未分類

アルバイトと派遣の違いってなに?それぞれのメリット、デメリット

投稿日:

 長期間無職だった人が仕事を探すときに、いきなり正社員になるのは難しいですよね。

なので、まずはアルバイトや派遣で働こうと考えている人もいます。

しかし、どっちがいいのかなぁと迷う方も多いですよね。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

 そこで、アルバイトと派遣の違いやそれぞれのメリット、デメリットをお伝えしていきます。

アルバイトと派遣の違い

 アルバイトは、働く会社に直接雇用されることを言います。

アルバイトはフルタイムで働く場合や、短時間勤務の場合があります。

それに対して派遣とは、派遣会社に雇用され、働く会社に一定期間派遣されて仕事をすることを言います。

 派遣には他にも、派遣会社に正社員として雇用され、様々な会社に派遣されて仕事を行う常用型派遣や、一定期間を過ぎると働いている会社に直接雇用される紹介型派遣というのもあります。

アルバイトのメリット

 アルバイトのメリットとして、自分で働く時間や曜日を選べるということです。

事前に希望休の有無について確認するので、自分の用事に合わせて休みを取ることができます。

また、頑張り次第で正社員になることも可能です。

派遣のメリット

 派遣のメリットとして、自分で働ける場所を選べるということです。

例えば「家から近いところで働きたい」「土日休みのところで働きたい」などの要望に沿った仕事を紹介してくれます。

 加えて、定時で帰れる職場が多いというのも特徴です。

正社員やアルバイトの場合だと、仕事が終わらないと残業になってしまう場合もあります。

しかし派遣の場合は定時きっかりに上がれるので、仕事とプライベートを両立しやすいです。

アルバイトのデメリット

 アルバイトのデメリットとして、責任のある仕事を任せてもらえない場合があるということです。

アルバイトはあくまで補助的な役割なので、同じ仕事をしていても正社員の方が優位になってしまいます。

また、給料面でも正社員に比べて低いので、モチベーションの維持が難しいです。

派遣のデメリット

 派遣のデメリットとして、雇用期間が満了になると、契約を打ち切られるということが挙げられます。

また派遣は基本的に時給なので、長期間の休みに入ってしまうと、収入が少なくなってしまいます。

 加えて、派遣はボーナスがないです。

なので、突然の出費に対応できない場合があります。

アルバイトと派遣、どちらで働くのがよいか

 これまでアルバイトと派遣の特徴をお伝えしました。

その上で、どちらで働くのがを考える基準の1つとして、「今後自分はどんな生活を送りたいのか」を考えながら決めることがオススメです。

 例えば、「今後自立した生活を送りたい、でもすぐに働くのは不安」という人は、まずはアルバイトから始めてみましょう。

働きながら自分のやりたい仕事を見つけていくという方法もありますし、その会社で正社員として働いていくという方法もあります。

 また、「資格を取る為に学校に行きたい」と考えている人は、お金が貯まるまで派遣として働くという方法があります。

現在は定時制や通信制の学校が多くなっています。

なので、働きながら勉強するというやり方も可能です。

そんな人には、時間に融通がきく派遣という働き方がオススメです。

まとめ

 いかがでしょうか。

アルバイトや派遣にはそれぞれ特徴は異なれど、「仕事をしてお金をもらう」ということに変わりはありません。

なので、真面目に取り組む姿勢を心がけることが大切です。

 ニートの中には、「正社員として働いていなければ、仕事をしているとは言えないのではないか」と考えている人もいます。

しかし、自分の生活の為に仕方なく正社員をやっている人、他にやりたいことがあるから望んで非正規雇用を選んだ人と、世の中には様々な人がいます。

 重要なのは、「自分がやりたいことをやる」ということです。

仕事を探すときは、是非そのことを思い出してください。

 

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはジョブセンス


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コミュ力を高めたい!人見知りを克服できるアルバイト5選

内気な日本人は人見知りのイメージが強く思われますが、人見知りは万国共通です。 フレンドリーに思われる外国人にも人見知りの人はいます。 しかし、日本は他の国に比べ不安が強い人が多く、人見知りをしてしまう …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

元専業主婦・職歴なし女性が就職するために有効な3つの選択肢、おすすめの仕事

働いた経験がないまま結婚して専業主婦をしていた女性も多いことでしょう。 そうした女性が離婚などで働く必要が出てくると、どうやって就職すればよいものかと途方に暮れてしまう人もいます。 そういった女性は職 …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

社内ニートから転職する方法、転職先を選ぶ時の注意点

就職はしているものの、十分な仕事を与えられずに社内ニートとして過ごしている人は数多くいます。 かつては窓際族と呼ばれており、定年間近の人が多いイメージでしたが、実際は若者でも社内ニートは数多くいます。 …

20代後半のニートは多い?就職するために残された3つの道

20代後半のニートともなると、ただでさえ厳しい世間の目がより厳しくなってきて肩身の狭い思いをしていることと思います。 また、引きこもっているニートも多く、社会とのつながりも乏しいので、強い孤独感を覚え …

大卒ニートが就職するには何を始めるべきか

大学進学率が50%を超える現在、大卒のニートも珍しい事ではありません。 理由は人それぞれですが、大学在学中から引きこもりがちであった方や、就職活動に失敗してずるずるとニートになってしまった方が多いよう …

ニートにおすすめの短期バイト3つと誰でも使える志望動機例文

本格的に就職する前に、まずは短期バイトから始めて慣れていきたいと考えているニートは多いと思います。 でも、どんなバイトをしたらよいかわからないと悩んでしまったり、バイト先を決めても志望動機が書けなかっ …

ニートで仕事がないという人が取れる具体的な選択肢3つ

ニートということは、もちろん働いていない状態なわけですから、仕事がない状態でもあります。 ニート生活を終わらせようと思ったけれど、思うように仕事が見付からないという人もいるのではないでしょうか。 そん …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …