ニートの就職体験談

4年間のパラサイトシングル状態。25歳無職女ニートが倉庫業の正社員に採用されるまで

投稿日:

私(女)が25歳で倉庫業の正社員になれたお話をします。

この記事がご参考になれば幸いです。

高卒で地元の製造業に就職するも、仕事の大変さ・理不尽さを思い知る

 

高校を出てすぐに就職する道を選んだ私は、右も左も分からず自分の仕事への適性が何なのかということも知りませんでした。

初めて就職をしたのは製造業で、私が住む地域では名前が知られているような会社でした。そのときは周りから「いい会社に入れてよかったね」「一生安泰だね」など言われて、少し嬉しかった記憶があります。

周りに自慢ができるのですから当然ですね。

しかし、就職をして3か月後、仕事の大変さを思い知ることになりました。

ある日、いつものように作業をしていたら周りが騒がしくなり、近くにいたパートさんに何があったか聞くと、誰かが作業を間違えたから今日は残業になると言うのです。

自分のミスでそうなったとはその時は知らなかったので、他人事としか思っていなかったのですが、後からたっぷりと怒られて、そこで初めて仕事が嫌になりました。

ミスは仕方がありませんし、怒られるのもよくあることなので気にしてはいませんでしたが、ミスの原因は私には無かったのです。

そもそもミスになってしまったのは、指導してくれた方が手順通りではなく、自己流で作業をしていて、それを教えてくれたことにありました。

そのようなこととは知らなかったので、怒られても納得できず、反省もそこまでできませんでした。

その後も何回もそのようなことがあって、作業を聞いたら他の人に怒られないかびくびくするようになり、自分の殻に閉じこもっていくようになりました。

「誰にも会いたくない」状態になり、21歳で退職し無職へ

石の上にも三年という言葉があるように、とにかく三年仕事を続けてみて上に行かれるようならまた続けてみようと思っていました。

しかし、精神的に追い詰められていた私は会社に行くのが嫌になり、土日は家に引きこもって誰にも会いたくないという精神状態にまで落ちてしまっていました。

このままでは仕事を辞めても、生きていくことに希望が無くなったら終わりだと思い、一大決心をして会社を退職することにしました。

周りからはもったいないとかそんな会社二度と入れないよとか言われて、引き止められましたが、自分の人生は自分で決めるものだと思ったので一歩踏み出せました。

4年間の無職生活の後、求人サイトで未経験OKの求人を見つける

その後はやりたいことも見つからず、ほとんどパラサイトシングルになっていました。

自分の仕事の適性が何かとか将来どんな大人になっていたいかとか明確なビジョンが無かったので、アルバイトをしても続かず、ほとんど家にいるような生活でした。

しかしある時、このままではまずいと思い、インディードを見ていたら、ある求人を見つけました。

そこには、アットホームな職場で未経験者でもしっかりと指導しますと書いてありました。

家からすぐの場所にあったので、その会社を外から見たことはあったのですが、実際どのような仕事をしているのかは知りませんでした。

早速電話をかけて面接の日取りを決めてもらいました。

面接の日は職場見学もさせてもらい、仕事の内容だけでなく、人間関係などについても詳しく話をしてもらえました。

人間不信になりかけていた私は、こんなに働きやすい環境の職場があるのかと驚きました。

悩んだ時間は無駄じゃなかった。25歳無職がついに倉庫業の正社員に就職!

その後はとんとん拍子で話が決まっていき、すぐにでも来てほしいという電話を会社からもらって無事に就職することができました。

その時はまだ仕事の適性などを知らなかったのですが、働き始めてから自分はどんな仕事内容に興味があって、どんな作業が苦手なのかを知っていきました。

無職の間何度も適職診断をやっては、こんな仕事自分にはできないと落ち込んでいましたが、実際に似たような作業をするとあながち間違ってはいなかったかもと思いました。

ミスをして怒られることもありますが、以前のように他の人からしっかりと教えてもらえなかったのが原因だとしても、変に落ち込まず、自分の解釈で呑み込めるようになりました。

それは、自分が進んで作業をするようになったからです。

教えてもらう時もただ聞いているのではなく、自分から質問をするように心掛けています。

無職の間は将来が不安で生きている心地がしませんでしたが、今では充実感があります。色々悩んでみてよかったなと思いました。

まとめ

人は誰でもミスをしますが、それをどのように受け止めるかで人生は変わります。

失敗したとしても、それを経験だと思えれば人として成長できるのだと体験をして思いました。

これからも前向きに仕事と向き合っていきたいと思っています。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

協調性と真面目さが大事!25歳無職からIT企業の正社員に就職することができるまで

私は現在30代前半の男性です。 ここでは、25歳当時無職だった私がIT技術者として就職できた経緯をお話ししたいと思います。 過去私がなぜ無職になってしまったのか、そして私がどのようにして正社員として就 …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …

20歳職歴なし対人恐怖症だった私が初めてコンビニ店員に就職した話

私は現在33歳の主婦です。 今回は、私が高校卒業してから2年間ニート生活を経験した後、コンビニ店員として働くようになった体験談をお話したいと思います。 目次不登校、イジメがキッカケで対人恐怖症に対人恐 …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …