ニートの就活のやり方

会社を退職してニート生活へ…転職はいつ始めればいい?求人サイトを使った転職活動

投稿日:2017年5月30日 更新日:

体調不良や人間関係で会社を退職して、しばらくゆっくりしようとニートになった人は数多くいるでしょう。

最初こそ開放感に浸って精神的に安定するのですが、だんだんとニートであることに不安を感じてきて、再就職しなければと焦ってくるものです。

いつから転職活動を始めればよいのか、そもそも転職活動はどのように始めればよいのか、と不安に思っているのではないでしょうか。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

本記事では、会社を退職してニート生活に入った人に向けて、転職活動について解説いたします。

退職してニートになったら、いつから転職活動を始めるべきか?

会社を退職してニート生活をしている人は、いつから転職活動を始めるべきなのでしょうか?

答えとしては、「早いに越したことはない」となります。

転職活動においては、空白期間がネックになります。

空白期間が長ければ長いほど、書類選考が通りにくくなります。

たとえ空白期間に理由があっても、書類選考の段階ではその理由を詳しく説明することはできませんので、面接官からは避けられてしまいます。

とはいえ、短い空白期間であれば、問題視されることはありません。

具体的に言えば、一年以内の空白期間です。

なぜ問題視されないかというと、ニート期間がなくても、転職に一年かかることは珍しくないからです。

多くの人は失業保険の受給期間に転職先を決めてしまいますが、前職で苦労した人は慎重に転職先を見極めようとします。

そのため、普通に転職活動をしている人でも時間がかかる人がおり、企業側も一年程度なら気にしません。

一年以内であれば、いくらでも誤魔化しが効きますので、できるならば一年以内に就職活動を始めることをおすすめします。

そうすれば、特にニートであることを問われることはなく、普通の転職活動を行うことができます。

もし一年以上のニート期間があれば、それ相応の理由が必要になります。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

家族の介護のため、自身の病気療養のため、資格試験や公務員試験の勉強をしていたため、といった理由がないとただの怠け者と見なされてしまいます。

前述したように、こうした理由も履歴書上は詳しく書きにくいので、書類選考が通りにくくなることは覚悟しておきましょう。

いずれにせよ、思い立ったが吉日で、ニート生活に危機感を持ったならすぐにでも就職活動を始めましょう。

転職活動を始めるにあたって、まず登録しておくべき転職サイトはリクナビNEXTです。

退職後ニート生活からどのように転職活動を始めるのか?

会社を辞めてニートになった人の多くが、ハローワークで失業保険の手続きをしたかと思います。

その流れで、転職活動にはハローワークを利用するものだと思い込んでいる人がいます。

しかし、ハローワークの求人は玉石混交であり、カラ求人が多数紛れ込んでいます。

そこで、求人サイトを使うことをおすすめします。

求人サイトでは、ハローワークにはないような非公開の求人が多数あります。

企業側はお金を払って求人を掲載していますので、カラ求人であることはほとんどありません。

世の中には多数の求人サイトがありますが、リクナビNEXTに登録するのが一番良いでしょう。

リクナビNEXT業界最大級の求人サイトですので、ニート経験者向けの求人も多数取り扱っていますし、以前とは違った業界、業種に転職したいと考えているのであれば、求人数の多さは非常に役に立つでしょう。

加えて、リクナビNEXTでスカウト機能が充実しています。

経歴を登録しておけば、企業側からスカウトのメールが届きますので、求人を探す手間が省けます。

スカウトしてきた時点で、空白期間をそれほど気にしていないということなので、安心して面接に臨むことができます。

後は、リクナビNEXTを利用して、ひたすら応募したりスカウトを受けたりしていくだけです。

ニートの転職活動は長期化しやすい傾向にありますので、根気強く頑張りましょう。 

まとめ

以上、会社を退職してニート生活に入った人の転職活動についてご紹介しました。

とにかく早く転職活動を始めることが大切です。

みなさんの転職活動が実りあるものになることを祈っています。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

既卒1年目での失敗しない就職活動の始め方、受け入れやすい業界、求人サイトの紹介

近年の労働環境は少子高齢化が原因で若い働き手が足りず、転職市場は売り手市場などと言われています。 ですが実際のところ内定を貰えずに卒業を迎えてしまう学生さんや、内定を頂き働き始めたは良いものの、さまざ …

「ニートは就職できない」と言われる理由と対処法4つ

「ニートが就職できる訳がない」「ニートは就職しづらい」なんて、周りに言われた経験はないでしょうか。 もしくはそう言っている人を見た、そんな情報をどこかで見たという人もいると思います。 しかし、それは言 …

30代ニート職歴なしが就職をするために必要な3つのこと

30代職歴なしのニートが就職するのは非常に大変です。 履歴書を送っても門前払いとなることも多いですし、公務員などではそもそも年齢制限で引っかかって応募すらできないこともあります。 しかし、決して就職が …

公務員試験に落ちたらどうする?就活の進め方

公務員試験に落ちたら、早めに次の行動を起こしましょう。行動を起こすのが遅くなると、チャンスを見逃しやすいので注意が必要です。5年後、10年後に後悔することがないように、早めに気持ちを切り替えましょう。 …

ニートが就活で不採用になりやすい4つのケースと対処方法

 ニートから脱出しようと就職活動を行っても、不採用となるケースが多いですよね。 学生時代は就職をサポートしてくれる先生や相談できる友人がいますが、ニートになると交流も少なくなるので、相談できる人もいな …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

ニートから契約社員になる待遇上のメリット、デメリット

ニートの中には、正社員で働く自信はないけど、アルバイトよりは安定性が欲しいということで契約社員での社会復帰を目指している方もいるでしょう。 そもそも契約社員とはどういう待遇なのでしょうか? 本記事では …

ニートが話しやすい職場の3つの特徴と探し方

どんな仕事でも少なからずコミュニケーションを取らなくてはいけません。 しかし、多くのニートはコミュニケーションを取るのが苦手であり、コミュニケーションが就職によるニート脱出の障壁になっています。 です …

働き方は人それぞれ!ニートを脱出する方法5つ

多くのニートはどうにか社会に復帰しようと考えていると思います。 しかし、長らくニートをやっていると、どうやって社会復帰すればよいかわからなくなっている人も少なくありません。 本記事では、ニートが脱出す …

アルバイト経験なしからの就活で注意する3つのこと

正社員での経験どころか、アルバイトの経験もないニートの方は数多くいます。 ずっと引きこもっていたニートはもちろんのこと、資格試験や公務員試験の勉強をしていたが結果合格する事ができずに諦めたニートもいる …