ニートの就職体験談

24歳大卒職歴なしニートがプール監視員バイトを経て正社員として介護職員になるまで

投稿日:2017年6月7日 更新日:

私は現在39歳の男性です。

大学卒業後に無職で過ごした期間があり、24歳の時に職歴なしからプールの監視員のアルバイトに就職できました。

ここでは、その体験談を書きたいと思います。

大学の時に病んでしまい、卒業後ニートに

私は大学生の時に心の病になってしまいました。

そのため就職するのが怖くなり、そのまま大学を卒業してニートでいました。

また若いからニートでもいいと思っていたのです。

朝に寝て昼過ぎに起きるニート生活

ニートになった私は自宅で過ごしていました。

自宅は両親がいるので、食費はかからず持ち家なので家賃代も必要ありません。

ニートになってからは、少し両親に悪いと思っていたこともあり、両親と会わない生活をしていました。

具体的には、朝方に寝る生活です。

寝るのが好きだったので、昼過ぎまで寝ていました。

両親は働いて欲しいと、私によく仕事の話をしてきました。

しかし、私は就職する勇気もなくて、ニートでもやっていけるからもう少しゆっくりしたいと言い、両親の仕事に就いてほしいという意思を無視していたのです。

ニート問題を扱ったテレビを見て就職しようと思った

私が就活しようとしたきっかけは、テレビでニートの番組を観てしまったからです。

中年のニートの番組で、私の将来とニートの方々が被りました。

その時「将来私が中年になった時にニートでいたら危うい」と考えるようになり、就活を始めることにしました。

「まずはアルバイトからでいい」両親のありがたい言葉

私が就活している時に両親は、いきなり正社員よりもアルバイトからはじめて社会に慣れていった方がいいと言ってくれました。

当時は若くてもなかなか就職できない時代でした。

非常にありがたい言葉を両親から頂いたと思っています。

プール監視員のアルバイトに採用!大切なのは諦めない気持ち。

職歴なしから就活をするのは、かなりの不安があると思います。

私みたいにいきなり正社員の仕事をするのではなくて、アルバイトやパートで仕事に慣れてから正社員を目指していく方法もありますよ。

職歴なしから面接を受ける時は、ニートになってしまった経緯を話すのはかなり苦痛かもしれません。

でも、ニートから脱出して働きたい気持ちを面接官に伝えてくださいね。

私はニートから面接を受けて、面接官から心ない言葉をもらったことがあります。

例えば、「鉛筆よりも重たい物を持ったことはあるのか」などの冷たい言葉を受けて不採用になったことも。

しかし諦めないで就活をしていたところ、見事にプール監視員のアルバイトにつくことができましたよ。

ニートで就活をすると確かに不利かもしれません。

ですが、最後は諦めない気持ちが大切になります。

現在は結婚して介護福祉士として充実した生活

私はニートからプールの監視員になりました。

最初は仕事は不安がいっぱいでしたが、徐々に覚えていきました。

その後は、パートとして介護職員になり、正社員として介護職員になることができました。

介護福祉士と介護支援専門員の資格も取得して、現在は結婚して子供も二人いて幸せに生活しています。

ニートの時にない充実した生活を送っていますよ。

中年ニートからでも就職は諦めなければできます

ニートから就活を頑張ってやれば就職することは出来ます。

ニートで中年になっていても仕事を選ばず自分ができそうだなあと思う仕事に面接を受けに行けば、きっとチャンスはあります。

最初の就活は非常に勇気がいりますが、乗りきる力を面接を受けていく中で培ってくださいね。

就活がうまくいかなかったら、周りにどんどんアドバイスをもらってください。

アドバイスも素直に聞いてくださいね。

まとめ

上記が私がニートから職歴なしからのプールの監視員になった体験談を書いていきました。

ニートの方々は少しでも参考にされて頂いたら幸いです。

-ニートの就職体験談
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

職歴なしでも正社員!25歳無職だった私が出版社事務に就職できるまで

私は現在39歳(男性)です。 今から15年ほど前になりますが、私が25歳無職から正社員になれた体験をお話します。 無職からの就活では、採用面接などで、社会と関わるために、無職中にがんばって打ち込んでい …

24歳で東京の大学を中退、東北に職場を絞って28歳無職から製造業に就職成功しました!

私は29歳の男性で今は製造業の正社員です。そんな私も28歳までは無職でした。 私は東京都内にある有名大学に現役で合格し、華々しい大学生活を送るはずでした。 しかし、燃え尽き症候群のような症状に陥り、大 …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

母が倒れて止むを得ず退職。そして26歳でニートから販売・接客業(アルバイト)に就職した話

私は現在、29歳で、去年可愛い我が子を出産した一児の母です。 現在は子育てに奮闘し、主婦をしていますが、再就職先で出逢った彼と結婚して今の幸せを手に入れました。 目次就職1年目で母が倒れ、退職死にたい …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …