ニートにおすすめの資格

TOEIC980点のハイスぺニートが就職できる職種、仕事は?

投稿日:2017年3月21日 更新日:

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、世界共通の検定試験です。

この試験の特徴は合否制ではなく10〜990点の範囲で上下するスコアで評価される点にあります。

点数が高ければ高いほど英語を用いた外国人とのコミュニケーション能力の高さの証明になるのです。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

この記事では、そんなTOEICで980点を取ることができたハイスペックニートの方向けに、どのような職種に就けるのか、またはどのような待遇を得られるのか紹介していきます。

TOEIC900点台は就活に圧倒的有利

一般的にTOEICでは点数ごとにA~Eの5つのランクに分ける事ができ、860点を超えると英語で十分なコミュニケーションを行う事ができるAクラスと位置付けられます。

結論から言ってしまうならば、TOEICで高得点を獲得していると転職市場では圧倒的に有利です。

それこそ英語が専門ではない職種の場合なら、たとえ元ニートでも希望の会社に就ける可能性は十分に生まれてきます。

TOEICで高得点を取るには頭の良さだけでなく、目標を達成するために継続的な努力が必要で、採用側からしても人間性の評価材料となるわけです。

もちろん、TOEICで高得点を取ったから、絶対転職できる・・というわけではありませんが、書類を目にした際、一度面接で話を聞いてみたいと思わせる強い影響力はデカいですよ!

TOEIC980点で就ける仕事

求人募集されている企業の中にもTOEIC900台の方のみ募集しているものも存在しています。

具体的な例をあげるならば外資系企業や貿易業、国産車の海外向けディーラーなど様々。

どの職種にもいえるのが、高い英語力が求められている点です。

TOEICで900点を超えている方は受験者全体の1割にも満たないと言われています。

つまりニートのあなたでも採用のフィールドに立つことができるというわけです。

もちろん、高い英語力は幅広く様々な業界で評価される材料になりますので、転職活動を行う上で大きな手助けとなることは間違いないでしょう。

まとめ

TOEICの平均スコアは毎回570点前後だと言われており、そのスコアを大きく超えた貴方はそれだけで社会にとって貴重な人財なのです。

一歩踏み出せば社会人復帰も夢じゃありません。

近年、経済もグローバル化が進み語学力に関する需要も年々高まってきています。

まさに今がチャンス!転職への道は既に拓かれておりますよ。

参考URL:https://eigo-koryaku.com/?p=129


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートは宅建を取ろう!宅建士で有利になる就職先とは?

ニートの中には、どうやって社会復帰をすればいいかわからず、困っている人も多いことでしょう。 そういったニートにおすすめなのが、宅建の資格です。 宅建を取得すれば、ニートでも簡単に就職することができます …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 20代職歴なしからで …

ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

ニートから就職するために資格を取りたいという人も多いと思います。 私もニート時代にいくつか資格を取得しました。 それほど難易度が高くないもので、就職するときにあれば有利な資格、履歴書に書ける資格につい …

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …

まだこれから!20代ニートからの就職に有利な資格

20代ニートが就職するには、資格を持っていると有利です。 なぜなら、資格は「この分野に対して勉強してきました」と客観的に証明できるものだからです。 特に20代ニートで長期的に働きたいと考えている場合、 …

ニートが社会保険労務士の資格でつける仕事とは?資格の取り方や、気になる待遇を紹介!

社会保険労務士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 実際、私もニート時代に社会保険労務士についてよく調べました。 ここでは社会保険労務士の仕事、資格の取り方、どんな仕事があるのかをご紹介しま …

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

ニートにとって、いきなり就職するのは少しハードルが高いかもしれません。 そこで、まずは専門学校に行って資格を取得しようと考える人も多いでしょう。 私もニートを脱出しようと、専門学校への入学を真剣に考え …

Webエンジニアになるために必要、有利な資格はなに?

「社内システムのWeb化」など、自分が耳にしたことがある範囲内でも、既に様々なところで「Web化」が浸透してきていますよね。 Webエンジニアとは、Webに関しての幅広い知識やスキルを持ち合わせた人の …

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 20代職歴 …