ニートの就職体験談

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

投稿日:2017年6月16日 更新日:

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。

専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前のひとり身の女に。

交通事故のため入院してリハビリの日々

少しいろいろ考え始めたところ、車の運転中に横から他の車にぶつかられてしまい、骨盤骨折のために入院することになりました。

半年近い入院のあと、リハビリなどもしなくてはいけないとのこと。

なによりも、骨盤骨折の影響で長時間立ったままの仕事が厳しくなりそうで、飲食店でもそのまま席を残しておくことができず、退職となってしまいました。

事故の前から精神的に疲れていて鬱と診断されていたことや、事故の補償があったため、まずは身体を治すため、のんびりとやりたいことをしながら身体の回復を目指すことにしました。

ずるずるとニート生活へ

そうしているうちに、「まだいいかな」という甘えからずるずると保証を受けられる間は、ずっと働かないでいる状態になっていました。

気がつけば入院期間も合わせると1年半ほど仕事をしていない状況に陥っていたのです。

そろそろ受給期間が終わることや、毎日家にいたり、新しいこともなく病院や近くにしか出かけない状態はまずい、と思い始めました。

歳の離れた弟が大学卒業間近になり就職活動を始めたのも、焦るきっかけになったと思います。

ですが、今まで人と接するのが好きだからという理由だけで接客業の仕事をしてきたので、それ以外やりたい仕事が思いつきません。

身体の事があったので、立ち仕事であり時間も不規則な接客業につくことは家族も医者もあまりいい顔をしませんでした。

生活が不規則になればそれだけ通院にも影響がでるので、家族や医者の気持ちはわかるのですが、「じゃあ、なにをしたらいいの?」といった投げやりな気持ちでした。

元職場の店長に言われた言葉

ハローワークで紹介してくれる仕事は、正直おもしろそうでもなければ、条件がよいとも思えず、相談と手続きのためだけに通っているような状態でした。

そんなときに、元職場の店長と食事をしたときに言われた言葉が、そのあと仕事を探すうえで大きく方向転換したきっかけとなります。

元々契約社員として発注やシフト管理、報告書類の作成などを店長の手伝いでやっていたので、事務の基本はできていました。

それに専門では秘書学科で簿記や受付などの基本は教わっていましたが、自分では役に立たないことだと決めつけていました。

ずっと仕事としてやっていなかったから、自分にはなにもスキルがないと思っていたところ、元店長から「なにもやってなかった人よりは、『できる』でしょ?」と言われたのです。

そのほかにも、

「体調が心配だったり、できるか自信がないなら最初から正社員を狙うな」

「飲食店のときは、正社員になって異動するのがいやだからと、正社員推薦を断ってたくらいなんだから、まず派遣でもいいから3カ月やってみればいい。」

と言われ、確かにその通りだなと納得しました。

それまでやったことがない仕事へ転職することにしたのですから、初めから正社員でやる、というのは私には重いものでした。

まして、2年も仕事をしない期間があったのに、このあとずっと勤めなくてはいけないと思うと大丈夫だろうかという気持ちが強かったのです。

その店長の言葉のおかげで、数社の派遣会社へ登録に行き、一ヶ月後には事務として働き始めることができました。

まずは期間限定という気持ちで仕事を探してみる

派遣会社のコーディネーターともよく話し、事故のあと2年仕事が空いていて不安だということ、事務のまねごとはしていたが専門外だということ、を素直に話しました。

担当してくれたコーディネーターさんがいい人だったのこともあり、不安をくみ取ってくださり、まずは最初から期間が区切られているものを紹介してくれました。

「もともと3か月ごとの更新だから、まずは3カ月と思って行ってみるのはどうか。それで続けられても、この仕事は半年の契約しかない。もし、次も事務がよかったら、またそのときに事務の仕事を一緒に探そう」と言ってもらえたので、その仕事を受けてみようと思えました。

結果は、そのまま半年勤め、次の事務の派遣先にいま3年目として働いています。

焦ると余計に自分のだめなところや嫌なところ、仕事への不満なども目につきがちです。

まず、やってみるという意味で、派遣や期間限定で働いてみるというのもいいかもしれません。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

23歳でアピール出来る職歴なしだった私が経理事務の仕事に就職できた話

初めまして。 私は現在25歳の女性です。 今回は、23歳の時に経理事務のバイト(社員登用試験が受けられるという条件付き)に受かった際の話をします。 目次高校在学中、精神疾患を患ってしまい、未来に希望を …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

27歳、女性です。 退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。 なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか? …

海外留学のため退職!33歳で生命保険会社の内勤職として再就職できた話

 大学を卒業してから生命保険会社の内勤として勤務しました。 大手企業だったので、収入は男性の平均以上あり、金銭面でも特に不満もなく勤務していました。 ところが、31歳の時にふと「このまま安定した生活を …

転機は兄の結婚!3年間の引きこもりを経て、25歳無職で正社員の事務に就職できました

私は25歳の時に無職から正社員になろうと決意し、正社員の事務として就職することができました。 これからそのお話をしたいと思います。 目次大学時代に就活で失敗し、3年間実家で引きこもり生活をする無職とし …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

虚しかった28歳無職から大手中古車販売会社に就職し、営業成績トップ3まで上り詰めるまでの道のり

私は現在、海外を拠点にしてIT関連の個人事業主をしていますが、28歳の時、会社からリストラされ無職になりました。 その後、失意の中で就職活動をし、そこそこ大きな中古車販売会社の販売営業職に正社員として …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …