ニートの就職体験談

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

投稿日:2017年9月18日 更新日:

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。

しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。

ただそこは完全なブラックで拘束時間ばかり長く、時給もしっかり頂けず、生活苦になりました。

2年半我慢しましたがもう限界で、本気で転職することを決心しました。

まずはあらゆる転職サービスに登録

実はその前に生活苦であることを行政に相談しており、生活保護の相談をしていました。

そんな職場にいたものですから、精神的にもおかしくなり、何とか申請も通ったのです。

無理なら派遣の仕事をしながら、転職活動しようと思っていたのですが、これで何とか余裕を持って転職活動をする準備が整いました。

まずはあらゆる機関に自分の情報を登録しました。

ハローワークには週2回行き、インターネットの転職サイトも5社以上登録し、日々新しい職が無いか探していました。

また街を歩いている時の視線も変わりました。

自分と同年代の人が働いている姿を参考にしたり、店に掲載している募集広告も小まめにチェックをしました。

年齢的にも甘い事は言っていられないので、継続して働けそうであれば、様々な業種に応募をしてみました。

不採用の通知と孤独な土日

しかし、来るのは不採用の通知ばかりです。

連絡が来ればまだいいんですが、全く反応が無い企業も多かったです。

高卒でろくな資格も無い私は門前払いなのか、こちらからしつこく連絡も出来なかったので、八方塞がりになる事も多かったです。

一番精神的にきつかったのが土日でした。

土日は一切就職活動が出来ず、不安が募るばかりでした。

不採用で心を痛めても、まだ動いていれば何とか気持ちの切り替えは出来ましたが、土日は一切活動が出来ないので、気持ちが沈むばかりでした。

最初のうちは友人などに連絡して気を紛らわしていましたが、そんなにいつも連絡は出来ず、必然的に一人の時間が増えていきました。

また無職であるため、金銭的に余裕がないのでろくに外出も出来ず、家に閉じこもる時間も増えていきました。

辛い無職期間、支えになったのは映画だった

そんな中で支えになったのが大好きな映画でした。

月500円でしたが動画配信サイトに登録し、時間を決めて映画を観ました。

例えば2時間転職活動したら1本だけ観ようといった感じです。

気持ちが塞ぎがちになってしまうので、そういった自分の好きな趣味をうまく活用して、何とか時間を繋いでいました。

3か月経った頃です。

さすがに焦りを感じたので、私は更に本腰を入れて、就職活動を始めました。

すると履歴書にたった一言書き加えただけで、書類選考も通りやすくなったのです。

転職活動が成功した履歴書のある一言

これが最後の転職だという意気込みで活動しております

履歴書に書いたその一言だけでも、企業の受けるイメージは変わったようです。

開き直りでは無いですが、どうせ落ちるなら、自分の気持ちを最大限にぶつけてみようと思い、面接の場を頂いた際は後悔しないように、感情を最大限にぶつけ始めました。

もちろん型にはまった正解の答えは知っているんですが、あくまでも自分らしさを大切にしてみたんです。

実際今の会社は学歴や資格だけではなく、その人の人間性を観る会社が多いそうです。

実際私も何度か面接に行き、真剣に思いを伝えると、相手は意外に聞いてくれるものでした。

人間追い詰められて、本領を発揮できるのだと改めて感じました。

そして今の会社から、営業事務として採用の連絡が入ったのです。

面接のときは若い社員が多いと聞いていたので駄目だと思いましたが、やはり人間性を買ってくれたようで、今はこの会社で正社員として働いています。

まとめ

就職活動は自分との戦いだと思います。

時間をどのように使うかで自分の未来は変わるものだと、改めて気づかされる時間でした。

でも、それでも苦しくなる時はあります。

そんな時私はハローワークに足を運ぶことをおすすめします。

あそこは職を紹介してくれるだけでなく、そういった求職者の不安を払拭するようなアドバイスをくれたりします

閉じこもりがちにならずに、求職活動をする習慣を作り、仕事を探すべきだと思います。

絶対に止まらないような環境を作るのも、とても大切な事だと感じました。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

パワハラが原因で退職!25歳から8年間ニート状態でしたが大手自動車メーカーに就職する事が出来ました

  私は現在40歳の男性で、大学を卒業して就職する事が出来ましたが、人間関係が悪く2年で退職してしまいました。 それで25歳の時から8年間ニート状態になってしまい、仕事をする事は一切ありませんでした。 …

お祈りメールで疲弊していた25歳職歴なし無職が職業訓練校に通いITベンチャー企業に就職することになったきっかけ

僕が25歳でIT企業の正社員に就職した話をします。 そもそも何故無職になったのか。 それは大学時代の就職活動の失敗がありました。大学時代はアルバイトに明け暮れて勉強等は一切しない日々で、気が付けば大学 …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

31歳でニートから脱出し工場に就職した私の体験談

私は、現在48歳男性です。 ここでは私が31歳の時に新卒で入社した会社を辞めて、後に工場で働き出すまでの経緯をお話したいと思います。 目次新卒で入社した広告代理店が携帯電話販売に大幅転換!?妻と二人暮 …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

27歳社会不適合だった私が無職から東証一部上場企業にシステムエンジニアとして就職!?

みなさま始めまして、私は当時27歳の女性で東証第一部のシステムエンジニアになることが出来ました。 ここではその体験談を書きたいと思います。 目次元ヤン両親の喧嘩が絶えない家庭で育つ母と二人暮らしの無職 …