ニート向けの仕事一覧

低学歴者に人気の就職先ランキングトップ10

投稿日:2017年8月1日 更新日:

低学歴な自分にはどういった就職先があるのだろうかと悩んでいるニートの方も多いのではないでしょうか。

同じような立場の人たちがどういった仕事に就いていったのかを知ることは、今後自分がどの道に進めばよいのかを考える上で、重要な道しるべとなります

本記事では、低学歴に人気の就職先トップ10をランキングでご紹介します。

1. 建設業

建設業は人手不足であることもあり、低学歴でも受け入れてくれる業界です。

頭を使うよりも身体を使うことがメインになりますので、体力に自信がある人に人気が高い仕事です。

高所での作業や、重い物の運搬など大変な仕事ではありますが、給与水準は他の職業よりも高いことも人気の理由の一つです。

2. 小売業

スーパーや家電量販店などの小売業も、低学歴に人気の高い仕事です。

レジや品出し、発注、検品などの仕事を行います。

元々バイトをしており、そのまま正社員として雇われる人も少なくありません。

土日祝日が売り時であることが多いため出勤しなければなりません。

人と休みが合わないことが欠点かもしれません。

>> 34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

3. 飲食業界

ファミリーレストランやファーストフード店などの飲食業界は人手不足ですし、人気も高い仕事です。

調理が好きな人や、接客が得意な人に特に人気の高い業界で、将来的に自分の店を持ちたいと考える人もいます。

昼食や夕食のまかないがあることが多いので、食費が浮くというメリットもあります。

>> 30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

4. 介護職

高齢化社会で介護職の需要が増えており、低学歴の人でも介護職に就く人が増えています。

老人とコミュニケーションする能力も必要ですし、介護には思いのほか体力がいるので、大変な仕事ですが、経験を積めば介護福祉士など上位の資格にステップアップできます。

介護施設に勤務すると、夜勤にも入ることもあります。

>> 離婚後、25歳職歴なし・学歴なしの私が介護職へ就職し責任者になるまで

5. 宿泊施設

ホテルや旅館に勤めるのも人気が高い仕事です。

ベッドメイクなどの部屋清掃から始まり、フロントマンとして接客を行ったり、催し物の企画営業をしたりと様々な仕事があります。

見た目上の年収が低いこともありますが、従業員用の宿舎が完備されていたり、食事も3食用意されていたりと、実質的にはそれなりの収入であることが多いです。

>> 26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

6. 運送業

運送業は基本的に一人での作業になるので、コミュニケーションが得意でない人に人気の仕事です。

運転免許さえあればできる仕事ですので、最近では女性のドライバーも増えてきました。

労働環境も改善されつつありますので、今後、より人気が高くなるでしょう。

>> 病気で退職後、32歳ニートだった私が運送ドライバーとして就職するまでの道のり

7. IT業界

IT業界は、学歴が関係ないので低学歴の人にも人気が高い仕事です。

学歴よりも実力が重視されますので、頑張り次第で昇進することが他の業界よりも容易です。

締切間近は長時間の勤務になりがちですが、コミュニケーションが最低限で済むので、接客が苦手な人にはおすすめです。

>> 28歳無職のPC未経験者がIT企業にシステムエンジニアとして就職するまで

8. 自動車製造業

自動車製造業は大手メーカーの安定性もあり、非常に人気が高い仕事です。

安定性もさることながら、給与水準も高く、低学歴でも平均年収以上を狙うことができます。

主な仕事は自動車の組立になりますので、体力勝負になります。

>> 「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

9. 旅行代理店

旅行代理店は非常に人気の高い仕事です。

添乗員になれれば、日本だけでなく、世界中を旅することができますので、旅行好きにはたまらない仕事と言えるでしょう。

最初は窓口業務がほとんどですが、仕事の傍ら資格を取得して、添乗員を目指す人が多いです。

>> 30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

10. 公務員

公務員は非常に安定していますので、いつの時代も人気の高い仕事です。

公務員になるには試験をパスする必要がありますが、なってしまえば安定した生活を送ることができます。

労働環境や福利厚生もしっかりと整備されていますので、退職する人も少なく、長く働き続けることができます。

>> 海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

まとめ

以上、低学歴の人に人気の就職先を10つご紹介しました。

ぜひ本記事を参考にして、自分に合った就職先を見つけ出してください。

20代のニートが就職するならハタラクティブがおすすめ!



20代でニートのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ハタラクティブをおすすめします。

ハタラクティブが20代ニートにおすすめな5つの理由

ニート、第二新卒、フリーター、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・企業ごとの面接対策、面接後にフィードバックが受けられる

・書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

約60,000人以上のカウンセリング実績

このようにハタラクティブは20代ニート・フリーターの方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

そんなハタラクティブですが、現在勤務地は東京・神奈川・埼玉・千葉の4箇所のみとなっています。

ですので、地方から出たくないという方にはおすすめできません。(地方に住んでいても面接は受けられるので、ご安心ください)

ハタラクティブの利用はすべて無料なので、もし20代ニートから上京してでも働きたいと思っているなら、まずは以下のリンクで無料登録(登録は1分程度で完了)から始めてみてください。

>> ハタラクティブ

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートは事務職に簡単に就けるのか?バイト、派遣、正社員での違いを解説!

事務職に就職してニート脱出をしようと考えている方も多いと思います。 ニートでも事務職には就職可能なのか、どの勤務形態での就職が良いのか、について書いていきます。 目次事務職の仕事とは事務職に簡単に就け …

在宅ワークはニートでもできる?おすすめの在宅ワーク5選

 ニートの中には、病気を患っていたり、親を介護しなければいけないという理由で、外で働くことが出来ない人がいますよね。 しかし働かなければ生活できないのも現実です。  そんな人が働く方法の1つとして、在 …

ニートがIT業界で正社員になるための条件、有利な資格

ニートからITの正社員になりたいと思う方は多いと思います。 私もニート時代正社員になる候補としてITを視野に入れていました。 入ってみると自分が思っていたより敷居が高くはありませんでした。 ITの正社 …

正社員で残業のない仕事につける職種、業界5選

就職するなら残業がないお仕事ができるところが良い! そう考えている方は多いと思います。 しかし、近年は残業が当たり前のような感じになっていて定時上がりが都市伝説化しているとさえ言われています。 けど、 …

ニートはファミリーマートでバイト、就職できる?業務内容や待遇条件

ニートの中には、コンビニでのバイトや正社員での就職に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 働いている姿を見れば、それほど難しくはなさそうですし、働いている人も若い人ばかりでなく、年配の方もい …

ニートには中小企業の就職がおすすめ?メリットやデメリット

ニートに限らず、誰もが「良い職場で働きたい」と思いますよね。 公務員や大企業であれば、安定しているので皆そこに就職したいと考えます。 しかしそれらに就職できるのは、ごく一部の人です。 なので、ニートの …

ニート必見!人手不足業界ランキングトップ10

人手が足りていない業界を知っておくことは、職探しをしている人にとって、就職先を見付ける1つのポイントでもありますよね。 厚生労働省が取り組んでいるものや、テレビやネットニュースで報道されているもの、求 …

ニートが建築業界で一流になる方法!ステップアップに必須な4つの資格

建築業界は非常に人手が不足しています。 そのため、ニートでも入りやすい業界として知られています。 たしかに、肉体労働は大変ですし、危険な作業もあるのですが、給与は高水準で、学歴があまり関係ないので、ニ …

それほど難しくない!ニートから店長になりやすい仕事、業界3つ

ニートの中には、店長になりたいと考えている人もいることでしょう。 一国一城の主というのは憧れがありますし、ある程度本部からの指示はあるものの自分の裁量でお店の戦略を変えることもできます。 収入もそれな …

無資格でもOK?自動車整備士に転職する方法、労働条件や待遇

ニートや転職を考えている人の中には、自動車整備士にあこがれている人もいるのではないでしょうか。 ニートから抜け出すなら、転職するなら、ぜひ自動車整備士として働きたいと考えてはいるものの、どうやったら自 …