、そのボーナスを楽しみに仕事に励んでいました。

銀行で残高を確認してみたところ、なんと支給額の半額5万円しか振り込まれておらず、賞与もほとんどありませんでした。

同じ仕事をしていた同僚にこの結果を話したところ、満額支給されており、そこから仕事に対してのやる気が無くなりました。

人事面談でも特に悪い評価をされなかったため、好き嫌いで評価している上長と、その評価制度に疑念持ち自ら会社から出て行く決断をしました。

ちょうどその頃、年上の女性とお付き合いをしており、彼女は自分よりも仕事ができる人でした。

「少しの間なら面倒みるよ」と言って頂き、それからは彼女の家に居候することになりました。

「今日中に出ていって」ヒモニート、終わりは突然に

就職において完璧主義だった当時の私は自分の求める要件を全て満たす企業を探していました。

そんな企業に就職できたら苦労はしません。

なかなか仕事が決まらない中、貯金は底を尽き、ヒモのような状態になってしまいました。

そこからは就職活動をするお金も無くなり、次第に気力が失われていきました。

「せめて家事くらいはやって」ということで、朝は彼女を見送り、掃除や洗濯をして買い物をしてご飯を作るという主夫のような生活を数年送っていました。

そんな生活にも終わりは突然訪れます。

なんでもないある日、「今日中に出て行って」と言われてしまいました。

何もしないで家にいる私に彼女も限界だったのでしょう。

ヒモ生活が終わり、都内の実家に頭を下げ帰りました。

何もしていない私に対する風当たりは冷たく、実家に居る間は小言をずっと言われていました。

とにかく居心地が悪かったです。

これなら外に出た方がマシだなと考え、日雇いのバイトをするようになりました。

少しでもお金が入ってくると精神的にかなり変わります。今までは就活するお金も無かった訳ですから。

クチコミも見れて未経験OKの求人が存在!エンジャパンが出版社就職への後押しに

とにかく自分自身の空間が欲しかった私は実家を出るために就活を始めます。

Re就活ハタラクティブに登録しましたが、結果から言うとエンジャパンのサイト経由で就職できました。

元来私は出版社などのメディア系に憧れがあったため、今回の就活ではどうしても諦めきれないメディアにもう一度挑もうと思いました。

エンジャパンのサイトは実際に転職した人の事例が掲載されている他、その企業のクチコミページがあります。

賞与の件で嫌な思いをしているので、クチコミで掲載されている内容がどの程度守られているのか判断する材料になり役立ちました。

売り手市場の時期は職種未経験でも採用してくれる企業があります。

私の場合は、まず自分のだらしなかったところを受け入れ、前回の会社でやっていた仕事内容の棚卸しを行いました。

その中でコラムの執筆や求人広告の制作など、出版社にアピールできる経験を最大限職務経歴書に記載します。

また、クラウドソーシングやスキル販売サービスで直近書いた記事を見て頂きました。

なんとか一次面接に通過した後は、例題を渡され実際に記事作りを行うことになりました。

二次面接で顔合わせを行い、執筆した記事が認められ無事合格という流れです。

楽な気持ちで面接に行こう

ニートとなった人の就活で大事な点は、まず自分の興味ある分野にチャレンジしてみるということだと思います。

そして実際に面接まで行くことです。

私自身も自分に自信が無くて面接をキャンセルしてしまった経験がありました。

でも結局はやらなくてはならないことなので、面接で100点を取ろうと思わずにバイトの面接感覚でも良いので、まずは企業に足を運んでみてください。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次 20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ! ↓今すぐ無料登録する >> 高卒、 …

妥協しないことが大事!25歳無職が3年のニート期間を経て就職できたわけ

私は現在39歳の男性です。 3年間の実家生活ではまるで犯罪者のような扱いを受けていました。 ハローワークで妥協して探した仕事も面接で落ち、絶望していた私が最終的に就職できたきっかけは風俗でした。 20 …

お祈りメールで疲弊していた25歳職歴なし無職が職業訓練校に通いITベンチャー企業に就職することになったきっかけ

僕が25歳でIT企業の正社員に就職した話をします。 そもそも何故無職になったのか。 それは大学時代の就職活動の失敗がありました。大学時代はアルバイトに明け暮れて勉強等は一切しない日々で、気が付けば大学 …

アラサー手前の29歳女がニートに!就職までの道のり

私は都内で働く30歳女性です。 会社を退職した時には29歳のアラサー手前でニートになりました。 この様な経緯には、前会社と私との目に見えない戦いがありました。 20代職歴なしからでも就職したい方はジェ …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

ハローワークのプログラミング職業訓練に通い、28歳無職からプログラマーとして正社員就職できるまでの軌跡

新卒就職に失敗した私は大学卒業後、フリーターとしてアルバイトをはじめた。 それは夜勤の棚卸し作業や商品陳列です。 作業内容は単純で簡単なものだが夜勤になれることができず体調不良がつづく。その後2年半続 …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 20代職歴なしからで …

自分だけじゃない、大丈夫。28歳、辛かったニートから就職

私は28歳男性で、製造業で働いています。 高校を卒業してから勤めていた会社を自己都合で退職し、ニートになりました。 ここでは、退職してからのニート生活で学んだことなどを話したいと思います。 20代職歴 …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …