ニートの就職体験談

25歳で退職し商工会議所に再就職&30歳で経営企画に再就職

投稿日:2017年10月20日 更新日:

私は現在30歳女性で、5歳の息子がいるシングルマザーです。

新卒で就職してからまだ8年ですが、既に就職→育休→退職・転職→退職・起業→再就職という波乱万丈の職業生活を歩んできました。

なぜ退職しなければなからなかったのか、どのように再就職を果たしてきたのか、お話したいと思います。

25歳で離婚をきっかけに無職に

大阪の有名大学を出ましたが、就職活動をしていた時期はちょうどリーマンショックの直後。

希望していた業界は男性優位の業界だったこともあり、なかなか就職先が決まらなかった中、唯一内定を頂けたのは岐阜県にある製造業の会社でした。

兵庫県の実家から離れ、社宅で初めての一人暮らしをしながら、生産管理として働き出して1年がたったころ、同じ会社で働く先輩社員と付き合い始め、24歳で妊娠・結婚し、そのまま社宅で結婚生活が始まりました。

しかし結婚してすぐに夫が鬱になり、家庭が崩壊、なんとか鬱の症状は回復したものの、その時から価値観の違いや意見の対立が気になりだし、また子供の世話についても消極的だったことから離婚を決意しました。

25歳で別居し、離婚調停を始める際には既に実家に戻っており、離婚調停の終着を待たずに会社に辞表を提出しました。

実家近くの営業所への転勤も人事から打診されましたが、営業の職種を希望していなかったことと、元夫と同じ会社にいたくなかったため、お断りしました。

シングルマザーとしての転職活動

当時私は育休で子供の世話をしながら、空いた時間に中小企業診断士の資格取得のために勉強をしていました。

別居をした時がちょうど試験の最終段階の面接試験があった時期で、面接試験に合格してからも続けて実務補修という、資格を最終的に付与される前の研修を受けなければならない時期でした。

グループで会社の模擬診断を行うもので、そのため自分のパートについてプレゼン資料を作成しなければならず、それと並行して離婚調停のための資料をまとめたり、発言を考えたりなど、弁護士を付けていなかったため自分で全てしなければならず、さらに並行して転職活動を行える状態ではありませんでした。

実務補修が終わり、転職活動を始めました。

マイナビ転職リクナビNEXTDODAなどに登録して自分で探すだけでなく、パソナキャリアという転職エージェントも利用しました。

また、ハローワークにはマザーズという、キッズスペースのある相談所があり、1歳になる直前だった子供を連れて仕事探しをしていました。

しかし乳児を抱えたシングルマザーの転職活動は思った以上に難航しました。

前職をしていた期間も実質2年に満たなく、その際にある程度認められるほどの実績はあったものの、他の業種ではなかなか認められませんでした。

また、中小企業診断士の資格を取ったとはいえ実際に活用した経験がなかったことと、子供がいるため遅くまで働けないことで、コンサルタントとしても就職が難しい状況でした。

なかなか就職も決まらず、離婚調停でも相手から色々と言われ、精神的にボロボロの状態でした。

そんな中、ある車用品をネット販売している会社で、ページを作成する仕事での内定を頂きました。

また続いて、商工会議所からも内定を頂きました。

経営相談に資格を活かせることから、商工会議所に就職をしました。

転職活動の期間は1か月程度だったと思います。

28歳で再度退職し起業するもうまくいかず、再就職へ

再就職して3年が経ち、28歳の時、どうしてもやりたいと思っていた事業を行うため、また、少し発達障害がわかった息子の療育のため、退職をしました。

その後はやりたい事業と似た事業をしているお店でアルバイトをしながら約半年間ノウハウを学び、その後自分のお店を持ちました。

しかし経営状況が思うように良くならず、給料は0円のままで実質無職と同じ。

お店をオープンして1年が経つ前に閉店することとなってしまい、再度就職先を探すこととなりました。

今回は既に30歳、今までの職務経歴も長く続けたものもないため、書類選考も50社以上落ちてしまいました。

前回と同様にマイナビ転職リクナビNEXTDODAに登録しましたが、それだけでなくindeedで見つけた求人がたまたま転職エージェントの保有している案件だったため、数社に登録しました。

type転職エージェント【リクルートエージェント】、その他個人経営のような小さいエージェントにも登録しました。

はじめは書類選考で落ちてばかりで焦りを感じていましたが、活動を始めて2週間ほど経った頃に急に面接のオファーが来るようになり、内定を3社から頂くことができました。

そのうちの1社が第一志望だったことから、その他にも選考が進んでいるところがありましたが辞退することとなりました。

経営企画の職種です。

今回は、経営相談の実績が3年だけですが少しあったことと、自分で起業して会社・お店を運営する実行力や経験を、数社には評価して頂けたようです。

お店が失敗したとしても、また再チャレンジできる社会に対して有難さを感じました。

まとめ

今までのキャリアがどれも短く、数年の間に転職を繰り返していたとしても、未経験の職種・業界で正社員で再就職をすることができました。

資格を取得するなど少し努力は必要かもしれませんが、それぞれの仕事に対して全力で取り組んでいると、必ず評価して頂ける会社はあると思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

職歴なしでも正社員!25歳無職だった私が出版社事務に就職できるまで

私は現在39歳(男性)です。 今から15年ほど前になりますが、私が25歳無職から正社員になれた体験をお話します。 無職からの就活では、採用面接などで、社会と関わるために、無職中にがんばって打ち込んでい …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

会社が倒産して26歳無職に!負のスパイラルを抜けて28歳で旅行業に再就職できた話

私は現在は35歳の主婦です。 私が26歳で無職になり28歳で旅行業に正社員として再就職したお話をしていきます。 目次会社の資金繰りが悪化して倒産、26歳で無職になる2年間無職になったり、派遣社員で食い …

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

35歳になる女性です。 氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。 一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。 しかしそこは強烈な …

30歳でコンビニバイトを辞め無職になった私が製線会社に就職することになるまで

私は現在32歳の男です。 二年前の30歳の時、私は勤めていたコンビニエンスストアの建て替えの影響で無職となりました。 それから無職の期間を経て正社員になったので、その経緯をお話ししたいと思います。 目 …

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …