ニートの就職体験談

ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

投稿日:

私は4年制の大学に通っていたのですが、親元を離れアパートで1人暮らしをしていた影響で、悪友などの誘いに乗るようになり、徐々に自堕落な生活に落ちぶれてしまいました。

その結果、大学を中退し、アルバイトで生活するフリーターのような状態に陥ってしまったのです。

大学中退からフリーターまで

大学も2年生くらいまでは真面目に通っていたのですが、3年目以降から大学の悪友たちの誘いに乗り、ギャンブルなどにも手を染め始め、次第に出席日数が少なくなっていきました。

当然のごとく講義の単位を落とすようになり、4年生になる頃には、もう4年での卒業は無理だろうという状態になってしまいました。

結果、1年半の留年をしたのですが、それまでの自堕落な生活から復帰することが難しく、留年してもまだ卒業の見込みが立たない状態でした。ただ、4年生になる頃に始めたアルバイトをずっと続けていたことは唯一良かったことだと思います。

夜勤のバイトで1回の収入が大きいので、「美味しいバイト」として続けていたのです。そして留年2年目、6年目も半分が過ぎようという頃、大学側から呼び出しがあり、「このまま留年を続けても無意味だろう」とお達しを受け、中退することに。

学生から、アルバイトの収入で生活するフリーターになってしまったのです。

フリーター時代の苦難

自分でも「このまま留年していてもなあ」と考えてはいたので、ある程度覚悟はしていたのですが、さすがに故郷の親に報告することは胸が痛みました。

しかし親も半ばそんなことになるのではないかと覚悟していたようで、辞めるならスッパリ辞めろ、その代わり新しい生活をしっかり考えろと言われました。

学生としてある程度仕送りを送ってもらっていたのですが、大学を辞めるからには、生活費は自分で稼げと言われました。ただいきなり全額は難しいだろうから、家賃の分だけは仕送りしてやる、他の生活費は頑張って稼げということでした。

とりあえず家賃が払えれば、あとの食費などは自分が節約して我慢すればいいことなので、親には感謝しています。正確には、大学6年目の秋、10月から学生という肩書きが消え、「無職フリーター」という状態になりました。

これを機会に、悪友からのギャンブルの誘いなども、ほとんど断ることにしました。競輪や競馬などにもよく誘われていたのですが、大学を辞めたということが、断る上の理由付けとしても効果的だったのは間違いありません。

悪友たちも、無職フリーターの男を強引に誘うわけにもいかず、そういった面での出費は減らすことが出来ました。後は月末など、スーパーが安売りになる時間帯を待ち受けたり、最悪大学の後輩からお米をもらってしのぐという時もありました。

ホテルの夜勤バイト先から正社員に誘われ、採用!

ただ、先にも書きましたように、4年生の頃に始めたバイトを、ずっと続けていたのは大きかったです。ホテルの夜勤のバイトで、1回につき1万円程度のお金が入るので、実入りのいいバイトであり、そしてすっかり自堕落な生活に陥っていた自分としては、早起きしなくてもいい仕事は打ってつけだったのです。

学生の身分の時はだいたい週1くらいのペースでシフトに入っていたのですが、中退することになり、週2~3回に出勤を増やしてもらいました。先方の都合もあるので、こちらの希望通りの回数は入れなかったのですが、それでも毎月ある程度の収入が見込めるアルバイトがひとつあったことは大きかったです。

そして、このバイトを長い期間務めていたこともあり、バイト先からの信用度が上がっていました。

大学を辞めて時間が出来たのでバイトの回数を増やしてもらったのですが、辞めてから数ヶ月後、バイト先の上司から「この先どうするんだ?」と言われ、とりあえずは今の生活を続け、生活が安定してから就職活動も始める予定だと話すと、「良かったらウチの社員にならないか」と誘って頂けたのです。

私はもう渡りに船と、ぜひお願いしますと返答しました。

こうして、無職フリーターの生活になってから半年ほどで、バイト先の正社員として雇ってもらえることになりました。

まとめ

大学を中退し、就職活動もせずに正社員として雇ってもらえたのは、運が良かったと自分でも思います。しかし、同じバイトを願い期間ずっと続けていたことが、この幸運に繋がったのだと考えています。

接客業の夜勤でお客とのトラブルなどもありましたが、それでも金額的にも美味しいし続けようと頑張っていたことが会社にも認められたのだと思います。無断欠勤や遅刻なども、このバイトに関しては一度もしませんでした。

そういった点も、大学は中退したようだけど、仕事はちゃんとやる奴だと認識してもらえたのだと思います。大学の講義と同じようにいい加減な態度で働いていたら、こうはならなかったでしょう。

自分に合った仕事だということもありましたが、何事も「真面目にやりぬく」ことが大事だと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

全ては彼女GETのため!26歳の大卒職歴なし無職が正社員の職を手に入れるまで

わたしは26歳の男で大学院を卒業した後は自分で何かできないかとインターネットで稼げないかと色々と試してみたり、大学時代に貯めたお金で株をやったりしていました。 ぶっちゃけ全く稼ぐことはできておらず、貯 …

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

20歳職歴なし対人恐怖症だった私が初めてコンビニ店員に就職した話

私は現在33歳の主婦です。 今回は、私が高校卒業してから2年間ニート生活を経験した後、コンビニ店員として働くようになった体験談をお話したいと思います。 目次不登校、イジメがキッカケで対人恐怖症に対人恐 …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。 いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。 今回は、無職の状態から抜け出した体験を書 …

6年の引きこもりニート生活から脱出!25歳の無職ニートが配達アルバイトから正社員として採用されるまで

私は今現在31歳で独身一人暮らしをしています。 両親がいて3人姉弟の真ん中です。中学までは特に問題なく育ったと思います。 高校に入ったぐらいから家族とコミュニケーションをとる事を嫌がっていましたが、特 …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …