ニートの就職体験談

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

投稿日:2019年10月16日 更新日:

私は現在32歳の女性です。

今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。

今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。

毎日のように上司のパワハラ。鬱と診断され26歳でニートへ

大学を卒業後、国内アパレル企業の正社員として接客販売の仕事をしていました。

私が配属された店舗には、今考えればパワハラを平気でおこなう上司がおり、私は毎日のようにその上司から怒鳴られていました。

そして、いつの間にかその上司に怒られないために仕事をしているような状況になっていました。

そんな日々が4年ほど続いたある日、私はついに体調を崩しました。

出社しようと思うと、涙が止まらず、会社に行けなくなってしまったのです。

病院で「」と診断され、会社を辞めました。

そして、実家に帰りニート生活を送ることになったのです。

2年間のニート生活の後、外資系アパレル3社の求人へ応募

ニートになってからというもの、私はとても不安な気持ちに苛まれていました。

幸い、傷病手当金をもらえることになりましたし、実家で生活をさせてもらっていたということもあり、なんとか生きてはいけていました。

けれど、自分がいわゆる「レール」から外れてしまったことを恥ずかしく思う気持ちや、両親に申し訳ない気持ち、それに加えて今後また新しい職場で働くことを怖いと思う気持ちで頭がいっぱいでした。

そんな悶々とした日々を送る中で、自分の気持ちを整理してみるという作業を行いました。

今までは周りに流されてただ何となく仕事をしていましたが、

「自分はこれからどのような人生を送りたいのか」

「自分にとって何が一番大切なのか」

「自分が幸せを感じるのはどのような時なのか」

などを深く掘り下げて考えてみることにしたのです。

そこでわかったことは、自分はお金よりも家族や友人たちと一緒にのんびりと過ごす時間の方が大切なのだということでした。

それがわかってから、「ワークライフバランスを実現できる外資系の企業に就職したい」と思い、就活を決意しました。

もともとアパレルしか経験したことがなかったので、外資系アパレルの公式サイトから求人情報を探し、3社に応募しました。

2社から内定をもらい、28歳無職から正社員として就職できた!

就活をするにあたって心の支えになったのが、母からの言葉でした。

母は「自分の思う通りにやったらいい」、「健康が一番だから、焦らなくていい」と言ってくれました。

その言葉を胸に、私は就活に臨みました。

2年間のブランクがあったのでかなり不安だったのですが、以前の経験があったからか書類選考は3社とも通過しました。

面接において私が大切にしたことは、「嘘をつかない」ということでした。

面接では必ず、2年間のニート生活のことを突っ込まれると考えました。

けれど、そこで嘘をついてごまかしたりせずに、正直に「以前の職場で体調を崩して2年間は実家で静養していました。辛い日々でしたが、自分と向き合うことができて、自分がこれから何を大切にして生きていきたいのかということを突き詰めることができたので、私にとっては大切な2年間でした」ということを話しました。

その結果、3社中2社から正社員として内定をいただくことができました。

まとめ

ニート生活をしていた2年間、ずっと不安と闘っていました。

けれど、この2年間があったからこそ、今では他人だけではなく自分にも優しくできるようになったと感じています。

私がニートからの就職で大切にしたことは、「自分の人生は自分だけのものであり、人と同じ人生を歩む必要はない」ということを理解し、「今の自分を受け入れて、正直になること」だったと思います。

あなたも少しでも自分に自信を持てるように、少しでも自分のことが好きになれるようにゆっくりと自分の心を向き合ってみる時間を作ってみてください。

あまり焦らず、型にはまろうと頑張りすぎず、自分にとっての「幸せ」を探してみてください。

同じ境遇にあった者のひとりとして、心から応援しています。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

無職の彼氏ナシ26歳女が上京して、未経験のWEB広告代理店に就職するまで

こんにちは。 これは私が26歳の頃、新卒で入社した会社を次の働き先のあてもなく退職、その後に勢いにまかせて上京、まったく未経験の業種であるWEB広告代理店に就職することができた経験をご紹介しています。 …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

美術系学部卒業後、22歳無職に…若者向けハローワークで逆転就職!

私が無職になったのは美術系学部卒業後22歳の年でした。 美術系の学部に通っていた私はデザイナーを目指して在職中からデザインプロダクションと大学がタッグを組んで行うプロジェクトに参加したり、海外の美術大 …

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

海外留学のため退職!33歳で生命保険会社の内勤職として再就職できた話

 大学を卒業してから生命保険会社の内勤として勤務しました。 大手企業だったので、収入は男性の平均以上あり、金銭面でも特に不満もなく勤務していました。 ところが、31歳の時にふと「このまま安定した生活を …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …