未分類

職歴無しから正社員として就職するコツとは?おすすめの業種2つ

投稿日:2017年5月10日 更新日:

職歴がない状態からの就職活動はなかなか大変です。

社会人になってからは学歴よりも職歴が問われますし、職歴がないと基本的なビジネスマナーも知らないと判断されて敬遠されがちです。

また、年齢が高くなればなるほど、状況は厳しくなっていきます。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

しかし、職歴なしから正社員になることが不可能なわけではありません。

本記事では、職歴なしから正社員になるためのコツとおすすめの業種2つをご紹介します。

転職エージェントを利用する

まずは、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントって転職する人向けで、ニートやフリーターは関係ないのでは?とお思いの方も多いでしょう。

しかし、実際には、ニートやフリーター、既卒も利用できますし、そうした人向けの転職エージェントも数多くあります。

転職エージェントは、幅広い求人情報を持っており、その中には経験不問の求人も多数ありますので、職歴なしでも正社員になれる可能性も高いです。

また、多くの転職エージェントが、履歴書や職務経歴書の書き方や、面接の受け方といった対策を教えてくれます。

職歴なしだと書類も面接も不安を感じるところだと思いますので、ぜひ対策について指導を受けましょう。

ほとんどんの転職エージェントは登録も利用も無料です。

ハローワークも同じく無料ではあるのですが、カラ求人の問題がありますし、職歴なしの人向けの求人を探すのも一苦労です。

転職エージェントを利用しない手はないのですが、職歴なしの方向けの転職エージェントは20代を対象にしていることが多いので、年齢には注意しましょう。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

未経験でも入りやすい業界を目指す!おすすめ業種2つ

転職エージェントを使える人はそちらを使う方が良いですが、30代以降の人や、転職エージェントが肌に合わなかった人は、ハローワークにて自分で求人を見つけ出すしかありません。

しかし、たくさんの求人の中から職歴なしでも受け入れてくれる企業を闇雲に探しても、時間がかかるだけです。

ですので、あらかじめ、未経験でも入りやすい業界を知っておきましょう。

その上で、求人を探せば効率的に見つけ出すことが可能となります。

未経験でも入りやすい業界、業種の例をご紹介します。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

1. 飲食業界

まずは飲食業界です。

飲食業界はいつも人手不足に悩んでいますし、特別な技能を必要とされるわけではないので、職歴なしでも採用されます。

ブラック企業の代表格とされる業界ではありますが、近年は24時間営業やワンオペの廃止といった待遇改善の動きが見られます。

2. 営業職

次に、営業職です。

特に個人向けの営業は人手不足です。

扱うものは家や車といった高価なものから、ウォーターサーバーから布団といった日用品まで様々ですが、どの営業も人の出入りが激しく、慢性的な人手不足に陥っています。

飲食業界も、営業職もやりたくないという人が多いかと思いますが、職歴なしでは自由に業界や業種を選べないのが現実です。

ただ、職歴さえあれば、他の業界、業種での正社員採用の可能性は広がります。

職歴をつけるために、飲食業界や営業職で一度正社員になり、後々、別業界に転職するのもよいでしょう。

営業の求人ならリクナビNEXT

資格を取得して就職につなげる

上述の方法でも正社員での就職が難しかったと言うこともあるでしょう。

そういった場合は、資格を取得して、就職活動を有利に進めましょう。

とはいえ、資格を取得するには勉強が必要です。

難関資格であれば年単位の勉強期間が必要となります。

そこでおすすめなのが、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)です。

まず、受講資格が必要ありませんので、中卒でも受講することができます。

資格取得方法は、スクールで講座を受講した後、筆記試験に合格すれば取得できます。

この筆記試験は非常に簡単なものですので、スクールでの講座をしっかりと受けていれば、まず合格できるものです。

講座の受講期間は、通学のみであれば1ヵ月程度、通信と通学の併用であれば3か月と短期間で取得することができます。

介護職員初任者研修の資格を持っていれば、介護業界への就職はかなり有利となりますので、ぜひ検討してみてください。

ニートには介護職しかないは本当?必要な資格、勤務時間や適性

まとめ

以上、職歴なしから正社員になるコツとおすすめ業種2つをご紹介しました。

職歴なしからでも正社員になることは不可能ではありませんので、ぜひ上記の方法を参考にしてチャレンジしてみてください。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルバイトと派遣の違いってなに?それぞれのメリット、デメリット

 長期間無職だった人が仕事を探すときに、いきなり正社員になるのは難しいですよね。 なので、まずはアルバイトや派遣で働こうと考えている人もいます。 しかし、どっちがいいのかなぁと迷う方も多いですよね。 …

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。 特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職 …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

働きたいニート女子への4つのアドバイス

「訳があってニート生活を送っていたけれど、ここ最近働く意欲が湧いてきた」という女性も多いのではないでしょうか。 働きたいと思ったのには、自分の中に何かの目的意識が生まれたからだと思います。 働きたくな …

ニート女子におすすめのバイト、仕事は?結婚は間に合う?

ニートを脱出したい女性も多いはずです。 女性は「家事手伝い」や「花嫁修業中」と名乗れるという意見もありますが、女性も働いていないことで男性と同じように精神的に追い込まれるものです。 ニート経験があり女 …

ニートにおすすめの短期バイト3つと誰でも使える志望動機例文

本格的に就職する前に、まずは短期バイトから始めて慣れていきたいと考えているニートは多いと思います。 でも、どんなバイトをしたらよいかわからないと悩んでしまったり、バイト先を決めても志望動機が書けなかっ …

10年間ニートだった人が就職を成功させるための戦略3つ

ニート歴がずるずると延びて、いつの間にか10年経っていたというニートも数多くいることでしょう。 ニートを脱出するため、いよいよ就職活動を始めようと思った経緯は、親が退職したり、家から追い出されたり、ニ …

高学歴ニート女性の特徴2つとおすすめの仕事3選

ニートには男性が多いイメージがありますが、実際には男女比は1対1で、女性のニートも数多くいます。 さらに、大学進学率が上昇していくにつれて、高学歴のニートもどんどんと増えています。 女性も高学歴も世間 …

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次 …

使わないと損!ニートが利用できる就職支援金の種類や制度

意外と知られていませんが、定職についていない埋もれた人財を発掘するために、ハローワークや厚労省などが主体となり就職支援目的で作成した助成金制度がいくつか存在します。 この記事では、そんな就職支援金を受 …