ニートの就職体験談

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

投稿日:2017年10月3日 更新日:

35歳になる女性です。

氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。

一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。

しかしそこは強烈なブラック企業で、最初の半年で同期が全員やめてしまいました。

私はなんとか頑張ったものの一年目で退職し、以後しばらく実家で無職生活をしていました。

その後零細企業に就職し現在に至っています。

新卒で超絶ブラック企業に就職。最初の半年で同期が全員辞める

その会社がブラックであることは、就職前から知ってはいたのです。

動機のほとんどもそうでした。

でも、名前はよく知られた大手だったし、ほかに正社員で採用されることもなかったので、その会社で働くことにしました。

私の場合、親が年配なのでフリーターや派遣は許されない雰囲気があったのです。

年配の親は労働環境がよかった昔のイメージがあるので、保険も年金もない非正規は問題外といった感じでした。

とにかく正社員になるために就職した会社ですが、半年も経たずに同期が全員やめてしまいました。

その支部には私も含めて8人新人がいたのですが、一年持ったのは私だけです。

とにかく営業ノルマがきつく、その日飛込みで契約が取れないと、朝礼などで「ツメ」られるのです。

社内では「激ヅメ」という言葉も使っていましたが、いわゆるモラハラであると今は思います。

ノルマを果たせず激ヅメにも耐えられず、一人残った私は結局ウツになりました。

診断が下ったわけではないのですが、眠れない、食欲がない、時々突然泣き出すなど、今思えばかなり危ない状態であったと思います。

ある日突然、会社に行けなくなった

それでも自分では辞めるつもりはありませんでした。

何より「とにかく三年続けなければ」という親の言葉が重かったのです。

私自身、たった一年で辞めてしまっては、今後の転職活動にも差しさわりが出ると考えていました。

しかしあるときから、会社に行くことができなくなってしまったのです。

甘えだという人もいるでしょうし、実際この経験がなかったら私も人に同様の言葉をかけるかもしれません。

しかし本当に朝起きられず、着替えても出社できない状態が続きました。

会社に行くことができても、営業に出た先で客先に入れず、本屋で時間をつぶすといった体たらくに陥ってしまいました。

結局退社し、家にいたのですが、居心地のよいものではありませんでした。

仕事に行け、正社員の仕事を見つけろとの圧力があるからです。

しばらくはゆっくりしたかったのですが、そんなわけにもいかず落ち着かない日々でした。

しかしおかしなことに、私はそのときバイトを探そうとはしなかったのです。

なぜか自分でも、どうあってもまた正社員として復職しなければと考えていました。

転職エージェントとの出会いが転機に!

そんな私に活力をくれたのはネットです。

ネットで、今は昔のように労働市場がよくないことを改めて自覚しました。

親の世代のような甘い考えでは、仕事はできないことを現実として認めたのです。

それからはバイトでもなんでもやっぱり働きたいと思うようになりました。

自立したいとは以前から考えていましたし、そのためにはやはり仕事は必要だと思ったからです。

以前は避けていた派遣にも関心を持ち、エージェントに登録し、いくつかの派遣先で仕事をさせてもらいました。

転機は、派遣先の営業さんから転職エージェントの話を聞いた時です。

同系列で正社員の斡旋をする事業があり、そちらに応募してみないかといわれたのです。

それは燃料系の営業職でした。

前職と同じ営業でしたが、私には渡りに船でした。

実際に経験してわかった転職エージェントの利点

結果、転職エージェントの紹介で再就職を決めたのですが、良かった点がいくつもあります。

ひとつは、エージェントには独自の情報があることです。

派遣の営業とも連動している転職エージェントには、地域の中小、零細企業とのコネが豊富にありました。

また、派遣などで社員が出入りしているため、会社の雰囲気も事前に知ることができたのです。

私が紹介されたのは、以前勤めていたような大手企業ではありません。

社員20名ほどの会社で、支社などひとつもないような規模ですが、残業もほとんどなく社内の雰囲気もおっとりしています。

私は営業職ですが、ルート営業なのでノルマもなく、もちろん「激ヅメ」などきいたこともありません。

規模の大きさだけが会社を測るものではないと、改めて感じています。

また、転職の際には自分だけでがんばるのではなく、転職エージェントのようなサービスを利用するのもひとつの手かと思います。

客観的に自分を見てくれて、売り込みもしてくれるので、面接も気持ちを楽にして臨むこととができます。

 

こちらの記事もおすすめ

>> ブラック塾講師バイトを辞めて無職に…それでも27歳でホワイト企業に正社員として就職できました!

>> ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

自分だけじゃない、大丈夫。28歳、辛かったニートから就職

私は28歳男性で、製造業で働いています。 高校を卒業してから勤めていた会社を自己都合で退職し、ニートになりました。 ここでは、退職してからのニート生活で学んだことなどを話したいと思います。 目次化学系 …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

パチスロとの出会い、父の死。34歳職歴なしだった私が派遣に就職できるまで

私は現在34歳の派遣作業員として、細々と日銭を稼いで生活しております。 肩書きは、ネジ塗装会社の機械オペレーターということになりますが、実際のところは半分以上ライン工みたいなものです。 正直、同年代で …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

元カノの結婚で就職を決意!27歳無職から地域密着型の学習塾に正社員として就職できるまで

私が27歳で塾の教室運営職に正社員として就職できた話をします。大学を卒業した後、最初2年だけ教材出版の会社で営業として働いたのですが、すぐに嫌になってやめてしまいました。 辞めた後は海外をフラフラした …