ニートの就職体験談

大学卒業と同時に無職に。29歳無職から製造会社事務に正社員として就職できるまで

投稿日:2017年7月31日 更新日:

私は大学で経営学や経済について学びましたが、就活がうまくいかず新卒での就職ができませんでした。

卒業後はフリーター状態となり職を転々としつつ一時はニート状態。

資格取得などを経てなんとか29歳のときに就職できました。

その体験談を紹介したいと思います。

やりたいことが見つからず大学卒業と同時に無職に

高校卒業後、上京して東京の私立大学に進みました。

高校時代から成績は悪い方ではなく、大学の授業も特に難しいと感じたことはありません。

勤勉に授業に出席するタイプでもありませんでしたが、単位を落とすことなどはありませんでした。

就活中は、他の学生にくらべれば熱心に就活をしていなかったかもしれません。

なんとなく制作会社が面白そうだと思い調べたり、学生時代に環境問題の授業などに興味を持っていたため、そういった分野に携わるのもいいかもしれないと思ったり、いろいろ考えてはいましたがあまりピンときませんでした。

周囲は大学4年になるころには内定をもらっていましたが、私は全くめどが立たず。

それでも焦って就職するよりやりたいことをみつけようと、卒業後も学生時代のバイトを継続して気長にうっすらと就職活動をしていました。

内心やはりネット動画などを作るような制作系の仕事に興味があり、バイト先もそういう系統の会社のデータ入力の仕事でした。

しかし、やはりそうした会社は概ね激務であり女性も少ない印象で、その会社で働く人も得意なタイプの人ではないことが多く、この業界に飛び込むには勇気がありませんでした。

地元へ帰り、就業支援として博物館で働く

2年ほどそうした生活をしていましたが、やはり家賃や生活費がままならず、体調もよくなかったため、地元に帰ることにしました。

東京にいたいような気もしましたが、実家暮らしの生活は慣れれば快適でそれなりに満足でした。

ハローワークに行って事務に必要なエクセルや簿記の勉強をして資格をとりました。

しかしその後資格を活かしてすぐに就職したわけではなく、1年半ほど博物館のような所で働きました。

それは一般的な就職やアルバイトとは違い、就業支援のような形で最長5年間そこで働き、それからどこか別の所へ就職するというものでした。

5年そこにいる人はおらず、だいたい2年ほどで人が入れ替わりました。

そこでの仕事はそれなりに楽しく、自分で展示の説明内容などを考えたり、子供たちを案内したりと任せてもらえることも多く、仕事は嫌ではありませんでした。

しかし、そこはずっといられるところではないため辞めました。

それからしばらくニートでした。

もちろん就職しなければなりませんが、それなりに貯金もできたので旅行にいったりしていました。

親は心配しているようでした。

主にリクナビNEXTで就職活動!

しかし、年齢も年齢なので、さすがに就職しなくてはなりません。

友人も皆就職していますし、結婚をしていく友人も増えました。

一時期婚活もがんばったりもしました。

なんとなくリクナビNEXTに登録しました。

それでも大学卒業後からブランクがあっての就職なので、なかなか正社員に応募する勇気がありませんでした。

また、何年もこうした生活を続けるうちに、自分のやりたいことと、就職して会社員としてできそうなことの間には隔たりがあるのがわかり、就職は「できそうなこと」に主軸を置いて探そうと思えました。

今思えば多くの友人たちがそうして就職していたのだと思います。

製造会社事務の派遣社員に応募し、正社員まで昇格

リクナビNEXTを利用し、比較的受け皿の広い派遣社員に応募しました。

それほど激務ではない事務の仕事で一から教えてもらえるというものが派遣社員には多かったからです。

そして派遣社員として働くことになりました。

面接のようなものはなく、履歴書を出して面談というものをしてこちらの意向を聞いて派遣先を決める流れです。

その間、事務に必要なパソコンスキルの勉強やマナー講習などを受けて、派遣先が決まりました。

重機などの部品製造の会社の事務です。

覚えることが多く、同じミスをしてしまうこともありましたが、なんとかそれなりに仕事が出来るようになりました。

派遣のうちは、自分の仕事が終わっていればほぼ定時で帰ることができるのがいいところです。

そのためできれば派遣でいたかったのですが、1年ほど働き会社と合うなら正社員として雇用してもらえるシステムですので、派遣として働いて1年半ほどたった頃の面談で、正社員として雇ってもらうことにしました。

大学卒業後のブランクが長いこともあり、おそらく普通の就職のような履歴書を送付して面接をして、と言う流れでは難しかったかもしれません。

もともと面接なども得意ではなかったので、派遣社員として働きながら上司と面談して社員になる、という方法が合っていたと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。 私は就職してから約4年、26歳で退職しました。 そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。そ …

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

35歳になる女性です。 氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。 一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。 しかしそこは強烈な …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

結婚で退職するも離婚。32歳無職の私がエージェントで正社員採用されるまで

35歳の女性です。 現在は電機メーカーにて営業事務をしておりますが、32歳の時に無職から正社員になるために就職活動をしたのでその体験談を紹介します。 目次結婚を機に主婦となるも価値観のすれ違いから離婚 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

一度は心が折れた私が、27歳で無職からソフトウェア制作会社に再就職できるまで

私は現在35歳の男性です。 現在の仕事はソフトウェアの制作業で、職種はエンジニアとして働いています。 私は24歳から26歳までの空白の期間、つまり無職の状態から その後27歳で再就職することになった、 …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

お祈りメールで疲弊していた25歳職歴なし無職が職業訓練校に通いITベンチャー企業に就職することになったきっかけ

僕が25歳でIT企業の正社員に就職した話をします。 そもそも何故無職になったのか。 それは大学時代の就職活動の失敗がありました。大学時代はアルバイトに明け暮れて勉強等は一切しない日々で、気が付けば大学 …

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …