ニート向けの仕事一覧

疲れない仕事はある?肉体、精神、人間関係で疲れない仕事を5つずつ紹介

投稿日:

仕事をするなかで、さまざまなストレスから疲れを感じる人が増えています。人によって肉体的な疲れであることもあれば、精神的な疲れであることもあります。

当記事ではこれから「疲れない仕事」を探そうとしている人があらかじめ知っておきたいポイントについてまとめています。

仕事で疲れる主な原因3つ

仕事をしていてひどい疲れを感じる人は、まずは疲れの原因となっているものが何なのかをつきとめることが重要です。疲れの原因といえば、主なものは以下の3つがあります。

人間関係によるストレス

会社など組織で働いている人は特にそうですが、職場においては人間関係がつきまといます。人によっては人間関係が大きなストレスとなり疲労につながります。例えば、直属の上司とそりが合わず、日々緊張感を強いられたりイライラを強いられたりしている場合です。

仕事内容が合っていない

好きな仕事なら時間を忘れて続けることができるかもしれません。ただ、仕事内容が自分の適性に合っていないならば、ストレスを感じ疲労を感じやすくなります。例えば人とコミュニケーションをとるのが苦手な人が接客業に就いているといったケースなどです。

あるいは体力がないのに重い荷物を持つような仕事をしている場合、肉体的な疲労が溜まりやすくなります。

電子機器による疲れ

オフィスワークではパソコンを使った仕事が増えています。そういった仕事では、パソコン画面を一日中見ていることによる眼精疲労や同じ姿勢をつづけることが、大きな疲労につながっている場合があります。

仕事で疲れやすい人と疲れにくい人の違いは?

同じ仕事をしていても疲れやすい人と疲れにくい人がいます。一体どこに違いがあるのでしょうか?

もちろんケースによりけりですが、仕事をしていて特に精神的な疲れを感じやすい人は「完璧主義」の人に多く見られます。そのタイプの人は、細かいことを求めすぎることから、必要以上に緊張をしたり、理想に届かない状況において過度にショックを受けたりします。結果的に多大なストレスが溜まってしまいます。

肉体的疲労を感じやすい人は、体力がそもそもないのに無理に肉体労働をしている人がまず挙げられます。または、体力があっても休憩をうまくとらない人も疲労を感じやすい傾向があります。疲労がたまると効率よい仕事ができなくなるため、勤務時間が長くなるほど悪循環に陥ってしまうのです。

自分に合ったストレスを感じにくい仕事を見つけるためのコツ

人にはそれぞれ向いている仕事とそうではない仕事があります。

ここでは仕事探しをしている人がストレスを感じにくい仕事を見つけるためのポイントについて紹介します。

自分が疲れやすいポイントを分析する

疲労は大きく分けると肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の3つに分けられます。

肉体的疲労は重たい荷物を持つなど重労働をしていることによって発生します。

精神的疲労は同僚や上司との人間関係によるストレスや将来の不安などから生じる心の疲れを指します。

神経的疲労はデスクワークなどで脳が緊張状態を続けていることによって起こる脳の疲れです。

もし今やっている仕事が疲れやすい仕事だと感じている場合、上記した3つのうち、一体の疲労に該当するのかをまず分析することが大切です。その上で、自分に合った疲れにくい仕事を探すようにするとよいでしょう。

仕事内容をふまえて仕事を選ぶ

疲れにくい仕事を選ぶためには、仕事内容をしっかりと調べてエントリーする会社を選ぶことが重要です。

例えば細かい作業は苦手だけれど人と話すのが得意な人なら、営業や接客業に向いているかもしれないといった具合に。

肉体的に疲れない仕事5つ

体力のない人にとって重労働が課せられる仕事をすれば肉体的疲労感が重くのしかかります。ここでは肉体的に疲れにくい仕事について5つ紹介します。

一般事務

一般事務は資料作成、データ入力、ファイリングなどをするデスクワーク。仕事柄、肉体的な疲労を感じにくいといえるでしょう。一般事務に就くにはパソコンスキルなど磨いておく必要があります。

コールセンター

サービスや商品について電話でお客に案内したり、かかってきた電話に応対したりする仕事です。オフィッス内で椅子に座って電話で話すだけなので肉体的な負担はほぼありません。

マンション管理人

マンション管理人はマンション入り口にある管理人室で来客をしたり荷物を預かったりする仕事です。一日の多くを管理室で自由に過ごせるので、肉体的にも楽な仕事だといえるでしょう。

図書館職員

図書館職員は図書館で資料を整理したり本の管理をしたりする仕事です。図書館内で椅子に座っての業務が中心なので、肉体的に楽です。

個別指導の塾講師

個別指導の塾講師は1人~数人の子供を相手に勉強を教える仕事です。椅子に座って教えることができるので肉体的な疲労は感じにくいでしょう。

精神的に疲れない仕事5つ

人によっては働きながら精神的ストレスを多く感じてしまいます。精神的なストレスが少ない仕事はノルマが厳しくなく、人間関係が安定しているといった特徴があります。以下、精神的に疲れにくい仕事を5つ紹介します。

ビルメンテナンス

オフィスビルなどで空調設備などのメンテナンスや点検を行う仕事です。現場によりますが、監視室で自由に過ごせる時間も長く精神的に楽な仕事だといえるでしょう。

施設警備員

商業施設の中を巡回して安全を確認したり鍵の管理をしたりする仕事。立ち仕事ではありますがひとりで作業をする時間が長く同じことの繰り返しなので精神的に楽だといえるでしょう。

ルート営業

営業と言えばしんどい仕事だというイメージを持たれがち。ただ、ルート営業の場合、決まった営業先を回ってサービスや商品に関する紹介やフォローをする仕事なので精神的に楽です。営業先との人間関係を有効に築いていさえすればノルマも少なく負担は少ないです。

清掃員

清掃員は決められた場所を掃除する仕事です。何より仕事内容が簡単なのですぐに取り組めますし、ひとりで作業する時間が長く、精神的に疲れることはほぼありません。

美術館職員

美術館職員は、美術館内の受付に座って入館者をチェックしたり展示品のチェックをしたりしています。 基本的には残業もなく人間関係も安定している精神的に楽な仕事だといえるでしょう。

人間関係に疲れない仕事5つ

仕事において人間関係が辛いと悩んでいる人はたくさんいます。ここでは人間関係に疲れない仕事5つ紹介します。

工場のライン工

精密機械工場や自動車組み立て工場などで流れ作業を行う仕事です。単純作業を繰り返せばいいだけの業務がほとんどで、誰かとコミュニケーションを取る場面も少ないです。

 農家

農業は植物や土をといった自然を相手にする仕事なので煩わしい人間関係はほとんどありません。誰かとコミュニケーションをとるのは出荷する時に他の農家と話をするぐらいのものです。

長距離トラックドライバー

長距離トラックのドライバーは 荷物を倉庫や企業に配送する仕事です。勤務時間のほとんどは運転していればいいだけなので人間関係に疲れにくいといえるでしょう。

WEBライター

Webライターは自宅などで文章を書く仕事です。業務の多くは調べ物をしてライティングをするだけなので、人とコミュニケーションを取る場面はほとんどありません。

芸術家

画家、陶芸家、書道家といった芸術分野に携わる人は、作品に向かうのが仕事であるため、誰かとコミュニケーションをとる場面が少ないです。人間関係によるストレスを感じにくい仕事だといえるでしょう。

まとめ

仕事をしていると人それぞれストレスによる疲労を感じるものです。ただ、何を原因にストレスを感じやすいは個人差があります。これから「疲れない仕事」を探す人は精神的に疲れやすいのか、それとも肉体的に疲れやすいのかを自己分析することがまず大切です。それをふまえてうえで、適性に合った仕事を選ぶとよいでしょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

体が弱くても出来る仕事はある!体が弱い人の特徴や向いている職業のご紹介

体が弱いと、なかなか仕事に定着できなくて辛い思いをすることが多いですよね。体の弱さはなかなか人に理解してもらいにくく、仕事をしていく上での大きなハンデになってきます。 今回は、そうした体の弱さに注目し …

女性が歳をとっても働ける仕事10選!自分のスキルにあった仕事の見つけ方

女性が就職活動、転職活動をする際には、「歳をとっても働ける仕事かどうか」が気になると思います。 ここでは女性が歳をとっても働ける仕事の特徴、また具体的な仕事を10個紹介します。 目次女性に求められる経 …

楽で稼げる仕事ランキングトップ10

現在、求職中のみなさん!どんなお仕事に就きたいと考えていますか? おそらく、ほとんどの人は、楽で稼げるお仕事に就きたいと考えている人は多いはずです。 そこで今回のここの記事では楽で稼げるお仕事をべスト …

工場で働きたい人におすすめの資格、志望理由は?正社員、大卒などの場合

求人を見ていると、事務職や販売・営業職と並んで、工場勤務のものを良く見かけるのではないでしょうか。 「この会社の製品づくりに携わりたい」と思うような求人が見つかった人もいるかもしれません。 ここでは、 …

ニートにとっての住み込みバイトのメリット、就職、活用方法

住み込みバイトの特徴として、会社が寮等の住まいを用意してくれるということがあります。 例を挙げると、リゾート施設を経営している会社の場合、交通機関が不便な場所にあることが多いです。 その為、繁忙期の人 …

ニートにおすすめの派遣会社や仕事は?派遣会社を選ぶ時に見るべきポイント

ニートから就職活動を初めて、仕事を開始する際、派遣の会社を利用するメリットはどこにあるのでしょうか。 ここでは、派遣会社の種類や、どのような派遣会社を選べば良いのかを見ていきましょう。 目次派遣会社の …

ニート必見!人と関わらないおすすめのバイト5選

ニートの多くは人間関係に不安を感じていると思います。 ですので、出来る限り人と関わらないで済むバイトがあれば、ぜひともやってみたいと考えているニートが多いのではないでしょうか。 しかし、人と関わらない …

ニートから薬剤師になるには?必要な資格、条件、気になる待遇を紹介!

  ニートで薬剤師という仕事に興味を持っている人も多いはずです。 私もニート時代、薬剤師になれば人生を挽回できるのにと思った時期もありました。 ニートから薬剤師を目指すためには、まず何をすればいいので …

語学力が活きる!英語を使う仕事の種類5つを紹介

学生時代に、英検やTOEICを受けたという人もいるのではないでしょうか。 また、英語にかなりの興味関心があり、その分野の大学へ進学したり、留学をした経験のあるという人もいると思います。 しかし、いまい …

価値観はそれぞれ!仕事自体が楽しい職種3つ

仕事に対する価値観は、人それぞれ違うので、千差万別といえます。 好きな仕事に就いて楽しく仕事をやっている人もいますし、楽しくはないけれど働かないと食べていけないし、くらいに思っている人だっています。 …