ニートの就職体験談

きっかけは好きな人のため!37歳職歴なしが葬祭業の正社員として就職するまで

投稿日:2017年5月19日 更新日:

私は、37歳職歴なしから葬祭業へと就職することができました。

ここでは、一度社会からドロップアウトした方が、社会復帰する一助になればと思い、私の体験談を書いてみたいと思います。

職歴なしの期間が長ければ長いほど、大変だとは思いますが、やってやれないことはありません。

東京の私立大学を卒業後フリーターへ

私は現在、42歳の男です。

大学卒業後からいまの職につくまで、ずっと職歴なしですから期間としてはかなり長い部類に入るかと思います。

将来のビジョンが明確にあったわけではなく、なんとなく東京の私立大学に進学しました。

しかし、その後なにをしたいかも決まらず、なにより第二次ベビーブーム世代で、就職氷河期でもあり就職活動自体も大変だったのです。

当時はまだまだ学生気分も抜けず、それほど社会に出たいという熱意もありませんでした。

結果、特に先の考えもなく、本当になんとなくフリーターになりました。

一度なってしまうと、その後どうやって正規に就職をしたらいいのか?という手順のようなものが全くわからなくなりました。

田舎からの上京だったこともあり、両親などとも音信不通で過ごしていましたし、特に決定的に困ることもありません。

ただ、将来に対する漠然とした不安はありました。

でも、それをどう解決したらいいかわからない。

そんな宙ぶらりんな状態がずいぶんと長く続いたと思います。

大学時代の友人とも徐々に疎遠になりました。

好きな小説を読み、好きな時間に起きて、好きな時間に遊びに行き、本当に自由な生活をしていました。

ただ、それってどうでしょう。

就職することもなくブラブラしている事に対する後ろめたさは、常に心のどこかにありました。

このまま1人で、社会になんの関わりもないままに生活することにも不安も不満もありました。

でも、どうしたらいいのか、なにから始めたらいいのか、それすらサッパリわかりませんでした。

好きな女性ができたことがきっかけで就職しようと決意

そんな生活が一変した理由は、ありふれていますが好きな女性が出来たからです。

まさかこの年齢で無職だなんて言えませんよね。

これがきっかけで就職しようと思ったのです。

誰に相談していいかわからないなんていっている余裕はありません。

何度か躊躇しましたが、職安に行き、ありのままの状態を伝え、どうしたらいいのか相談しました。

担当の方は親身に聞いてくれたと思います。

いままで一度も定職についた事もないのです。

いやになったらバイトを辞め、日雇いをしたり、また短期のバイトをしたりを繰り返して、また貯金が出来たらブラブラしてきました。

まずは生活を一変させることから始めようか、と担当の方には言われました。

最初は自動車部品の契約社員になる

職安に頑張って通った結果、自動車部品の直接雇用の契約社員になることができました。

二交代制で、日勤と夜勤を12時間労働です。

社員への昇格を目指して、2年ほどひたすら働きました。

しかし職歴無しで年齢的なこともあり、技術もなければやはり正社員登用は難しいというのが、社会経験のない私にもわかりました。

再度、正社員になれる葬祭業に就職

私はもう一度、職安を訪ねました。

とにかく

・正社員採用

・経験不問

・人がそれほど殺到しないような職種

を条件に、パソコンの前でひたすら画面とにらめっこし、自分でも採用されそうな職種を探しました。

結論は、フォークリフトの資格をとって倉庫管理の仕事をするか、葬祭業かでした。

両方面接を受けた結果、仕事内容を聞いて私は葬祭業を選びました。

面接をしていただいた部長から、

やる気さえあれば仕事は一から教えます。体力と気力さえあれば、どんな仕事だって出来る!

とお言葉をいただいたからです。

必要なのはやる気と一歩踏み出す勇気

あれから三年。

必要なのは、やる気と一歩を踏み出す勇気だと思っています。

毎日、朝から晩まで働いていますが、そんな生活も今となってはありがたく思います。

仕事さえなかったのですから、給料日を楽しみに感じたり、初めてボーナスを頂いて大喜びしたり、お客様に感謝の言葉を頂いてやりがいを感じることができました。

ブラブラして自由な時間がたくさんあった頃よりも、実は今のあまり自由な時間のない生活の方が、はるかに休日が充実していて、毎日それなりに楽しく過ごしています。

まとめ

去年、分譲マンションを購入しました。

職歴なしの時からは考えられませんが、なんと住宅ローンに通ったのです。

私から職歴なしの人にアドバイスをするとすれば、頑張れば頑張るほど、見返りは必ずある、出来ない事はないということです。

あとは、隙間産業を狙ってみるのもいいかもしれないと思います。

今やりたいことがわからない人でも、私のように探していく中でしっくりくるものが見つかる事もあります。

ぜひ諦めないで、仕事を探し続けてください。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

就職エージェントのおかげで成功できた!26歳ニートが商社営業に正社員で就職できた体験談

私は現在、31歳の男性ですが、今回は、無職だった26歳の時に正社員として商社の営業の職についたときのことを書いていきます。 私は大学を卒業したあと、就職に成功して正社員として働いていました。 新卒でし …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …

26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

私は都内のホテルの受付係として働いている31歳の女性です。 今回は私が前職を退職し、ニート期間を経て、再就職した体験をお話しします。 目次26歳で仕事にやりがいを感じられなくなり退職し、無職に2年間の …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

母が倒れて止むを得ず退職。そして26歳でニートから販売・接客業(アルバイト)に就職した話

私は現在、29歳で、去年可愛い我が子を出産した一児の母です。 現在は子育てに奮闘し、主婦をしていますが、再就職先で出逢った彼と結婚して今の幸せを手に入れました。 目次就職1年目で母が倒れ、退職死にたい …

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたき …