ニートの就職体験談

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

投稿日:2017年7月31日 更新日:

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。

ここではその体験談をお話したいと思います。

ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職

大学卒業後は、自分の好きな洋服を仕事にしたいとアパレルメーカーに就職しました。

そこでの仕事は百貨店営業としてスタート。

しかし、ある時から自分の本当にやりたいことについて考えるようになりました。

というのも、私は子供の頃からラーメンが大好きでした。

私はラーメンの奥深さ、魅力にとりつかれ将来ラーメン店を開業して繁盛させフランチャイズ化を夢見ていました。

あるとき、自分のやりたいことはこれだと思い、周囲の反対を押し切りながらアパレルメーカーを1年で退職し、ラーメン店に修行に入ることにしたのです。

その店は地元ではかなり有名店で、私もその味を習得したいと頼み込んでアルバイトという形で働き始めました。

しかし、そう簡単に色々教えてもらえるハズもなく自分で勝手に覚えろという主人の元、ずん胴洗いからスタートしました。

私の取り組む姿勢に主人の対応も徐々に変わり、わりと順調に進んでいました

ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる

しかし次第に、ラーメン店は考えていた以上に手間ヒマがかかり、非効率なことの方がよしとされるやり方や、手間の割に利益が少なく商売として魅力がないことに気付きました。

私は手探りの将来に不安が募りだし、修行を辞めることにしました。

自分の思い描いた人生が頓挫してしまい、なにをしたらいいのかを見失いました。

幸い実家だったので食べるには困りませんでしたが、両親はいい歳をした息子が無職で家にいることが恥のようだったので、近所では私のことは一切隠していました。

そんな事もあり、なんとなく家にいずらい感じでした。

再就職を目指しましたが、何の仕事をしたいかということが具体的になかったので自分のできそうな仕事をかたっぱしからハローワークを中心として紹介してもらいました。

しかし最初の会社をすぐ辞めたことやラーメンの夢を簡単に諦めたことを面接では鋭く突っ込まれ不採用の嵐でした。

まだ若いしすぐに見つかるだろうと高を括っていましたが、中途採用となるとそれなりのキャリアスキルが求められるため、ずん胴の洗い方が少しばかり上手なことなんかはクソの役にも立たず、なにもできない自分を情けなくなく思いながら無職が続きました。

父からは働かない男はクズだとまで言われ、この言葉をなにくそとかみしめて踏ん張っていました。

ここから人生を立て直すんだという強い気持ちを持って就活をし、面接ではこれまでの考えが甘かったことを反省してその経験を糧に働くことを語りました。

旧友の助けで輸入車ディーラーの営業に正社員として再就職

そんな中、大学のころよく遊んでた悪友に偶然会いました。

2人で車を色々改造して夜な夜な走り廻ってました。

彼は輸入車のディーラーで営業をしていました。

彼は私の近況を聞くと、自分の会社が中途採用の募集をしていると言って私を誘ってくれました。

売っている車は私の好きな車で新卒の就活の時にはアパレルの次に考えていた業界なこともあり、彼に紹介してもらうことになりました。

見事、正社員として採用してもらえることになり、無職から脱出できました。

実績が評価され2年で営業主任に

あれから2年、ノルマは大変ですがいろんなお客さんに巡り合って仕事が楽しくて仕方ありません。

こんなに車を売ることができるなんて思ってもいませんでしたが、人と接することが得意だったこともありこの仕事が性に合っていたようです。

さらに、実績を評価してもらい入社2年で営業主任になりました。

ここまで一直線の道ではありませんでしたが、実はこの道にたどり着くようになっていたんじゃないかと今考えます。

誇りをもって前進あるのみ

その時その時の決断はけっして間違っていたのではなく、その時はその決断がベストと思って下していることなので無職状態に陥りましたが、後悔は一切ありません。

この道違うなと気づいたら迷わず方向転換すればいいだけです。

歩んで来た道に誇りを忘れずに前進あるのみです。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

大学卒業後、小説を書く道を選び無職に。27歳の実家ニート状態だった私が医療機器メーカー営業職に就職できたきっかけ

私は現在29歳の男です。 27歳のときに無職から医療機器メーカーの営業職に就職することができたのでその話を書こうと思います。 目次東京の大学を卒業するも、就職せずに小説を書く道を選ぶ26歳の夏にエアコ …

4年間のパラサイトシングル状態。25歳無職女ニートが倉庫業の正社員に採用されるまで

私(女)が25歳で倉庫業の正社員になれたお話をします。 この記事がご参考になれば幸いです。 目次高卒で地元の製造業に就職するも、仕事の大変さ・理不尽さを思い知る「誰にも会いたくない」状態になり、21歳 …

28歳無職のPC未経験者がIT企業にシステムエンジニアとして就職するまで

私は現在28歳のシステムエンジニアの卵です。 以前は卵ですらない無職でした。無職になった経緯としては、前職の営業職で無理をしたため精神的な病気になってしまいました。 その後は精神的な病気と付き合いつつ …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

保育士から1年のニート期間を経て販売業に転職!その道のりとは?

『終身雇用』という、死ぬまで同じ会社に勤め上げる事こそ立派な社会人だという考えは時代と共に変化してきました。 現在では『自分のやりたい事を仕事にする』『合わなければ転職する』『スキルアップの為に転職す …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

介護職に嫌気がさし28歳で無職に…29歳で就職フェスタをきっかけに正社員採用される!

私は大学を卒業して就職をしたのですが、人間関係や会社の組織体制に不満があり20代の頃に転職を多く経験してきました。 一度は無職の時代も経験することになり、その頃から無事に正社員として就職できた経緯など …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …