未分類

職歴無しから正社員として就職するコツとは?おすすめの業種2つ

投稿日:2017年5月10日 更新日:

職歴がない状態からの就職活動はなかなか大変です。

社会人になってからは学歴よりも職歴が問われますし、職歴がないと基本的なビジネスマナーも知らないと判断されて敬遠されがちです。

また、年齢が高くなればなるほど、状況は厳しくなっていきます。

しかし、職歴なしから正社員になることが不可能なわけではありません。

本記事では、職歴なしから正社員になるためのコツとおすすめの業種2つをご紹介します。

転職エージェントを利用する

まずは、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントって転職する人向けで、ニートやフリーターは関係ないのでは?とお思いの方も多いでしょう。

しかし、実際には、ニートやフリーター、既卒も利用できますし、そうした人向けの転職エージェントも数多くあります。

転職エージェントは、幅広い求人情報を持っており、その中には経験不問の求人も多数ありますので、職歴なしでも正社員になれる可能性も高いです。

また、多くの転職エージェントが、履歴書や職務経歴書の書き方や、面接の受け方といった対策を教えてくれます。

職歴なしだと書類も面接も不安を感じるところだと思いますので、ぜひ対策について指導を受けましょう。

ほとんどんの転職エージェントは登録も利用も無料です。

ハローワークも同じく無料ではあるのですが、カラ求人の問題がありますし、職歴なしの人向けの求人を探すのも一苦労です。

転職エージェントを利用しない手はないのですが、職歴なしの方向けの転職エージェントは20代を対象にしていることが多いので、年齢には注意しましょう。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

未経験でも入りやすい業界を目指す!おすすめ業種2つ

転職エージェントを使える人はそちらを使う方が良いですが、30代以降の人や、転職エージェントが肌に合わなかった人は、ハローワークにて自分で求人を見つけ出すしかありません。

しかし、たくさんの求人の中から職歴なしでも受け入れてくれる企業を闇雲に探しても、時間がかかるだけです。

ですので、あらかじめ、未経験でも入りやすい業界を知っておきましょう。

その上で、求人を探せば効率的に見つけ出すことが可能となります。

未経験でも入りやすい業界、業種の例をご紹介します。

1. 飲食業界

まずは飲食業界です。

飲食業界はいつも人手不足に悩んでいますし、特別な技能を必要とされるわけではないので、職歴なしでも採用されます。

ブラック企業の代表格とされる業界ではありますが、近年は24時間営業やワンオペの廃止といった待遇改善の動きが見られます。

2. 営業職

次に、営業職です。

特に個人向けの営業は人手不足です。

扱うものは家や車といった高価なものから、ウォーターサーバーから布団といった日用品まで様々ですが、どの営業も人の出入りが激しく、慢性的な人手不足に陥っています。

飲食業界も、営業職もやりたくないという人が多いかと思いますが、職歴なしでは自由に業界や業種を選べないのが現実です。

ただ、職歴さえあれば、他の業界、業種での正社員採用の可能性は広がります。

職歴をつけるために、飲食業界や営業職で一度正社員になり、後々、別業界に転職するのもよいでしょう。

営業の求人ならリクナビNEXT

資格を取得して就職につなげる

上述の方法でも正社員での就職が難しかったと言うこともあるでしょう。

そういった場合は、資格を取得して、就職活動を有利に進めましょう。

とはいえ、資格を取得するには勉強が必要です。

難関資格であれば年単位の勉強期間が必要となります。

そこでおすすめなのが、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)です。

まず、受講資格が必要ありませんので、中卒でも受講することができます。

資格取得方法は、スクールで講座を受講した後、筆記試験に合格すれば取得できます。

この筆記試験は非常に簡単なものですので、スクールでの講座をしっかりと受けていれば、まず合格できるものです。

講座の受講期間は、通学のみであれば1ヵ月程度、通信と通学の併用であれば3か月と短期間で取得することができます。

介護職員初任者研修の資格を持っていれば、介護業界への就職はかなり有利となりますので、ぜひ検討してみてください。

ニートには介護職しかないは本当?必要な資格、勤務時間や適性

まとめ

以上、職歴なしから正社員になるコツとおすすめ業種2つをご紹介しました。

職歴なしからでも正社員になることは不可能ではありませんので、ぜひ上記の方法を参考にしてチャレンジしてみてください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

ニートはバイトから始めるべき?それとも正社員?

ニートが社会復帰するときにつきまとう悩みがあります。 それは 「自分は社会経験が皆無だからバイトから始めた方がいいのかな」 「バイトより正社員になりたいけど、自分を正社員で雇ってくれるところなんてまず …

使わないと損!ニートが利用できる就職支援金の種類や制度

意外と知られていませんが、定職についていない埋もれた人財を発掘するために、ハローワークや厚労省などが主体となり就職支援目的で作成した助成金制度がいくつか存在します。 この記事では、そんな就職支援金を受 …

コミュ力を高めたい!人見知りを克服できるアルバイト5選

内気な日本人は人見知りのイメージが強く思われますが、人見知りは万国共通です。 フレンドリーに思われる外国人にも人見知りの人はいます。 しかし、日本は他の国に比べ不安が強い人が多く、人見知りをしてしまう …

フリーターから正社員を目指す人におすすめの職種3つ

フリーターの多くは、いつか正社員で働かなくてはと思っていることでしょう。 現在のアルバイト先での正社員登用を狙っている人もいると思います。 しかし、いつの間にかその話が立ち消えになって、自分で就職活動 …

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。 特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職 …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

バイトが怖いニートは何から始めるべき?今日からできる3つのアドバイス

ニートから脱出するために、まずはバイトを始めようと考えているニートは多いと思います。 しかし、バイトは人と関わることも多いので、恐怖を感じているニートも少なくありません。 本記事では、バイトが恐いニー …

社内ニートから転職する方法、転職先を選ぶ時の注意点

就職はしているものの、十分な仕事を与えられずに社内ニートとして過ごしている人は数多くいます。 かつては窓際族と呼ばれており、定年間近の人が多いイメージでしたが、実際は若者でも社内ニートは数多くいます。 …