ニートの就職体験談

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

投稿日:2017年9月21日 更新日:

30歳で無職となるまで

私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりました。

入社して2年目で営業部に配属され約6年間、企業の売上げを第一に営業を勤めてきました。

結婚し子供もでき、幸せは感じていました。

しかし、そのような中で営業という仕事に自分は向いていないのではないかと思い悩み、営業を辞めたい、営業ではない仕事がしたいという気持ちが強くなっていました。

でも、私には家族がいます。

次の職の当てもないのに辞めるわけにはいかないと思いながらただ日々を過ごしていました。

そのようなときに、妻が「貯金で3年くらいは何とかなると思う、少し休んだら。」という言葉を掛けてくれました。

私は感激し、この人と結婚して本当に良かったと心底そう思いました。

それと同時に、転職を必ず成功させてみせるという強い意思を持って、その一ヵ月後、テレビ局を退職しました。

公務員への転職活動のなかで気付いたこと

私はずっと文系であり、大学は経済学部を卒業しました。

再就職活動をスタートしてみて気付いたことは、経済学部出身の何の技術、資格もない私が応募できる中途採用求人のほとんどは営業職であり、営業職以外の職種に就くのは難しいということです。

また、私自身営業ではない仕事がしたいというだけで、具体的に何のビジョンもなく、このような状態では就職活動を続けても成功するはずがないと、自分の甘さを思い知りました。

私は改めて、この転職で一番優先させたいものは何なのか、大切にしたいものは何なのか考えました。

考えた結果、私は次どのような仕事がしたいということよりも、家族を大切にしたい、そして幸せにしたいという思いが強いことに気付きました。

営業をしたくないという自分の勝手から退職してしまい、それは結局は逃げてしまっただけなのです。

次したいことはまだはっきりとは分からないけど、早く家族を安心させたい、家族との時間を仕事に邪魔されたくないという思いははっきりしています。

そんな思いから決断したのは公務員への挑戦でした。

もともと勉強が嫌いなほうではありませんでしたが、10年近く勉強という勉強をしていなかった私にとって、そこからの挑戦は大変苦しいものでした。

30歳という年齢は、一般で公務員を受験するには遅すぎるため、私は民間企業経験者が受験できる中途採用枠での採用を目指しました。

一般の採用に比べて倍率が高く、教養の他にもこれまでの経験等、様々な知識と能力が求められます。

約1年間、何の仕事もせず家族に支えられて勉強し、合格することができました。

31歳で公務員に転職をして現在

私は現在は公務員として、企業の利益のためではなく、地域の人々のために役に立てるよう日々勤めています。

営業職に就いていたときとは比べものにならないくらい、家族との時間を作ることができ、今となっては家族も転職してよかったと言ってくれています。

決して前職の企業がブラックだったとは思いませんし、営業という仕事が悪いわけではありません。

ただ私が優先していものが他にあったということだと思います。

若い頃は、仕事にやりがいを求め自分の能力を高く評価し、評価されたいという思いが強く、今の会社ではそれができないのではないかという過信から転職を考える人も多いのではないかと思います。

私もそう思っていた時期もありました。

私は転職というものは積極的に挑戦していくべきだとは思います。

しかし、その際自分が何を優先したいのか、何が変われば自分の人生がゆとりあるものになるのかということを、見栄やプライドとは別な部分でよく考えないといけないのだと思います。

自分に正直に生きるために挑戦し、諦めないことが転職するうえで大切だと感じました。

20代のニートが就職するならハタラクティブがおすすめ!



20代でニートのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブが20代ニートにおすすめな5つの理由

ニート、第二新卒、フリーター、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・企業ごとの面接対策、面接後にフィードバックが受けられる

・書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

約60,000人以上のカウンセリング実績

このようにハタラクティブは20代ニート・フリーターの方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

そんなハタラクティブですが、現在勤務地は東京・神奈川・埼玉・千葉の4箇所のみとなっています。

ですので、地方から出たくないという方にはおすすめできません。(地方に住んでいても面接は受けられるので、ご安心ください)

ハタラクティブの利用はすべて無料なので、もし20代ニートから上京してでも働きたいと思っているなら、まずは以下のリンクで無料登録(登録は1分程度で完了)から始めてみてください。

>> ハタラクティブ

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

関連記事

熱意で「未経験不可」も突破!27歳無職が部品工場の正社員に就職できた体験談

新卒で働いていた会社を26歳の時にやめてしまいました。 やめた時は「すぐに就職できる」と思っていましたが、ずるずると無職期間、派遣期間が長引いてしまいました。 働いていない期間が増えれば増えるほど、就 …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

「性別 男 年齢31歳 就いた職種 小売業」 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で1年間働いた …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

31歳職歴無しニートがパソコン入力のバイトから会計事務所の正社員になった話

私は現在37歳の男性ですが、31歳まで職歴が無くニート状態でした。 私の家は、とても裕福といえるほどではありませんでした。 しかし、両親共働きで、どちらかというとお金には不自由していない家庭だったと思 …

20歳で結婚して正社員経験0だった私が29歳から歯科助手として正社員になることができるまでの奮闘

私は、20歳で結婚し21才の時子供を産んだため家事と子育てに追われ、正社員で働いた事がありませんでした。 パートで病院の受付をしてましたが、子育てとの両立で体調を崩し入院し、それから中々復帰できず、無 …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …