ニートの就職体験談

海外留学のため退職!33歳で生命保険会社の内勤職として再就職できた話

投稿日:2017年9月28日 更新日:

 大学を卒業してから生命保険会社の内勤として勤務しました。

大手企業だったので、収入は男性の平均以上あり、金銭面でも特に不満もなく勤務していました。

ところが、31歳の時にふと「このまま安定した生活を送ったとして、果たして私の人生って幸せだと言えるのかな?」と思い始めたのです。

思い返せば、今までの人生、何も冒険ということをしたことがなく、いつも安定した道ばかりを選んで生きてきました。

そういった自分に対してコンプレックスの気持ちがあったのかもしれません。

35歳を過ぎると就職するのが難しくなるだろうというイメージを持っていたため、31歳である今が自分の好きなことに挑戦できる最後のチャンスかもしれないと思うようになりました。

31歳で新卒入社した会社を退職し海外留学へ!

当時の私は韓国旅行が大好きで、2ヶ月に1度ほど韓国に友人と旅行していました。

韓国料理や韓国旅行が本当に大好きで、ハングル文字も少しだけ読める状態でした。

「韓国語をもっと勉強するために韓国に留学したい。どうせ2ヶ月に1度行ってるし、どうせなら1年ほど暮らしてみたい。」という気持ちが日に日に強くなり、長年勤めていた会社を退職し、韓国に留学することを決意しました。

もちろん、周りの人には「こんなに安定している会社に勤めていて勿体ない!」と止められたりもしました。

当時勤めていた会社は、1度退職すると再度正規雇用として戻ることができません(そういった制度がありませんでした)。

もちろん不安はありましたが、やはり自分のしたいことを1度は挑戦したいという気持ちが勝り、退職に至りました。

留学最後の1ヶ月で焦りを感じる

 留学生活はとても楽しいものでした。

日本で暮らしていたら到底出会うことができなかったであろう外国人の友人もたくさんでき、韓国語を学んだだけでなく、本当にたくさんの良い思い出を作ることができました。

しかし、留学生活も終わりに近づき、日本に帰国する1ヶ月ほど前になると、突然不安の気持ちが大きくなってきました。

せっかく韓国語を勉強したので、できることなら韓国語を使った仕事がしたいなと思い、転職サイトなども数多く調べましたが、早速壁にぶち当たりました。

まず、韓国語というものは韓国国内でのみ使用される言語であるため、英語や中国語などに比べ、とても需要が少ない(韓国語を使った仕事の募集が少ない)です。

それに加えて、たかが1年程度の語学留学をしたぐらいでは、韓国語の能力的にも到底韓国語を使った仕事(通訳・翻訳等)をできるぐらいのレベルには達していません。

そうなると、転職するにあたっては私の韓国留学はただの「無職期間ということになり、企業にとっては何の意味もなくなってしまうのです。

無職期間は長ければ長いほど転職するのが難しくなることは知っていました。

そして私はもう30歳を超えています。

本当に不安の気持ちでいっぱいで、日本に帰国して就職できなかったらどうしようと、毎日悩む日々を送っていました。

不安は募るものの私は今韓国にいるため、企業との面接もできません。

気ばかりが焦ってしまう時期でした。

日本に帰国後、転職支援サービス「リクルートエージェント」に登録

 韓国から日本に帰ってきて転職サイトなどを色々確認していた時に、ふとリクルートエージェントという転職支援サービスがあるのを見つけました。

通常の転職サイトは、数多くある企業の募集案件の中から自分に合った企業を自分で探さなければなりませんが、それはとても多くの手間と時間がかかります。

その点、リクルートエージェントは転職支援サービスなので、私の今までの経歴や希望条件に合った仕事を向こうから紹介してくれる形になり、仕事を自ら探す手間が省けます。

また、リクルートエージェントが私のことを企業に推薦してくれる形になるので、通常よりも書類審査が通過しやすいというメリットもあり、これにより就職活動がとても楽になるのではないかと思いました。

登録や相談も無料なので気軽に利用できますし、リクルートという大きな看板があるため、こちらとしても安心感があります。

担当者の方はとても優しく、親身になって相談に乗ってくださり、仕事の紹介するだけではなく、履歴書の書き方や面接の受け答えの仕方のアドバイスなどもくださったので、面接の時にとても役に立ちました。

 

↓ リクルートエージェントで今すぐ仕事を探す

>> 【リクルートエージェント】

33歳で生命保険会社の内勤に正規雇用で内定!

 リクルートエージェントの担当者の方からはやはり「韓国語を使った仕事を探すのは難しい。」ということを言われていました。

はっきりと言われたことで自分の気持ちにも踏ん切りがつき、経験がある業種である生命保険会社の事務職に絞って就職活動をすることにしました。

リクルートエージェント
の担当の方にそのことを伝えたところ、希望にあった仕事を紹介してださいました。

リクルートエージェントの推薦もあって、面接をした企業で即内定をいただくことができ、33歳の時に前職と同じ業界で正規雇用で転職することができました。

派遣社員でも仕方がないと思っていましたが、無職期間が1年半ほどあったにも関わらず正規雇用として転職できたことにとても感謝しています。

まとめ

 無職期間は長ければ長いほど転職がどうしても難しくなります。

少しでも正規雇用で働こうと思う気持ちがあれば、早めに行動をすることをオススメします。

転職サイトも数多くあり、どうやって仕事を探したら良いかわからない場合は、私のように転職支援サービスに登録し、担当者の方から正直なアドバイスをもらうのもオススメです。

自分に合った仕事があれば紹介してくれますし、面接などのアドバイスももらえます。

無料なので、ぜひ1度試してみてください。

>> 【リクルートエージェント】



-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

親友の結婚式にニートじゃ恥ずかしい。26歳無職だった私が経理職の正社員に就職した話

私は現在30代既婚の主婦です。 26歳の時にニートから経理職の正社員として就職したお話をしようと思います。 当時はまさか自分が無職ニートになるなんて考えてもいませんでした。 また無職というと楽をしてい …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

チャンスはある!27歳で自動車ディーラーを退職しまさかの警察官に再就職!

私は現在29歳の男です。 警察官として働いています。 ここでは自動車ディーラーとして働いていた私がどのようにして警察官にまでなったのかをお話したいと思います。 目次自動車ディーラーに就職するも上司から …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …

女盛り26歳無職から大手転職サイトを活用して、バリバリの営業へ就職した話

普通の高校を卒業し、普通に短期大学を卒業し、とくに専門知識があるわけでもなく特技があるわけでもない女です・・・。 そんな私が26歳で営業職に正社員として就職できたお話をします。 目次残業と給料の不満! …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

25歳で退職し商工会議所に再就職&30歳で経営企画に再就職

私は現在30歳女性で、5歳の息子がいるシングルマザーです。 新卒で就職してからまだ8年ですが、既に就職→育休→退職・転職→退職・起業→再就職という波乱万丈の職業生活を歩んできました。 なぜ退職しなけれ …

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …