ニートの就職体験談

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

投稿日:

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。

今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。

私の経験から皆様にとって勇気づけられるお話ができれば幸いです。

簡単な自己紹介

私は、現在37歳の男性です。

約2年間のニート生活を経て正職員での採用を手に入れることができました。

職種は、管理部門である総務職での採用です。

ブラック企業から転職してもブラックだった

ブラック企業で働いていた私は、毎月の残業時間が繁忙期で100時間以上、閑散期でも80時間以上を強いられていました。

そこで、メンタル面から体調を崩してしまい、最終的には会社を辞めざるを得なくなりました。

たまたま、新しい職場も決まって、環境を体を壊す前に辞めることで精神的な負荷がかからなくなると思っていました。

しかし、新天地でも同じような環境に置かれてしまうことになりました。

そして、2週間足らずで会社を辞めることを選択せざるを得なかったのです。

精神科に通院しながら毎日泣くことしかできない生活

嫁もいるのにすべてを失った悲しい気持ちと、自分の無力さへの腹立たしさしかありませんでした。

精神科にも通院していましたが、あまりの脱力感、倦怠感、不穏感があり再度病院に行くと入院を勧められることになるとは想像もつきませんでした。

仕事を辞めてから1ヶ月間は自宅で過ごしましたが、本当に気力もなく毎日泣くことしかできませんでした。

今でも思い出すだけで胸が苦しくなります。

それに見かねた嫁が精神科専門の病院へ行くようにと導いてくれました。

生活については、雇用保険の特定就職困難者の資格を得たので通常であれば90日の失業給付を約330日分もらうことになりましたので

何とか貯金を食いつぶしながら、生活費と入院費を賄っていけたのは不幸中の幸いでした。

就職への意欲

私の場合は、入院中も退院後も常に就職する意欲は人一倍強い方でした。

しかし、それがあまりにも強すぎるが故に、焦って就職することがゴールになるという本末転倒に気づけなかったのです。

嫁がいて働いてくれてるのに、自分はニートという劣等感と罪悪感にかり立たれたのは今でも鮮明に覚えています。

ただ、それが焦りの原因にもなっていたのを冷静になってみて初めて認識できたのです。

ハローワークの人が色々な話を聞いてくれた

以前なら人材紹介会社や民間のネット媒体を中心に就活してきてましたが、失敗続きだったのでハローワークで求人探しを始めました。

ハローワークは、公共職業安定所というだけに利益優先ではなく求職者の目線に立って親身に相談に乗ってくれたので非常に心強かったです。

担当にもよりますが、本当に私の管轄のハローワークの人には色々な話を聞いてもらい助けられたので恩を感じています。

ニートは面接まで行くのにも苦労する

ニートからの就職で一番の登竜門が面接まで行くのにも苦労することです。

要は、書類でふるい落とされてしまいます。

面接まで行ってもニートの間は、何をしているのか突っ込まれて上手く言えず後手に回ってしまいます。

しかし、正直にとは言わなくても、こだわりを持って就職活動しているのでミスマッチを避けるため就職に時間がかかってますぐらいの気持ちでいかないといけないと思いますし求人側も受け入れてくれないと思います。

また、このような状況をわかったうえで受け止めてくれる会社なら働いても続けられると思います。

30代はほぼ即戦力ありきでの採用

私は、給与計算を始めとする関係の仕事を以前にトータルで8年ぐらいやっていました。

その何か自分がやってきた経験がないと職を手に入れることは難しいと思います。

30代では、一番の働き盛りなのでほぼ即戦力ありきでの採用となりますので、未経験でも可などと唄っている場合でも厳しい結果が待っているのは覚悟していないと厳しいです。

これから就職を目指される方も、是非私の経験談が役立つことがあれば幸いです。

-ニートの就職体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

職歴なしでも正社員!25歳無職だった私が出版社事務に就職できるまで

私は現在39歳(男性)です。 今から15年ほど前になりますが、私が25歳無職から正社員になれた体験をお話します。 無職からの就活では、採用面接などで、社会と関わるために、無職中にがんばって打ち込んでい …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。 その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思いま …

女盛り26歳無職から大手転職サイトを活用して、バリバリの営業へ就職した話

普通の高校を卒業し、普通に短期大学を卒業し、とくに専門知識があるわけでもなく特技があるわけでもない女です・・・。 そんな私が26歳で営業職に正社員として就職できたお話をします。 目次残業と給料の不満! …

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

私は都内のホテルの受付係として働いている31歳の女性です。 今回は私が前職を退職し、ニート期間を経て、再就職した体験をお話しします。 目次26歳で仕事にやりがいを感じられなくなり退職し、無職に2年間の …