ニートの就職体験談

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

投稿日:2017年5月25日 更新日:

私は現在33歳の男です。

自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。

今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。

18歳で工業高校卒業後、ニート生活に突入

私は中学卒業後、地元の工業高校に進学しました。

毎年、募集人数に対して進学希望者の数が定員割れしていて、自分の名前さえきちんと書ければ合格するという、そんな学校です。

もともと勉強が嫌いだった私に、せめて高校だけは行ってくれと親がなかば強引に決めた進路でした。

しかし高校生活はそれなりに楽しいものでした。

友人にも恵まれ、充実した高校生活を送れました。

ただ高校三年時、周りが就職活動に精を出していた時も、私はキリギリスのように遊んで過ごしていました。

結局、高校卒業後の私は、就職するわけでもなく何をするでもなく、自宅でひたすら自堕落な生活を送っていたのです。

ただお金は欲しかったので、近隣のコンビニエンスストアの深夜アルバイトをすることにしました。

そこには高校時代の友人も居たので、何かと気安いものがありました。

しかし、アルバイト当日、肥満体型の私が着られる制服がなかったのです。

そのことが要因で店長といざこざがあり、結局そのまま仕事を辞めてしまいました。

今振り返ると、あの時堪えて辛抱していれば、その後の何年かを無為に浪費することもなかったかもしれないなあ、と思う時があります。

アルバイトを辞めてからの私は、ひたすら自宅でゴロゴロしていました。

無職の私は恥ずかしながら、同居していたおばあちゃんから年金が支給されるたびに、お小遣いをもらっていました。

そのお金で友人と遊んだり、パチンコをしたり、テレビゲームをして過ごしていました。

母親が口うるさく仕事しろと言ってきていたのですが、おばあちゃんがいつも庇ってくれました。

25歳、暗黒のニート生活、初めての身近な死

20歳も過ぎ、25歳になる頃には段々と一緒に遊ぶ友人が居なくなって行きました。

結婚したり、仕事が軌道に乗り始めたりと皆それぞれの理由で忙しくなっていきました。

いつまでも変わらず暇なのは私だけでした。

寂しさと焦り、常にある虚無感から、私はそれまで以上に暴飲暴食をするようになって行きました。

体重はみるみる増え、徐々に外出するのも億劫に。

そして30歳を前にする頃には、近所のコンビニエンスストアに行く以外、外出することがなくなっていました。

親も諦め始めているようでした。

その頃には口うるさく何かを言うことなくなっていました。

私が30歳になった春、あのいつも私の味方をしてくれていたおばあちゃんが亡くなりました

高齢ではあったのですが、私は大変なショックを受けました。

それは私にとって、初めて経験する身近な人間の死でした。

このままではいけないかもしれない、そんなことを考え始めていました。

突然の高校時代の友人からの連絡

ちょうどその頃、地元の市役所内にハローワークが新設されました。

これも何かのタイミングだと思った私は、何度かハローワークを訪れるように。

しかし長年ニート生活を送っていた私が出来そうな仕事は見つかりません。

少なくとも自分自身はそう思っていました。

あの時のアルバイトを思い出すと、自分に仕事が務まる自信がなかったのです。

ネットや新聞に折り込まれる求人広告にも目を通しました。

しかしそれも答えは一緒。

務まる自信がないのです。

諦めかけていました。というよりもはや諦めていました。

そんな時、久しぶりに高校時代の友人から連絡がありました。

なんでも、彼が勤めている警備会社が事業拡大の一環として、BARをオープンさせるというのです。

そこで「店長兼バーテンダー」を募集するという話でした。

風の噂で、私が就活していることを耳にした友人はそんなちょっと面白そうな話を持ってきてくれたのです。

このときは嬉しかったですね。

32歳にして初めての就職はBARのマスター

結局、その友人の口添えもあり、私は晴れてBARのマスター兼バーテンダーとして就職することになりました。

最初は右も左もわからない状態でしたが、友人・知人、そしてお客様に教わりながら、どうにかこうにかやってこれています。

給料は決して良くはありません。

しかし、社長の「ニート生活のリハビリだと思って、頑張れよ!」という言葉を胸に日々精進しています。

私の場合、職歴なしからの就活においては本当に友人に助けられました。

持つべきものは良き友人だなと思います。

感謝しています。

また家族の支えもありがたいものでした。

優しかったおばあちゃん、見守ってくれた母親、どちらも私にとって大切な存在です。

みんなに感謝ですね。

私の体験談が皆さんの就職活動の励みになればと思います。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。 いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。 今回は、無職の状態から抜け出した体験を書 …

30件応募で連絡ゼロ!25歳完全な無職状態から総務事務の正社員へ就職を成し遂げた方法

僕が25歳で一度も正社員経験が無く無職の時に正社員(業種はサービス業で職種は総務事務職・総務部配属)として就職できた話を明記していきます。 目次大学4年時点で内定0。肩身の狭い実家暮らしリクナビNEX …

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

27歳で無職からパソコンショップの店員に就職できました

目次無職になるまでの経緯無職になってからの心境や生活状況就活しようと思ったきっかけ就活の際に役に立ったサイトや媒体、言葉など無職からの就活に大切なこと経験談を語る上で欠かせないことまとめ 無職になるま …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

きっかけは家に来た保険担当者!27歳職歴なし女が保険会社の営業に就職できた話

私が職歴なし状態から保険会社に就職したときのエピソードを書こうと思います。 当時の私は27歳無職。 女といえども、フリーターではそろそろ厳しい年齢です。 女だったら結婚して専業主婦という手もあるかもし …

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

私は現在32歳の女性です。 今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。 今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。 …

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …