ニートの就職体験談

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

投稿日:2017年5月25日 更新日:

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。

日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。

就職のきっかけは彼女の存在でした。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

この人を幸せにしたい!」と一念発起し、公務員試験を受けて合格。

20代後半で初めて、自由人を脱却して一社会人として働きはじめました。

その就職活動の過程をお話したいと思います。

25歳で日本に帰国後、好きな女性のために就職することを決意

20歳を過ぎても就職のことなど考えもせず、自分が見たい場所を見ようと、海外を渡り歩いて放浪していました。

1日100円くらいの安いメシを食べては、寝て起きてムダに歩いての繰り返し。

その頃、日本にいる友人たちはとっくに就職して結婚している人もいました。

海外にいるときも日本人とは接点がありました。

しかし、そこでの会話は「帰ってからどうする?」的な楽観的なことで、誰も焦ってはいませんでした。

海外とはそういう場所だったのです。

中には私の生活スタイルに辛辣な意見を言う人もいて、「そんなんじゃ生きていけない!」と叱咤されることもありました。

彼の言葉が強く耳に残ったこともあり、25歳で日本に帰ってから「とりあえず就職のためにパソコンでも習うか」と思ってスクールに通いました。

そこで、好きな女性ができ、その人を見ているうちに、「この人と一緒に生活するためには、自分が働かなきゃ!」と思い、真剣に就職することにしました。

就職しようと思ったのはたったそれだけの理由です。

仕事に対する希望や適性などは考えていませんでした。

自分探しはたっぷりやってきたので、バックパックのノリで職場を放浪してやろうくらいの気持ちです。

コンビニでバイトをしつつ公務員試験に向けて必死に勉強

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

遊牧民だった私を正社員で採用する企業はどこにもありません。

数社受けましたが、バイトでも落ちてしまい、生活はキリキリまい。

そんな中、ハローワークで紹介してもらったコンビニバイトを続けながら、社員として生活できるような仕事につきたいと思い勉強を始めました。

彼女を幸せにするためには、放浪人生とは真逆の堅い仕事につかなければと思い、地元の地方公務員の試験を受けることにしました。

1日5時間勉強して、お金がないために公務員受験のための学校は聴講生として週2回程度通うだけ。

それでも必死で勉強し夜はバイト、と忙しい日々を送りました。

1年間の勉強の末、公務員試験に合格

あの仕事がいい、あの仕事が向いてる、などは一切考えていません。

考えないほうが楽に一歩を踏み出せるからです。

一流企業に勤めようとしたらそれはハードルが高くて大変です。

とにかく、真人間になって彼女を振り向かせたいという思いで勉強しました。

そして、1年後の春には試験を突破して公務員になることができたのです。

どんな仕事に就くかは結果論であって、仕事=人間への愛情と言ってよいと思います。

この仕事でこんな人と関わりたいとか、あの場所に行けばあの人に会えるとか。

色んな理由がありますが、仕事をすることは人と関わることで、人への愛情がどんな適性や困難もひっくり返すパワーがあるのです。

一歩を踏み出す勇気はいらない

仕事とか就職とかいうと、いかにもリクルートスーツを着て、企業に勤めて希望を胸に仕事するという印象でした。

しかし、仕事とは人と関わることであって、アルバイトでも派遣でもいいから、ちょっと外へ出ればみんな普通に働いているのです。

誰も特殊な人間などいません。

みんな姿かたちの変わらない同じ人間です。

その同じ人たちが普通にしていることが、自分だけできないということはないのです。

長く続くかどうかは、適性や能力なども関わってくるでしょう。

しかし、働くことは決して敷居の高いことではなく、それに一歩を踏み出すような勇気も必要ありません。

普通にほかの人がやっていることと同じように、普通に履歴書を出してみて、職場を放浪でもしようではありませんか。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大腸炎で入院&退職後ニートへ。41歳無職から正社員として就職できるまでの道

41歳男、営業職で再起を目指す話です。 私は某私立大学を卒業し、新卒社員として半導体商社に入社しました。そこで12年間営業職として全国を飛び回りながら、いろいろな顧客へ半導体を販売しておりました。 商 …

新卒で入った不動産会社を24歳で退職し、沖縄の旅行会社に再就職した体験談

はじめまして。 現在34歳、ちょうど来月で、今の職場で働き始めて10年目の、旅行会社社員の男です。 時にはバスツアーの企画をしたり、時には修学旅行でこの地を訪れる高校生のバスに乗り添乗員をしたりと、日 …

大学卒業と同時に無職に。29歳無職から製造会社事務に正社員として就職できるまで

私は大学で経営学や経済について学びましたが、就活がうまくいかず新卒での就職ができませんでした。 卒業後はフリーター状態となり職を転々としつつ一時はニート状態。 資格取得などを経てなんとか29歳のときに …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

27歳社会不適合だった私が無職から東証一部上場企業にシステムエンジニアとして就職!?

みなさま始めまして、私は当時27歳の女性で東証第一部のシステムエンジニアになることが出来ました。 ここではその体験談を書きたいと思います。 目次 職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイック …

無職期間のPCスキルで採用!26歳無職が就活して2社目でSEとして就職できました

私は現在30歳のSEです。26歳までは無職で特になにもしない生活を送っていました。 私が無職になった理由は大学での挫折です。高校までは比較的優等生として生きてきた私は大学までは順調に進みました。 しか …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職できたに成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …