ニートの就職体験談

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

投稿日:2017年5月20日 更新日:

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。

本日は、そんな無職であった私が就職できた経緯についてお話したいと思います。

似た境遇の方の参考になれば幸いです。

22歳で大学卒業後、ニート生活へ突入

大阪で楽しく4年制大学生活を送っていましたが、3年の時に就職活動が本格的に始まりました。

当時は就職が厳しい、いわゆる就職氷河期と呼ばれる時代。

まず、大学で合同説明会が開かれ、今後の進め方等についての説明がありました。

その時は厳しい社会情勢とは聞いていました。

しかし、心のどこかで就職が出来るだろうと根拠のない余裕のようなものがあったのです。

就職するために必要な自己分析の仕方やエントリーシートの書き方といった講座の紹介もあり、何となく準備は行っていました。

本格的に就職活動が解禁となった頃、会社説明会へ応募したり、合同の企業セミナーに参加してみたりといった形で最初の内は積極的に動いていました。

ただ、予想以上に就職活動は厳しく、なかなか内定はもらえません。

最初の内は、まだ次があるという気持ちの余裕がありました。

しかし、周りの友人が内定をもらったという話を聞いていくうちに焦りの気持ちが出始めてきました。

面接に向けても色々と準備を整えて望むのですが、内定を得ることができませんでした。

不採用の通知をもらうことが続くと、気持ちの面でも段々落ち込んできてモチベーションも下がり活動する気力も衰えるように。

気がつくと結局大学卒業時に就職ができずに、ニートの生活を送っていました。

1年半の無職の後、市のサポートを受け再度活動開始

ニート生活を送っていた頃は特に何をすることもなく、家に引きこもる毎日。

家では本を読むかテレビを見るかといった生活で、ほとんど外出することもありませんでした。

心の中では「このままではいけない。何とかしなければ」という思いはあるのですが、体が動かず結局1日を寝て過ごす。

こんな生活を続けて1年ほど経った頃、何気なく外を見るとスーツを着た会社員の方が忙しく歩く姿や仕事をしている様子が目に映りました。

この時、「このままでは本当に駄目になる」という気持ちが芽生え始めたのです。

その時はまだ小さなものだったのですが、日を追うごとに大きくなり危機感を持ち始めるようになりました。

そして、ニート生活が1年半を過ぎた頃から、就職活動を開始することを決意しました。

ついに念願のダンボール製造会社への就職を果たす

就職活動を始めるといっても、それまでずっとニートをしていたので、何から始めたらいいのか分かりませんでした。

手探りの状態の中、色々と調べてみるとジョブパークと呼ばれるところで若年者の再就職をサポートしているとのこと。

ジョブパークでは当時、35歳未満の方を対象として就職に向けてアドバイザーの方に話を聞いてもらったり、面接に向けてのアドバイスをもらうといったサポートをして頂くことができました。

最初は不安も多く、面接でも上手くいかず、もどかしい気持ちばかりでした。

しかし、粘り強く続けるうちに、徐々に面接でも進んでいけるようになりました。

そしてついに小規模ではありますが、ダンボールの製造会社に就職することが出来たのです。

現在は転職をして別会社に移っていますが、あの時に前を向いて頑張ったからこそ今があると思っています。

まとめ

今、現在ニート生活を送っていて、抜け出せずに苦しんでいる方もおられると思います。

私の経験から言えることは、ニート期間は苦しい時期だと思いますが、頑張っていれば必ず状況は上向いてくるということです。

諦めずに就職に向けて前を向いて進んでもらいたいと思います。

皆様のご健闘をお祈りしております。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。 きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。 目次8年勤めた会社が倒産し …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

無職生活1年半!31歳無職から重機メーカーに派遣から正社員事務として就職することができました

はじめまして。現在32歳の会社員です。 現在は重機メーカーの事務として関東にある会社で正社員として働いています。 その前までは30歳から31歳まで1年半ほど無職で生活していました。 目次無職になったき …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

全ては彼女GETのため!26歳の大卒職歴なし無職が正社員の職を手に入れるまで

わたしは26歳の男で大学院を卒業した後は自分で何かできないかとインターネットで稼げないかと色々と試してみたり、大学時代に貯めたお金で株をやったりしていました。 ぶっちゃけ全く稼ぐことはできておらず、貯 …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …