ニートの就活のやり方

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

投稿日:2017年5月12日 更新日:

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。

しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就職から遠ざかってしまいます。

ニートが長期化してしまえば、希望する業界や会社に入ることは難しくなることでしょう。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

そこで本記事では、就職活動に失敗してニートになってしまった人がするべきことをご紹介していきます。

すぐに就職活動を再開する

就職活動に失敗してニートになった場合、既卒扱いとなります。

既卒とは、大学や専門学校を卒業した後に、正社員として働くことが無かった人のことを言います。

新卒に比べれば恵まれた状況ではありませんが、既卒向けの求人は数多くありますし、ハローワークなどの就労支援のサービスを受ける事もできます。

しかし、既卒の恩恵を受けられるのは3年よりも短いでしょう。

わずかでも正社員経験がある第二新卒が、入社して3年未満と言われますので、正社員経験のない既卒はもっと短いと考えられます。

それ以後は既卒ではなく、ただのニートとして扱われてしまい、就職活動は難航することでしょう。

就職活動を行う際は、安易にハローワークを使うのは避けましょう

求人数は非常に多いのですが、そこから既卒向けの求人を探すのは大変です。

カラ求人であることも多いですし、掲載されている情報量が少ないためにわかりにくい求人ばかりになっています。

既卒でも、新卒の就職サイト、社会人向けの転職サイトに登録することができますし、既卒専門の転職エージェントを利用することもできます。

どのサイト、エージェントにしても、ハローワークよりも既卒向けの求人、求人の情報量が多いので、就職活動を進めやすくなります。

できる限り空白期間が短くなるように、迅速な行動を取ることがポイントになります。

ニート歓迎!職歴なしでも登録できる求人サイト5選とメリット・デメリット

公務員を目指す

民間企業での就職を諦めて、公務員を目指すという方法もあります。

この場合、できる限り早く勉強を開始する必要があります。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

公務員試験は非常に範囲が広く、勉強時間が多く必要です。

特に大卒程度試験では、勉強時間が1,0001,500時間かかると言われており、期間にすれば半年から1年もかかります。

また、公務員試験には年齢制限があります。

自治体によって上限年齢は違いますが、おおよそ30歳が上限になっています。

勉強期間が半年から1年かかることを踏まえれば、上限ぎりぎりになっているニートもいることでしょう。

早くニートから抜け出すためには、すぐに勉強を開始しなければなりません。

ただ近年、公務員試験はペーパーテストよりも、面接が重視される傾向にあります。

試験勉強をしっかりやったからといって、面接対策をしていなければ面接で落とされてしまうことも珍しくありません。

試験勉強の対策だけではなく、なぜ公務員を目指したのか、どうしてニートになったのか、なぜその自治体を選んだのか、といった質問にしっかり答えられるように面接対策はしておきましょう。

ニートが公務員試験を受ける方法!合格確率、面接の内容は?

学校に通いなおす

より就職に強い学校に通いなおして、手に職を付けるという方法もあります。

多くは専門学校ですが、看護師や柔道整復師、保育士、理学療法士といった資格を取得することができます。

そうした資格の多くが就職に直結していますので、容易にニートを抜け出すことができるでしょう。

しかしながら、長い期間がかかります。

少なくとも2年以上かかりますし、その上で試験が必要になることが多いです。

一発で合格すればよいですが、不合格ならまた一年延長ということがほとんどです。

ですので、しっかりと勉強する必要があり、楽な道ではありません。

また、少なくないお金がかかります。

授業料は年間100万円を超えることが普通ですので、親や自分の懐具合と相談しましょう。

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

まとめ

以上、就職活動に失敗したニートがすべきことをご紹介しました。

どれを選ぶにしろ、すぐに行動を起こすことが大切になります。

出来る限りニート期間を短くするよう頑張りましょう。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性ニートは脱出できる!結婚、家事手伝い、仕事におすすめの資格3つ

ニートというと男性を思い浮かべがちですが、実際には女性のニートも数多くいます。 ニート=男性という世間のイメージから、女性ニートに向けた対策などはあまり取られておらず、なかなかニートから抜け出しにくい …

既卒1年目での失敗しない就職活動の始め方、受け入れやすい業界、求人サイトの紹介

近年の労働環境は少子高齢化が原因で若い働き手が足りず、転職市場は売り手市場などと言われています。 ですが実際のところ内定を貰えずに卒業を迎えてしまう学生さんや、内定を頂き働き始めたは良いものの、さまざ …

大学中退ニートは仕事がない?就職やアルバイトの探し方、女性は専業主婦もあり

大学を中退してニートとして過ごされている方にぜひ読んでいただきたい記事です。 おそらく多くの方々は就職して働きたいと考えていると思います。 しかし、世間はそんな甘いものではないというような風潮があるた …

【成功事例あり】ハローワークで転職はできる?転職サイト・エージェントと比較!

ハローワークとは正式名称で公共職業安定所になります。 ハローワークを利用した事がない人も多くいると思います。 しかし、ハローワーク経由で転職をする場合にもたくさんのメリットはあります。 20代職歴なし …

大卒ニートからの就職活動、社会復帰の方法!公務員は目指せる?

大学を卒業しても、就職が決まらなかった、もしくは就職活動をせずに卒業してしまった人がいます。 そんな大卒ニートでも、周囲のことや世間体を気にして、就職活動を始めることが多いです。 しかしどのように就職 …

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。 しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわから …

会社を退職してニート生活へ…転職はいつ始めればいい?求人サイトを使った転職活動

体調不良や人間関係で会社を退職して、しばらくゆっくりしようとニートになった人は数多くいるでしょう。 最初こそ開放感に浸って精神的に安定するのですが、だんだんとニートであることに不安を感じてきて、再就職 …

中小、大手企業への転職それぞれのメリット・デメリットを紹介

転職を考える理由も様々ですが、中小企業から大手企業へ転職をしたいと考える人もいれば、大手企業から中小企業への転職をしたいと考える人もいると思います。転職理由の動機はそれぞれですが、大手企業と中小企業の …

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 20代職歴な …

20代ニートの主な退職理由と具体的な3つの背景

人によって好みや価値観も千差万別ですよね。 それと同様、ニートの人が、何故ニート生活を送っているのかという理由は千差万別なわけです。 なので多少人により異なってくる箇所はあるとは思いますが、ここでは2 …