ニートの就職体験談

23歳でパニック障害を発症し退職。25歳無職だった私が友達の結婚式をきっかけに就職できた奇跡!

投稿日:2019年9月25日 更新日:

私は高校を卒業してすぐ、地方から上京し大手の食品工場に就職しました。

23歳まで製造の仕事に携わり、ライン作業や包装業務など、あまり得意な仕事分野ではない職場に就職した事を疑問に思いながらも頑張って勤務していました。

職場でパニック障害を起こし、23歳の冬に退職

失敗して怒られることも多かった私は元々まじめすぎる性格からか、日々のストレスなどが重なり、パニック障害を発症しました。ライン作業が多く、職場に迷惑ばかりかけていた私は居づらくなり、退社を決意。23歳・冬の出来事でした。

その頃、同棲を始めたばかりの彼(現・旦那)に支えられながら、病気と闘う日々。結婚しているわけでもないのに面倒を見てもらうのも居心地が悪く、早く何とかしなければ!と気持ちだけは焦っていました。

病気は快方にむかってはいたものの、何も行動を起こさないまま2年が過ぎてしまいました。気持ちは焦りながらも、とりあえず生活に困ることがなかったために甘えがあったのだと思います。

友達の結婚式で知人に無職になった経緯を話す

そんな中、友達の結婚式に呼ばれた私は多少の不安を抱えながらも出席。

そこで知人に声をかけられたのです。その知人は友達の友達。私とはお互いに顔は知っている程度の関係でした。

たまたま同じテーブルに座ったことがきっかけで、無職であること、仕事を探したいがなかなか行動に移せないでいること。前職は自分に合った仕事ではないと感じていたが、そのまま働き続けて無理をしていたこと。次に働くときは楽しい!と思える仕事をやりたい。そんな話をしました。

知人から老人ホームの受付事務の仕事を紹介してもらう

後日友達から、その知人が私と連絡を取りたがっているとの話を聞き、早速連絡しました。ちょうど職場に欠員が出て、求人を出す話があったため、職を探さなきゃいけないと話していた私を紹介してくれようとしていたのです。

職種は有料老人ホームの受付事務。工場で働いていた私に事務仕事など勤まるものか?人前に出て受付をするなど、小心者の私にできるものか?と一度はお断りしました。

不安が多くなると起きる発作。私には無理、そう思ったのです。

でも、一か八か面接するだけしてみたら?知人の後押しを受け、一応面接。高校時代に取得していたいつか何かの役に立てば…くらいのスキルが役に立ちました。ワープロ検定・秘書検定・簿記・情報処理など。

今ではどんな勉強をしたのかすらも実はさっぱり???です。ただ、私の履歴書を見た上司の方は、私の経歴を買ってくれたのです。私という人間に期待してくれたのです。高校時代に頑張って勉強したその事実を信じてくれたのです。

高校卒業以来、一度も触ることもなかったパソコンは同じ受付事務をしている先輩が一つ一つ丁寧に教えてくれました。苦手だった人前で話すこと。職場にいたみんなが大丈夫だよ!って、応援してくれました。少しづつ自分が苦手だなと思っていた事を克服し、それが私の自信につながりました。

2ヶ月の研修期間を終え、正社員として採用してもらった時、私のパニック障害の発作は起きなくなっていました。毎日笑顔で仕事ができるようになりました。

自分には苦手、無理と思うことも一度は挑戦してみる

私は自分が苦手だと思っていたことが大好きな事になっていました。そこから約10年、出産の為に退社するまで天職に出会えた!と思い、充実して仕事をすることができました。そこでの仕事は私の自信になりました。

職場での仲間は私の宝物になりました。私はパソコンに向かう仕事が好きです。老人ホームでお年寄りの方と接する事が楽しかったです。写真を撮ったり、それを老人ホームの新聞に作り上げたりするのも好きな事だと、発見がありました。

自分には苦手だな、無理かもしれないなと思うことも、一度はやってみる勇気、それがとても大事な事だと感じています。

自分の事を誰かに話し、アウトプットしていく事で自分の未来が少しづつでも変わっていくのだと思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

地元の電気会社が倒産、25歳で無職に。1年の無職期間から就活を経て社会復帰するまでの記録

私は現在31歳で内装関係材料を扱う商社の営業マンとして働いています。そんな私ですが、25歳の時に一度無職になりました。 今回、無職になった私がどうやって正社員として働くことになったかお話したいと思いま …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

医療系大学を中退後ニートになり、介護資格を取って正社員になった話

初めまして。 今回は、女性の私が医療系大学を退学し、怠惰なニート生活を経て、最終的に特別養護老人ホームで正社員として働けるようになるまでの話をしたいと思います。 今、かつての私のようにニート生活で苦し …

熱意で「未経験不可」も突破!27歳無職が部品工場の正社員に就職できた体験談

新卒で働いていた会社を26歳の時にやめてしまいました。 やめた時は「すぐに就職できる」と思っていましたが、ずるずると無職期間、派遣期間が長引いてしまいました。 働いていない期間が増えれば増えるほど、就 …