ニートの就職体験談

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

投稿日:2019年10月16日 更新日:

私は現在32歳の女性です。

今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。

今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。

毎日のように上司のパワハラ。鬱と診断され26歳でニートへ

大学を卒業後、国内アパレル企業の正社員として接客販売の仕事をしていました。

私が配属された店舗には、今考えればパワハラを平気でおこなう上司がおり、私は毎日のようにその上司から怒鳴られていました。

そして、いつの間にかその上司に怒られないために仕事をしているような状況になっていました。

そんな日々が4年ほど続いたある日、私はついに体調を崩しました。

出社しようと思うと、涙が止まらず、会社に行けなくなってしまったのです。

病院で「」と診断され、会社を辞めました。

そして、実家に帰りニート生活を送ることになったのです。

2年間のニート生活の後、外資系アパレル3社の求人へ応募

ニートになってからというもの、私はとても不安な気持ちに苛まれていました。

幸い、傷病手当金をもらえることになりましたし、実家で生活をさせてもらっていたということもあり、なんとか生きてはいけていました。

けれど、自分がいわゆる「レール」から外れてしまったことを恥ずかしく思う気持ちや、両親に申し訳ない気持ち、それに加えて今後また新しい職場で働くことを怖いと思う気持ちで頭がいっぱいでした。

そんな悶々とした日々を送る中で、自分の気持ちを整理してみるという作業を行いました。

今までは周りに流されてただ何となく仕事をしていましたが、

「自分はこれからどのような人生を送りたいのか」

「自分にとって何が一番大切なのか」

「自分が幸せを感じるのはどのような時なのか」

などを深く掘り下げて考えてみることにしたのです。

そこでわかったことは、自分はお金よりも家族や友人たちと一緒にのんびりと過ごす時間の方が大切なのだということでした。

それがわかってから、「ワークライフバランスを実現できる外資系の企業に就職したい」と思い、就活を決意しました。

もともとアパレルしか経験したことがなかったので、外資系アパレルの公式サイトから求人情報を探し、3社に応募しました。

2社から内定をもらい、28歳無職から正社員として就職できた!

就活をするにあたって心の支えになったのが、母からの言葉でした。

母は「自分の思う通りにやったらいい」、「健康が一番だから、焦らなくていい」と言ってくれました。

その言葉を胸に、私は就活に臨みました。

2年間のブランクがあったのでかなり不安だったのですが、以前の経験があったからか書類選考は3社とも通過しました。

面接において私が大切にしたことは、「嘘をつかない」ということでした。

面接では必ず、2年間のニート生活のことを突っ込まれると考えました。

けれど、そこで嘘をついてごまかしたりせずに、正直に「以前の職場で体調を崩して2年間は実家で静養していました。辛い日々でしたが、自分と向き合うことができて、自分がこれから何を大切にして生きていきたいのかということを突き詰めることができたので、私にとっては大切な2年間でした」ということを話しました。

その結果、3社中2社から正社員として内定をいただくことができました。

まとめ

ニート生活をしていた2年間、ずっと不安と闘っていました。

けれど、この2年間があったからこそ、今では他人だけではなく自分にも優しくできるようになったと感じています。

私がニートからの就職で大切にしたことは、「自分の人生は自分だけのものであり、人と同じ人生を歩む必要はない」ということを理解し、「今の自分を受け入れて、正直になること」だったと思います。

あなたも少しでも自分に自信を持てるように、少しでも自分のことが好きになれるようにゆっくりと自分の心を向き合ってみる時間を作ってみてください。

あまり焦らず、型にはまろうと頑張りすぎず、自分にとっての「幸せ」を探してみてください。

同じ境遇にあった者のひとりとして、心から応援しています。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次バンドマンから無職になるまで既卒向け就職支援サ …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。 私は就職してから約4年、26歳で退職しました。 そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。そ …

生活費だけ稼ぐ25歳職歴なしフリーターが事務職(人事労務)へ就職できたわけ

私は大学を卒業後、約2年ほど一人暮らしのフリーターをして生活をしていました。 しかし、25歳から本格的に就職活動を始め事務職(人事労務)に就職することができました。 私が25歳の職歴なしから、どのよう …

高校中退から27歳でニートを脱出。職歴なしから就職をして統括マネージャーになるまで

私は40歳の男性です。 私は、高校を中退してからニート生活を続けていました。 ニートと言っても一口では語ることはできません。 一人一人にそれぞれの事情があるはずです。 私の場合は「うつ病」でした。 目 …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

20歳職歴なし対人恐怖症だった私が初めてコンビニ店員に就職した話

私は現在33歳の主婦です。 今回は、私が高校卒業してから2年間ニート生活を経験した後、コンビニ店員として働くようになった体験談をお話したいと思います。 目次不登校、イジメがキッカケで対人恐怖症に対人恐 …

27歳でうつ病退職し1年後、職業指導員として再就職できた話

新卒で入社した会社で3年目のときにパワハラでうつ病になりました。 うつ病で1年半休職し、退職して1年後に正社員で大手企業の子会社に就職することができました。 今も通院中ですが、うつ真っ只中のときは働く …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …