ニートの就職体験談

ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

投稿日:

私は4年制の大学に通っていたのですが、親元を離れアパートで1人暮らしをしていた影響で、悪友などの誘いに乗るようになり、徐々に自堕落な生活に落ちぶれてしまいました。

その結果、大学を中退し、アルバイトで生活するフリーターのような状態に陥ってしまったのです。

大学中退からフリーターまで

大学も2年生くらいまでは真面目に通っていたのですが、3年目以降から大学の悪友たちの誘いに乗り、ギャンブルなどにも手を染め始め、次第に出席日数が少なくなっていきました。

当然のごとく講義の単位を落とすようになり、4年生になる頃には、もう4年での卒業は無理だろうという状態になってしまいました。

結果、1年半の留年をしたのですが、それまでの自堕落な生活から復帰することが難しく、留年してもまだ卒業の見込みが立たない状態でした。ただ、4年生になる頃に始めたアルバイトをずっと続けていたことは唯一良かったことだと思います。

夜勤のバイトで1回の収入が大きいので、「美味しいバイト」として続けていたのです。そして留年2年目、6年目も半分が過ぎようという頃、大学側から呼び出しがあり、「このまま留年を続けても無意味だろう」とお達しを受け、中退することに。

学生から、アルバイトの収入で生活するフリーターになってしまったのです。

フリーター時代の苦難

自分でも「このまま留年していてもなあ」と考えてはいたので、ある程度覚悟はしていたのですが、さすがに故郷の親に報告することは胸が痛みました。

しかし親も半ばそんなことになるのではないかと覚悟していたようで、辞めるならスッパリ辞めろ、その代わり新しい生活をしっかり考えろと言われました。

学生としてある程度仕送りを送ってもらっていたのですが、大学を辞めるからには、生活費は自分で稼げと言われました。ただいきなり全額は難しいだろうから、家賃の分だけは仕送りしてやる、他の生活費は頑張って稼げということでした。

とりあえず家賃が払えれば、あとの食費などは自分が節約して我慢すればいいことなので、親には感謝しています。正確には、大学6年目の秋、10月から学生という肩書きが消え、「無職フリーター」という状態になりました。

これを機会に、悪友からのギャンブルの誘いなども、ほとんど断ることにしました。競輪や競馬などにもよく誘われていたのですが、大学を辞めたということが、断る上の理由付けとしても効果的だったのは間違いありません。

悪友たちも、無職フリーターの男を強引に誘うわけにもいかず、そういった面での出費は減らすことが出来ました。後は月末など、スーパーが安売りになる時間帯を待ち受けたり、最悪大学の後輩からお米をもらってしのぐという時もありました。

ホテルの夜勤バイト先から正社員に誘われ、採用!

ただ、先にも書きましたように、4年生の頃に始めたバイトを、ずっと続けていたのは大きかったです。ホテルの夜勤のバイトで、1回につき1万円程度のお金が入るので、実入りのいいバイトであり、そしてすっかり自堕落な生活に陥っていた自分としては、早起きしなくてもいい仕事は打ってつけだったのです。

学生の身分の時はだいたい週1くらいのペースでシフトに入っていたのですが、中退することになり、週2~3回に出勤を増やしてもらいました。先方の都合もあるので、こちらの希望通りの回数は入れなかったのですが、それでも毎月ある程度の収入が見込めるアルバイトがひとつあったことは大きかったです。

そして、このバイトを長い期間務めていたこともあり、バイト先からの信用度が上がっていました。

大学を辞めて時間が出来たのでバイトの回数を増やしてもらったのですが、辞めてから数ヶ月後、バイト先の上司から「この先どうするんだ?」と言われ、とりあえずは今の生活を続け、生活が安定してから就職活動も始める予定だと話すと、「良かったらウチの社員にならないか」と誘って頂けたのです。

私はもう渡りに船と、ぜひお願いしますと返答しました。

こうして、無職フリーターの生活になってから半年ほどで、バイト先の正社員として雇ってもらえることになりました。

まとめ

大学を中退し、就職活動もせずに正社員として雇ってもらえたのは、運が良かったと自分でも思います。しかし、同じバイトを願い期間ずっと続けていたことが、この幸運に繋がったのだと考えています。

接客業の夜勤でお客とのトラブルなどもありましたが、それでも金額的にも美味しいし続けようと頑張っていたことが会社にも認められたのだと思います。無断欠勤や遅刻なども、このバイトに関しては一度もしませんでした。

そういった点も、大学は中退したようだけど、仕事はちゃんとやる奴だと認識してもらえたのだと思います。大学の講義と同じようにいい加減な態度で働いていたら、こうはならなかったでしょう。

自分に合った仕事だということもありましたが、何事も「真面目にやりぬく」ことが大事だと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30件応募で連絡ゼロ!25歳完全な無職状態から総務事務の正社員へ就職を成し遂げた方法

僕が25歳で一度も正社員経験が無く無職の時に正社員(業種はサービス業で職種は総務事務職・総務部配属)として就職できた話を明記していきます。 目次大学4年時点で内定0。肩身の狭い実家暮らしリクナビNEX …

30歳でコンビニバイトを辞め無職になった私が製線会社に就職することになるまで

私は現在32歳の男です。 二年前の30歳の時、私は勤めていたコンビニエンスストアの建て替えの影響で無職となりました。 それから無職の期間を経て正社員になったので、その経緯をお話ししたいと思います。 目 …

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

27歳、女性です。 退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。 なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか? …

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。 仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日 …

31歳でニートから脱出し工場に就職した私の体験談

私は、現在48歳男性です。 ここでは私が31歳の時に新卒で入社した会社を辞めて、後に工場で働き出すまでの経緯をお話したいと思います。 目次新卒で入社した広告代理店が携帯電話販売に大幅転換!?妻と二人暮 …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

無職期間のPCスキルで採用!26歳無職が就活して2社目でSEとして就職できました

私は現在30歳のSEです。26歳までは無職で特になにもしない生活を送っていました。 私が無職になった理由は大学での挫折です。高校までは比較的優等生として生きてきた私は大学までは順調に進みました。 しか …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …