ニートの就職体験談

自衛隊を辞め、公務員試験に挫折。28歳無職から奇跡の公務員合格まで

投稿日:2019年9月5日 更新日:

はじめまして、私は地元で公務員をしている男です。

これから私の人生を少し話させていただきます。

高卒から就職、23歳で学生へ

私は34の男です。ついた職業は地元の公務員です。

私は地元で育ってきました。父は厳しかったので反動的に勉強が嫌いでした。

高校受験まで勉強はほとんどせず適当に生きてきました。

おかげで高校受験に失敗し、父にめちゃくちゃ怒られました。

高校ではずっとバレーをして、勉強はしませんでしたが、スポーツは3年やり切りました。

そのおかげで自衛隊に入隊することができました。

自衛隊では体力がないことやコミュニケーション能力が低いことで苦労しましたが頑張って続けました。

気づけば5年たっていましたが、このままここにいたくないなという思いが強くなってきたんです。

人生一度きり、地元に帰って地元のために働きたいと退職する決意し、23歳で自衛隊を退職。

そこから公務員になるべく人生で初の本気勉強をはじめました。

9名中8人が合格。自分だけ落ちた公務員試験で感じた挫折

全く勉強しなかった自分が、大学に入り年下にまぎれながら勉強をはじめました。

高校は工業科であったため普通の進学校の勉強はしていなかったため、苦労しました。

全く授業についていけませんでしたが、自衛隊で頑張った時の根性があり、一生懸命勉強しました。

1年後には公務員試験の1次試験に合格できるくらいの学力をつけました。

25歳で学生を卒業するまで、1次試験には通るものの2次試験は落ちる日々でした。

26歳のとき公務員になれる最終年となりましたが、3次試験でまさかの不合格!!

9名中8名が合格。自分だけ落ちたんです。12月に!!

とても辛かったことを記憶しています。

地元に戻って就職するも27歳でクビになり無職へ

なりたかった公務員になれず、あきらめて民間に就職しようと思い地元に帰ってきました。

ハローワークに27歳で通いつめてました。

そしてある小さい会社に就職が決まったんです。

就職してから2週間後ホームページをみていたら、高校卒業の年齢制限と大学の年齢制限がちがうことがわかりました。

そこから頭をフル回転させて考えたのが通信大学の存在。

専門学校に行っていたので3年次編入し、最短で卒業すればまた挑戦権が得られるとことを突き止めました。

働きながら勉強するの大変と思う中、腹をくくり絶対になるんだという強い気持ちを持ったこと覚えています。

ところが就職してから3か月!!

君とは来月から契約しないと社長から伝えられました。

まさかのクビ!!マジかと思いながら、乱れることなくわかりましたと答えました。

27歳でまた無職になりました。

28歳で公務員試験に奇跡の合格!28歳無職からの離脱

27歳からの28歳の2年間は必死に勉強しかない。ここでだめなら死ぬしかない。

そんな気持ちで頑張りました。体力もつけるため、フルマラソンなども積極的に走りました。

そして28歳での試験のとき、大学を卒業見込みで受けました。

誰も助けてくれない、親にはいつになったら就職するのって言われながらも頑張ってきた日々を面接で伝えました。

そして3次試験までいき、前回おちた3次試験。フラッシュバックしそうな記憶があるなかで最後まで頑張りました。

 

結果は合格!!

 

28歳の時でした。そして大学の単位もしっかり取り、就職が決まりました。

まとめ

無職の時って先があるかわからないから不安なんですね。

誰も助けてくれないし、孤独な闘いがあるんですね。

就職しても大丈夫かって不安もある。

でも自分が思うのは自分の信じた道は絶対頑張れば叶うんです。

それを可能にするのはやはり自分自身なんです。

自分が決めて、そこに向かう気持ちがあれば就職だって可能なんです。

決して逃げないでください。

かつての偉人達の言葉も自分が頑張った分だけ理解できるようになるんです。

中途半端にしなければ、光は必ず当たります。

皆さんも頑張ってください。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

「就職が決まらない」が一転!34歳女性が転職エージェントで正社員として再就職できた話

女子大学を卒業し新卒でフィットネスクラブに就職をしました。 サービス業なので変則シフトの週休2日制。 営業時間の短い7時~23時位までの店舗は基本的に2交代制。 24時間営業の店舗は3交代制と言う勤務 …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

25歳で退職し商工会議所に再就職&30歳で経営企画に再就職

私は現在30歳女性で、5歳の息子がいるシングルマザーです。 新卒で就職してからまだ8年ですが、既に就職→育休→退職・転職→退職・起業→再就職という波乱万丈の職業生活を歩んできました。 なぜ退職しなけれ …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …

美容商品営業を退職し30歳無職からシステムエンジニアとして就職できました

わたしは37歳、関西在住の男性です。 現在はシステムエンジニアとして働いています。 30歳で正社員となれましたが、それまでの経緯を記載させて頂きます。 目次大学を卒業後、美容商品を扱う営業に就職体調を …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …