社会不適合者の仕事

社会不適合者でもできる仕事20選【接客業以外】

投稿日:

社会不適合者とは、性格が自己中心的であるなどから社会でうまくやっていくことが難しい人のことを意味します。

働いていて知らないうちにトラブルメーカーになっていたり、仕事を長続きせず職を転々としたりする機会が多い人は、ひょっとすると社会不適合者かもしれません。

当記事では社会不適合者の特徴や向いている仕事について述べています。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

 社会不適合者の特徴5つ

社会不適合者ではないかと考えられる人にはいくつかの特徴があります。以下、主な特徴を5つ述べます。

自己中心的

極端に自己中心的な人は社会不適合者だと考えられやすい側面があります。

自分中心にものごとを考えてばかりいたら、他人に対する気配りにどうしても欠けてしまいます。周囲からすると傍若無人で身勝手な人間だと映りやすいため、どうしても距離を置かれがちです。

結果的に些細なことでトラブルになり、職場において居場所がなくなることも少なくありません。

人に不信感を持っている

会社など組織においては、同僚や取引先の人々とコミュニケーションをとる場面が多いです。そのような空間で他人に対して不信感を持っている人は、うまく人間関係を構築できないため社会不適合者だと判断されがちです。

人嫌いになった理由は過去にいじめにあったり人に裏切られたりしたなど何らかの要因があると考えられます。そういった人が無理に人の輪に溶け込もうとすると、多大なストレスを感じてしまいます。

時間を守れない

職場で働くとき「時間を守ること」は社会人のマナーとして最低限守らなければならないことです。遅刻や無断欠勤を繰り返していると、職場での信頼も失われてしまいます。

ただ、どれだけ注意されても、時間を守るのが苦手な人が一定数います。本人からすると体のリズムが合わず朝起きれなかったり何かに没頭して時間を忘れてしまったりするなど悪気があるわけではないのでしょう。そういった人が無理に時間を守ろうとすると逆にそれが多大なストレスとなってしまいます。

他人を批判してばかりいる

常に他人に対して批判をしてばかりいる人も社会不適合者なのかもしれません。他人の粗探しをして足りないところをズバズバ指摘してしまうタイプです。それは自分が過去に批判をされて育ったなどの原因があるかもしれません。

本人からすると仮に善意で他人を批判したとしても職場においては周囲に不愉快な思いをさせ、知らないうちに孤立しがちです。

他人と協調できない

職場に行けばたくさんの人と協力し合いながら作業を進めていくことになります。しかし中には他人と協調できない人もいます。

そういった人は概してその場の空気を読むことも苦手なので、思わぬところで反感を買ってしまい、それがチームワークを乱す要因となってしまいます。

社会不適合者に向いている仕事20選

社会不適合者の多くは他者とのコミュニケーションが多い仕事を苦手としています。ですから接客業のように人と対面する機会が多い仕事はあまり向いていないといえるかもしれません。

その反面、あまり人と接点がない仕事も社会にはたくさん存在しています。一例として以下、20個紹介します。

工場の作業員

食品加工工場や機械の組立工場はじめ、工場作業員の仕事は社会不適合者でもできる仕事だといえそうです。なぜなら、黙々と指示された作業を繰り返す単純作業が多く、人とコミュニケーションをする場面も少ないからです。

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

清掃員

商業施設や公園などを掃除する清掃員の仕事も社会不適合者でもできる仕事だと考えられます。あらかじめ決められたエリアを黙々と掃除するのが仕事であるため、人とコミュニケーションをとる場面も少ないからです。現場によっては直行直帰で、一人で作業をして報告書を提出するだけといったケースもあります。仕事内容も単純作業であるためストレスを感じにくいでしょう。

芸術家

芸術家は画家、書道家、陶芸家ほか芸術作品を制作する人々のことです。芸術家は個展やグループ展などで作品や関連グッズを販売したり、あるいはカルチャーセンターなどで生徒を教えたりしながら生計を立てます。

芸術作品と向き合う時間が多く人とコミュニケーションをはかる場面も少ないです。才能と根気さえあれば社会不適合者に向いている仕事だといえそうです。

YouTuber(ユーチューバー)

ユーチューバーは近年ブームになっていますが、動画を配信して広告収入を得ることで収益を得ています。一人で撮影から編集まで行えますし、誰かと対面でコミュニケーションをはかる機会もないので、社会不適合者向きの仕事だといえるでしょう。趣味が多く何か主張をしたいことがある人が成功しやすい仕事です。

ブロガー

ブロガーはワードプレスや無料ブログなどでブログを書き、広告収益を得る仕事です。インターネットの繋がるパソコン一台あれば自宅でも旅先でも作業をできるので、社会不適合者向きの仕事だといえるでしょう。ただ成果が出るまでには根気が必要です。

通信講座の添削

問題を解いた解答用紙に赤ペンでコメントを書き込み、採点を行う仕事です。そのようにアナログに添削を行う場合もありますが、近年はパソコンの専用ソフトに入力するタイプの仕事もあります。納期さえ守れば自宅で好きなときに作業できる点も社会不適合者向きだといえるでしょう。

警備員

警備員は工事現場や商業施設などで安全を見守る仕事です。拘束時間が長く、長時間立ちっぱなしの現場も少なくありませんが、他人とコミュニケーションをとる機会が少ないため、社会不適合者向けの仕事であるといえるでしょう。

プログラマー

パソコンを使ってプログラミングをする仕事です。フリープログラマーなら自宅でも旅先でも自由に作業をできるため、社会に適合できない人でもできる仕事であるといえるでしょう。ただ、最低限のプログラミングスキルをあらかじめ身につけておく必要があります。

デイトレーダー

デイトレーダーは 株やFXなどで、短期売買を繰り返し、運用益を上げる仕事です。ある程度の資金とパソコンまたはスマホさえあれば自宅でできるので社会不適合者にも向いている仕事だといえるでしょう。中には数分のトレードで数万円もの運用益を得る人もいますが、資金を溶かして借金を負う人もいるのでその点は自己責任で。

長距離トラックのドライバー

長距離トラックのドライバーは決められた場所に荷物を運ぶ仕事です。勤務時間の多くはトラックを運転すること。人と接する場面は荷物の受け渡しを行う場面くらいなので、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人向きの仕事だといえるでしょう。

ネットカフェの店員

ネットカフェの店員は店内で清掃や受付、漫画の陳列などを行います。ネットカフェ自体が非日常的な空間ですし、もちろん店舗にもよりますが、のんびりできる時間が長いです。特に夜勤の場合、人の出入りが少ないだけに仕事は楽です。

在宅ライター

自宅で文章を書く仕事です。インターネットにつながるパソコン一台さえあればどこにいても仕事できますし、発注者とのやりとりもメールだけで完結するため、文章を書くのが得意なら社会不適合者でもできる仕事でしょう。

セルフガソリンスタンド のスタッフ

セルフガソリンスタンドスタッフはモニターで車を監視して給油許可のボタンを押す仕事です。基本的には監視ルームで過ごせるため他人と会話をする機会もほとんどありません。勤務するためには危険物取扱者乙種第4類が必要です。

新聞配達員

新聞配達員は毎朝決まった時間に新聞を取りに行き配達をする仕事です。新聞にチラシを挟み込む作業の時は少しコミュニケーションをとる場面はありますが、新聞の配達自体は黙々と一人でできます。

ポスティング

ポスティングはチラシを住宅に入れていく仕事です。ひとりで黙々と投函していけばよいため、人と接する機会もほぼありません。期限内に決められた部数を投函すればよいため、朝起きが苦手な人にも適している仕事です

ネットショップの運営

ネットショップで物販を行う仕事です。ものを仕入れて出品し、購入されたら発送を行うというのが基本的な仕事の流れです。基本的には対人でコミュニケーションをとる場面はないので社会不適合者向きの仕事といえるでしょう。

データ入力

数字や簡単な文章を専用フォームに入力していく仕事です。キーボードを正確かつスピーディーに打つことができれば、単純作業をつづけるだけのストレスの少ない仕事です。勤務中のほとんどはパソコンに向かっているためコミュニケーションが苦手な人でも安心です。

カウンセラー

カウンセラーは顧客の相談に乗る仕事です。接客業の一面はありますが意外と社会不適合者向きです。というのは、顧客のなかには、対人関係で悩みを抱えている人もいるからです。同じような悩みを抱えてきた社会不適合者は的確な回答をして人気が出る場合もあります。

電気検針員

電気検針員は小型の専用端末を手に、担当エリアを廻って電気メーターをチェックして、電気料金のレシートを投函する仕事です。人とほとんどかかわりを持たずに自分のペースで仕事をすることができます。

農業

野菜や果物を育てる仕事です。出荷時に他の農家の人々とコミュニケーションをはかる機会は少しあれども、日常的に向き合うのは土と植物。煩わしい人とのコミュニケーションをとる機会はほぼありません。

まとめ

社会不適合者は概して対人コミュニケーションを苦手としています。ですから接客の場面が多い仕事はあまり向いていないといえるでしょう。ただ、社会には他者とコミュニケーションをあまりとらなくてよい仕事もたくさん存在しています。その点をふまえ、自身の長所を生かせる仕事を探すことで社会不適合者にとって活躍のフィールドが広がることでしょう。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-社会不適合者の仕事

執筆者:

関連記事

集団行動は苦手!そんな社会不適合者の仕事・適職3つ

集団行動が苦手な社会不適合者にとって、仕事選びは非常に難しい問題です。 多くの仕事では対人関係が関わるので、できる仕事が限られてしまうのです。 とはいえ仕事をしていかなければ食べていけません。 職歴な …

社会不適合者の特徴や生き方。自分に合った仕事を探す方法

集団行動やコミュニケーションが苦手、それを理由にニートになってしまうと、自分は社会不適合者なのでは?と不安に思う方もいるでしょう。 そもそも社会不適合者とはどういう人なのでしょうか。 社会不適合者の仕 …

焦らないことが大事!ひきこもりニートから脱出するための3つの準備

ニートでひきこもり状態になっている方の多くは、不安の中で暮らしています。 将来、両親が亡くなったら収入が無くなってしまう。 だから、働かなくてはいけない。 職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方は …