ニートの就活のやり方

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

投稿日:2017年5月12日 更新日:

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。

しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就職から遠ざかってしまいます。

ニートが長期化してしまえば、希望する業界や会社に入ることは難しくなることでしょう。

そこで本記事では、就職活動に失敗してニートになってしまった人がするべきことをご紹介していきます。

すぐに就職活動を再開する

就職活動に失敗してニートになった場合、既卒扱いとなります。

既卒とは、大学や専門学校を卒業した後に、正社員として働くことが無かった人のことを言います。

新卒に比べれば恵まれた状況ではありませんが、既卒向けの求人は数多くありますし、ハローワークなどの就労支援のサービスを受ける事もできます。

しかし、既卒の恩恵を受けられるのは3年よりも短いでしょう。

わずかでも正社員経験がある第二新卒が、入社して3年未満と言われますので、正社員経験のない既卒はもっと短いと考えられます。

それ以後は既卒ではなく、ただのニートとして扱われてしまい、就職活動は難航することでしょう。

就職活動を行う際は、安易にハローワークを使うのは避けましょう

求人数は非常に多いのですが、そこから既卒向けの求人を探すのは大変です。

カラ求人であることも多いですし、掲載されている情報量が少ないためにわかりにくい求人ばかりになっています。

既卒でも、新卒の就職サイト、社会人向けの転職サイトに登録することができますし、既卒専門の転職エージェントを利用することもできます。

どのサイト、エージェントにしても、ハローワークよりも既卒向けの求人、求人の情報量が多いので、就職活動を進めやすくなります。

できる限り空白期間が短くなるように、迅速な行動を取ることがポイントになります。

ニート歓迎!職歴なしでも登録できる求人サイト5選とメリット・デメリット

公務員を目指す

民間企業での就職を諦めて、公務員を目指すという方法もあります。

この場合、できる限り早く勉強を開始する必要があります。

公務員試験は非常に範囲が広く、勉強時間が多く必要です。

特に大卒程度試験では、勉強時間が1,0001,500時間かかると言われており、期間にすれば半年から1年もかかります。

また、公務員試験には年齢制限があります。

自治体によって上限年齢は違いますが、おおよそ30歳が上限になっています。

勉強期間が半年から1年かかることを踏まえれば、上限ぎりぎりになっているニートもいることでしょう。

早くニートから抜け出すためには、すぐに勉強を開始しなければなりません。

ただ近年、公務員試験はペーパーテストよりも、面接が重視される傾向にあります。

試験勉強をしっかりやったからといって、面接対策をしていなければ面接で落とされてしまうことも珍しくありません。

試験勉強の対策だけではなく、なぜ公務員を目指したのか、どうしてニートになったのか、なぜその自治体を選んだのか、といった質問にしっかり答えられるように面接対策はしておきましょう。

ニートが公務員試験を受ける方法!合格確率、面接の内容は?

学校に通いなおす

より就職に強い学校に通いなおして、手に職を付けるという方法もあります。

多くは専門学校ですが、看護師や柔道整復師、保育士、理学療法士といった資格を取得することができます。

そうした資格の多くが就職に直結していますので、容易にニートを抜け出すことができるでしょう。

しかしながら、長い期間がかかります。

少なくとも2年以上かかりますし、その上で試験が必要になることが多いです。

一発で合格すればよいですが、不合格ならまた一年延長ということがほとんどです。

ですので、しっかりと勉強する必要があり、楽な道ではありません。

また、少なくないお金がかかります。

授業料は年間100万円を超えることが普通ですので、親や自分の懐具合と相談しましょう。

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

まとめ

以上、就職活動に失敗したニートがすべきことをご紹介しました。

どれを選ぶにしろ、すぐに行動を起こすことが大切になります。

出来る限りニート期間を短くするよう頑張りましょう。

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …

【成功事例あり】ハローワークで転職はできる?転職サイト・エージェントと比較!

ハローワークとは正式名称で公共職業安定所になります。 ハローワークを利用した事がない人も多くいると思います。 しかし、ハローワーク経由で転職をする場合にもたくさんのメリットはあります。 ただデメリット …

女性ニートは脱出できる!結婚、家事手伝い、仕事におすすめの資格3つ

ニートというと男性を思い浮かべがちですが、実際には女性のニートも数多くいます。 ニート=男性という世間のイメージから、女性ニートに向けた対策などはあまり取られておらず、なかなかニートから抜け出しにくい …

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか? ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑 …

焦りは禁物!ニートがなかなか採用されない理由と対処法

ニートの就職活動の多くは長期化します。 なかなか書類選考が通らず面接まで進めず、書類選考に通っても面接で落とされてしまうことがほとんどです。 あまりに落とされてしまうので、精神的に参ってしまい、就職活 …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

新卒カードは既卒と比べてどれくらい就活で有利?新卒だからこそ入りやすい職種5選

新卒カードということばがありますが、就職活動において新卒は圧倒的に有利だと言われています。 当記事ではその理由を中心に、既卒と比較しながら説明しています。 目次新卒カードとは?新卒は有名な大企業への就 …

ニートを脱出して正社員として採用されるために大切な3つの心得

多くのニートは、一刻も早くニートから脱出しなくては、と焦りを覚えているのではないでしょうか。 そういう気持ちはあるものの、何から始めればよいのかわからず、戸惑ってしまい、結局、何もできないままのニート …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

必ず知っておきたいニート向けの仕事の探し方2つ

しばらくニート生活をしてきたけれど、最近働く意欲が出てきたという人もいると思います。 しかし、「仕事ってどうやって探していたっけ」もしくは「以前よりもっと良い探し方があるなら知りたい」という人も多いで …