ニートの就職体験談

きっかけは好きな人のため!37歳職歴なしが葬祭業の正社員として就職するまで

投稿日:2017年5月19日 更新日:

私は、37歳職歴なしから葬祭業へと就職することができました。

ここでは、一度社会からドロップアウトした方が、社会復帰する一助になればと思い、私の体験談を書いてみたいと思います。

職歴なしの期間が長ければ長いほど、大変だとは思いますが、やってやれないことはありません。

東京の私立大学を卒業後フリーターへ

私は現在、42歳の男です。

大学卒業後からいまの職につくまで、ずっと職歴なしですから期間としてはかなり長い部類に入るかと思います。

将来のビジョンが明確にあったわけではなく、なんとなく東京の私立大学に進学しました。

しかし、その後なにをしたいかも決まらず、なにより第二次ベビーブーム世代で、就職氷河期でもあり就職活動自体も大変だったのです。

当時はまだまだ学生気分も抜けず、それほど社会に出たいという熱意もありませんでした。

結果、特に先の考えもなく、本当になんとなくフリーターになりました。

一度なってしまうと、その後どうやって正規に就職をしたらいいのか?という手順のようなものが全くわからなくなりました。

田舎からの上京だったこともあり、両親などとも音信不通で過ごしていましたし、特に決定的に困ることもありません。

ただ、将来に対する漠然とした不安はありました。

でも、それをどう解決したらいいかわからない。

そんな宙ぶらりんな状態がずいぶんと長く続いたと思います。

大学時代の友人とも徐々に疎遠になりました。

好きな小説を読み、好きな時間に起きて、好きな時間に遊びに行き、本当に自由な生活をしていました。

ただ、それってどうでしょう。

就職することもなくブラブラしている事に対する後ろめたさは、常に心のどこかにありました。

このまま1人で、社会になんの関わりもないままに生活することにも不安も不満もありました。

でも、どうしたらいいのか、なにから始めたらいいのか、それすらサッパリわかりませんでした。

好きな女性ができたことがきっかけで就職しようと決意

そんな生活が一変した理由は、ありふれていますが好きな女性が出来たからです。

まさかこの年齢で無職だなんて言えませんよね。

これがきっかけで就職しようと思ったのです。

誰に相談していいかわからないなんていっている余裕はありません。

何度か躊躇しましたが、職安に行き、ありのままの状態を伝え、どうしたらいいのか相談しました。

担当の方は親身に聞いてくれたと思います。

いままで一度も定職についた事もないのです。

いやになったらバイトを辞め、日雇いをしたり、また短期のバイトをしたりを繰り返して、また貯金が出来たらブラブラしてきました。

まずは生活を一変させることから始めようか、と担当の方には言われました。

最初は自動車部品の契約社員になる

職安に頑張って通った結果、自動車部品の直接雇用の契約社員になることができました。

二交代制で、日勤と夜勤を12時間労働です。

社員への昇格を目指して、2年ほどひたすら働きました。

しかし職歴無しで年齢的なこともあり、技術もなければやはり正社員登用は難しいというのが、社会経験のない私にもわかりました。

再度、正社員になれる葬祭業に就職

私はもう一度、職安を訪ねました。

とにかく

・正社員採用

・経験不問

・人がそれほど殺到しないような職種

を条件に、パソコンの前でひたすら画面とにらめっこし、自分でも採用されそうな職種を探しました。

結論は、フォークリフトの資格をとって倉庫管理の仕事をするか、葬祭業かでした。

両方面接を受けた結果、仕事内容を聞いて私は葬祭業を選びました。

面接をしていただいた部長から、

やる気さえあれば仕事は一から教えます。体力と気力さえあれば、どんな仕事だって出来る!

とお言葉をいただいたからです。

必要なのはやる気と一歩踏み出す勇気

あれから三年。

必要なのは、やる気と一歩を踏み出す勇気だと思っています。

毎日、朝から晩まで働いていますが、そんな生活も今となってはありがたく思います。

仕事さえなかったのですから、給料日を楽しみに感じたり、初めてボーナスを頂いて大喜びしたり、お客様に感謝の言葉を頂いてやりがいを感じることができました。

ブラブラして自由な時間がたくさんあった頃よりも、実は今のあまり自由な時間のない生活の方が、はるかに休日が充実していて、毎日それなりに楽しく過ごしています。

まとめ

去年、分譲マンションを購入しました。

職歴なしの時からは考えられませんが、なんと住宅ローンに通ったのです。

私から職歴なしの人にアドバイスをするとすれば、頑張れば頑張るほど、見返りは必ずある、出来ない事はないということです。

あとは、隙間産業を狙ってみるのもいいかもしれないと思います。

今やりたいことがわからない人でも、私のように探していく中でしっくりくるものが見つかる事もあります。

ぜひ諦めないで、仕事を探し続けてください。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

ブラック企業を辞めてから再就職できた体験談まとめ

世の中にはブラックだと気づかずに、ブラック企業に入社してしまうケースがたくさんあります。 これから就職や転職活動をする皆さんにはできるだけ、そのようなブラック企業は避けていただきたいという思いから、ブ …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

虚しかった28歳無職から大手中古車販売会社に就職し、営業成績トップ3まで上り詰めるまでの道のり

私は現在、海外を拠点にしてIT関連の個人事業主をしていますが、28歳の時、会社からリストラされ無職になりました。 その後、失意の中で就職活動をし、そこそこ大きな中古車販売会社の販売営業職に正社員として …

妥協しないことが大事!25歳無職が3年のニート期間を経て就職できたわけ

私は現在39歳の男性です。 3年間の実家生活ではまるで犯罪者のような扱いを受けていました。 ハローワークで妥協して探した仕事も面接で落ち、絶望していた私が最終的に就職できたきっかけは風俗でした。 ここ …

熱意で「未経験不可」も突破!27歳無職が部品工場の正社員に就職できた体験談

新卒で働いていた会社を26歳の時にやめてしまいました。 やめた時は「すぐに就職できる」と思っていましたが、ずるずると無職期間、派遣期間が長引いてしまいました。 働いていない期間が増えれば増えるほど、就 …