ニートの就職体験談

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

投稿日:2019年10月29日 更新日:

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。

私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代でありました。

そんな中で私もご多分に漏れず就職先がなかなか決まらず、結局大学卒業までの間に就職先は決まりませんでした。

そこから私のパチンコニート生活が開始されます。

ここでは、私が実際に経験した、ニート生活から正社員に登用されたまでの軌跡をご紹介いたします。

朝から深夜まで毎日パチンコに通う日々

大学卒業後、就職活動にも疲弊していた私は特に何かに対するやる気も起きず、しかし生活費は稼がなければなりませんでしたので、一先ずパチンコとパチスロでお金を稼ごうと思いました。

そこで、パチンコ店に通う生活が始まります。この生活は25歳までの3年間続きます。

パチンコ店では新台や良い台があれば朝一に並んで取りに行かなければなりませんので、朝の8時半くらいには整理券を貰いに店の前に並ばなければいけません。

人気店だと7時半くらいに並ぶ時もあります。

そして、夜は閉店間際22時45分くらいには駅前の各店舗をチェックしなければなりませんので、明日の準備用に各店舗を回って歩きます。

それを毎日毎日繰り返します

日中は日中で眠気眼の中、台を打ち続けなればなりませんでした。

両肩が疲労感で物凄く重く、そして痛くそれでも毎日毎日打ち続けました。

日中大音量の店内で仕事をしているため、夜になっても一向に眠れません。

頭の中でガンガンに効果音が鳴り響き、眼が冴え渡っているため、しょうがなくファミレスに行って深夜3時や4時くらいまでは勉強をしていました。

やることがないし、家にいてもしょうがないので他にしようがありませんでした。

パチンコ店には、縄張り争いのライバルやパチンコ店で働いている人、またキャンペーンガールの様な仕事をしている人もいるわけですが、そういう方々とも次第に親しくなり色々と話しをするようになりました。

色々な方の話を聞いていく中で、また親しくなって相手の本音を聞くとともに、やはり悶々としたものが溜まってきていました。

お金は稼げているからこれを続けていればやがて資産は作れるだろうが、何だか違う気がずっとしていたのです。

これを延々と続けるような生活で本当に良いのだろうか?という自問自答はよく行っていました。

ふらっと何となく電車に乗り、海に出かけてはそのまま旅行に突入してしまうことも幾度となくありました。

いわゆる、自分探しの旅というやつですね。

そんな日々を繰り返している内にある日転機を迎えます。

大学職員に正社員登用!舞台さえ整えば正社員になるのは楽だった!?

駅前には行きつけのパチンコ店もありましたが、ハローワークもありました。

ある日の朝、パチンコ店が10時に開店する前にふとハローワークに行ってみようという気が起きたのです。

何故、今までの行動パターンを変えたのかその当時ははっきりとした理由は分かりませんでしたが、今振り返ってみるとニート生活に限界を感じていたのだと思っています。

パチンコ店に朝から入り浸っている人間と言えば、現役を引退されている高齢者を除けばロクな人がいませんでした。

簡単に勝てる遊戯で負けている人ばかり、何百万、何千万円というお金を吸収されている人も多くいました。

そういう人たちと一緒にいるのにも、限界を感じていたのかもしれません。

それに、パチンコとパチスロにも飽きました。

就職活動の仕方は知っていましたが、リクナビNEXTマイナビエージェントを使っての一般的な就職の仕方で進めていてはライバルに歯が立たないと思っていましたので、その時にはハローワークを使って差別化を図ろうと考えていました。

ハローワークで楽そうな公系の仕事、計3つの紹介を受けました。

そして、3つ就職面接を受けた中の2つに合格してしまいました。

余りにあっさり受かってしまったのでびっくりしました。

一つは国からの資格試験の代行を請け負っている公系の機関で、もう一つが今後勤めることになる大学の職員です。

就職試験では小論文や学力試験もありましたが、小論文は思っていることをただ書き記したら面接官の方に非常に好感を持たれたらしく、学力試験も所詮は高校レベルか大学教養レベルの問題しか出てきませんでしたのであっさり通過してしまいました。

では、学生時の就職活動と無職時の就職活動で何が変わったのかというと、結局のところ社会情勢が変わっただけです。

つまり、好景気になって人が不足しているから、人が足りていないから簡単に就職できてしまうというその変化だけなのです。

舞台さえ整えば、正直ヒューマンスキルはそれほど土俵には上がってこないとも言えるのかもしれません。

まとめ

最後に面接の場で評価された内容についてお話いたします。

私のニート生活では職業病とでも言うのでしょうか、夜眠くても眠れないという特性ができてしまいましたので眠れない間基本的にはずっとパソコンをいじっていました。

そこでパソコン技術が向上したり、お金儲けの為にファイナンスを勉強していたわけですが、そういう知識が評価されました。

つまり、ITに長けている人材はどこに言っても必ず評価されます。

コンサルティングファームを考えていただければ分かりますが、分野は金融とITになります。

つまり、世の中の戦略は金融とITで決まる、それだけ重要な分野がこの2つということです。

だから、ITに長けている者はどの業界に行っても重宝されます。

そして、私の場合毎日パチンコとパチスロを繰り返していく中で緊張やドキドキしない体質ができあがっていました。

それ故、面接で1対10の幹部面接もありましたが、何も感じませんでしたし、淡々と思っていることを話しました。

そういうことも重要だと考えます。

緊張すれば、上がってしまえば話したいことも話せなくなりますが、平常心を保てるなら面接の中で少なくとも何かを残すことはできると言えます。

ニート生活は常に負けられないという日々の中で生活していましたので、それから比べればどんな環境もどんな仕事も大したことないと余裕を持って考えることができるのではないでしょうか。

そう考えると、何事も前向きに取り組めると言えるのかもしれません。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

4年間のパラサイトシングル状態。25歳無職女ニートが倉庫業の正社員に採用されるまで

私(女)が25歳で倉庫業の正社員になれたお話をします。 この記事がご参考になれば幸いです。 目次高卒で地元の製造業に就職するも、仕事の大変さ・理不尽さを思い知る「誰にも会いたくない」状態になり、21歳 …

27歳でうつ病退職し1年後、職業指導員として再就職できた話

新卒で入社した会社で3年目のときにパワハラでうつ病になりました。 うつ病で1年半休職し、退職して1年後に正社員で大手企業の子会社に就職することができました。 今も通院中ですが、うつ真っ只中のときは働く …

無職生活1年半!31歳無職から重機メーカーに派遣から正社員事務として就職することができました

はじめまして。現在32歳の会社員です。 現在は重機メーカーの事務として関東にある会社で正社員として働いています。 その前までは30歳から31歳まで1年半ほど無職で生活していました。 目次無職になったき …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。 仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日 …

32歳で大手運送会社を途中退職。無職を経て施工管理会社に再就職した話

私は現在34歳の男性で、建設などの施工管理をする職種に就いています。 以前は大手運送会社の正社員として働いていましたが、30歳の頃、時代の流れにより会社方針も変化していく中、自分の考える方向性との違い …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …