ニートの就職体験談

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

投稿日:2017年10月3日 更新日:

35歳になる女性です。

氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。

一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。

しかしそこは強烈なブラック企業で、最初の半年で同期が全員やめてしまいました。

私はなんとか頑張ったものの一年目で退職し、以後しばらく実家で無職生活をしていました。

その後零細企業に就職し現在に至っています。

新卒で超絶ブラック企業に就職。最初の半年で同期が全員辞める

その会社がブラックであることは、就職前から知ってはいたのです。

動機のほとんどもそうでした。

でも、名前はよく知られた大手だったし、ほかに正社員で採用されることもなかったので、その会社で働くことにしました。

私の場合、親が年配なのでフリーターや派遣は許されない雰囲気があったのです。

年配の親は労働環境がよかった昔のイメージがあるので、保険も年金もない非正規は問題外といった感じでした。

とにかく正社員になるために就職した会社ですが、半年も経たずに同期が全員やめてしまいました。

その支部には私も含めて8人新人がいたのですが、一年持ったのは私だけです。

とにかく営業ノルマがきつく、その日飛込みで契約が取れないと、朝礼などで「ツメ」られるのです。

社内では「激ヅメ」という言葉も使っていましたが、いわゆるモラハラであると今は思います。

ノルマを果たせず激ヅメにも耐えられず、一人残った私は結局ウツになりました。

診断が下ったわけではないのですが、眠れない、食欲がない、時々突然泣き出すなど、今思えばかなり危ない状態であったと思います。

ある日突然、会社に行けなくなった

それでも自分では辞めるつもりはありませんでした。

何より「とにかく三年続けなければ」という親の言葉が重かったのです。

私自身、たった一年で辞めてしまっては、今後の転職活動にも差しさわりが出ると考えていました。

しかしあるときから、会社に行くことができなくなってしまったのです。

甘えだという人もいるでしょうし、実際この経験がなかったら私も人に同様の言葉をかけるかもしれません。

しかし本当に朝起きられず、着替えても出社できない状態が続きました。

会社に行くことができても、営業に出た先で客先に入れず、本屋で時間をつぶすといった体たらくに陥ってしまいました。

結局退社し、家にいたのですが、居心地のよいものではありませんでした。

仕事に行け、正社員の仕事を見つけろとの圧力があるからです。

しばらくはゆっくりしたかったのですが、そんなわけにもいかず落ち着かない日々でした。

しかしおかしなことに、私はそのときバイトを探そうとはしなかったのです。

なぜか自分でも、どうあってもまた正社員として復職しなければと考えていました。

転職エージェントとの出会いが転機に!

そんな私に活力をくれたのはネットです。

ネットで、今は昔のように労働市場がよくないことを改めて自覚しました。

親の世代のような甘い考えでは、仕事はできないことを現実として認めたのです。

それからはバイトでもなんでもやっぱり働きたいと思うようになりました。

自立したいとは以前から考えていましたし、そのためにはやはり仕事は必要だと思ったからです。

以前は避けていた派遣にも関心を持ち、エージェントに登録し、いくつかの派遣先で仕事をさせてもらいました。

転機は、派遣先の営業さんから転職エージェントの話を聞いた時です。

同系列で正社員の斡旋をする事業があり、そちらに応募してみないかといわれたのです。

それは燃料系の営業職でした。

前職と同じ営業でしたが、私には渡りに船でした。

実際に経験してわかった転職エージェントの利点

結果、転職エージェントの紹介で再就職を決めたのですが、良かった点がいくつもあります。

ひとつは、エージェントには独自の情報があることです。

派遣の営業とも連動している転職エージェントには、地域の中小、零細企業とのコネが豊富にありました。

また、派遣などで社員が出入りしているため、会社の雰囲気も事前に知ることができたのです。

私が紹介されたのは、以前勤めていたような大手企業ではありません。

社員20名ほどの会社で、支社などひとつもないような規模ですが、残業もほとんどなく社内の雰囲気もおっとりしています。

私は営業職ですが、ルート営業なのでノルマもなく、もちろん「激ヅメ」などきいたこともありません。

規模の大きさだけが会社を測るものではないと、改めて感じています。

また、転職の際には自分だけでがんばるのではなく、転職エージェントのようなサービスを利用するのもひとつの手かと思います。

客観的に自分を見てくれて、売り込みもしてくれるので、面接も気持ちを楽にして臨むこととができます。

 

こちらの記事もおすすめ

>> ブラック塾講師バイトを辞めて無職に…それでも27歳でホワイト企業に正社員として就職できました!

>> ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。 私は就職してから約4年、26歳で退職しました。 そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。そ …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …